Ready to get started?

Learn more about the CData ADO.NET Provider for SQL Analysis Services or download a free trial:

Download Now

ADO.NET 経由でTIBCO Spotfire でSQL Analysis Services Data をビジュアライズ

TIBCO Spotfire のダッシュボードにSQL Analysis Services data を繋いでみた。



この記事では、CData ADO.NET Provider for SQL Analysis Services をTIBCO Spotfire で使う方法を説明します。接続を確立して、簡単なダッシュボードを作成していきます。

  1. [Add Data Tables]をクリックして、CData ADO.NET データソースを追加します。
  2. [Add]>[Database]をクリックします。
  3. プロバイダーを選択して[Configure]をクリックします。
  4. 接続設定を定義します。一般的な接続文字列は次のとおりです。

    User=myuseraccount;Password=mypassword;URL=http://localhost/OLAP/msmdpump.dll;

    To connect, provide authentication and set the Url property to a valid SQL Server Analysis Services endpoint. You can connect to SQL Server Analysis Services instances hosted over HTTP with XMLA access. See the Microsoft documentation to configure HTTP access to SQL Server Analysis Services.

    To secure connections and authenticate, set the corresponding connection properties, below. The data provider supports the major authentication schemes, including HTTP and Windows, as well as SSL/TLS.

    • HTTP Authentication

      Set AuthScheme to "Basic" or "Digest" and set User and Password. Specify other authentication values in CustomHeaders.

    • Windows (NTLM)

      Set the Windows User and Password and set AuthScheme to "NTLM".

    • Kerberos and Kerberos Delegation

      To authenticate with Kerberos, set AuthScheme to NEGOTIATE. To use Kerberos delegation, set AuthScheme to KERBEROSDELEGATION. If needed, provide the User, Password, and KerberosSPN. By default, the data provider attempts to communicate with the SPN at the specified Url.

    • SSL/TLS:

      By default, the data provider attempts to negotiate SSL/TLS by checking the server's certificate against the system's trusted certificate store. To specify another certificate, see the SSLServerCert property for the available formats.

    You can then access any cube as a relational table: When you connect the data provider retrieves SSAS metadata and dynamically updates the table schemas. Instead of retrieving metadata every connection, you can set the CacheLocation property to automatically cache to a simple file-based store.

    See the Getting Started section of the CData documentation, under Retrieving Analysis Services Data, to execute SQL-92 queries to the cubes.

  5. ダッシュボードに追加したいテーブルを選択します。この例ではAdventure_Works を使います。SQL クエリも指定できます。ドライバーは標準SQL シンタックスをサポートしています。
  6. ライブデータを使いたい場合は、[Keep Data Table External]オプションをクリックします。このオプションは、データの変更をリアルタイムでダッシュボードに反映します。

    データをメモリにロードしてローカルで処理したい場合は、[Import Data Table]オプションをクリックします。このオプションは、オフラインでの使用、またはスローなネットワーク接続によりダッシュボードがインタラクティブでない場合に使用します。

  7. テーブルを追加すると[Recommended Visualizations]ウィザードが表示されます。テーブルを選択すると、Spotfire はカラムのデータ型を使ってnumber、time、category カラムを検出します。この例ではNumbers セクションでSales_Amount を、Categories セクションでFiscal_Year を使用しています。

[Recommended Visualizations]ウィザードでいくつかビジュアライズしたら、ダッシュボードにその他の修正を加えられます。例えば、ページにフィルタを適用することで、高確率なopportunities にズームインできます。フィルタを追加するには、[Filter]ボタンをクリックします。各クエリで利用可能なフィルタは、[Filters]ペインに表示されます。

 
 
ダウンロード