今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for SQL Analysis Services を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

国産BI ツールのActionista! からSQL Analysis Services に直接連携してビジュアライズ

Actionista! からリアルタイムSQL Analysis Services データに直接連携して分析を実施。

CData Drivers for SQL Analysis Services を使って、国産BIツールのActionista!(https://www.justsystems.com/jp/products/actionista/) からSQL Analysis Services データをノーコードで連携して利用できます。この記事では、間にETL/EAI ツールをはさむ方法ではなく、CData JDBC Driver for SQL Analysis Services をActionista! 側に組み込むだけで連携を実現できます。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Actionista! からSQL Analysis Services データへの連携を設定

CData JDBC Driver for SQL Analysis Services をActionista! に配置

  • CData JDBC Driver for SQL Analysis Services をActionista! と同じマシンにインストールします。
  • 次にインストールした.jar ファイルを以下のパスに格納します:
    ドライバー.jar ファイルのディレクトリ C:\Program Files\CData\CData JDBC Driver for SQL Analysis Services 2019J\lib\cdata.jdbc.ssas.jar
    Actionista! 側のコピー先ディレクトリ C:\JUST\JustBI\jdbc
  • 次に、C:\JUST\JustBI\conf にあるdatamanager.properties プロパティファイルに今回使用するSQL Analysis Services のドライバークラスなどを以下のように指定します:
  •                 
                        # SSAS
                        loader.jdbc.displayName.SSAS = SSAS
                        loader.jdbc.initJdbcUrl.SSAS = jdbc:ssas:
                        loader.jdbc.url.SSAS = jdbc:ssas:
                        loader.jdbc.driver.SSAS = cdata.jdbc.ssas.SSASDriver
                        loader.jdbc.dbmsInfo.SSAS = cdata.jdbc.ssas.SSASDriver
                    
                
  • これでActionista! へのドライバーの配置が完了しました。

SQL Analysis Services データをActionista! のキューブに取り込み

Actionista! ではデータの保持をキューブという単位で保存します。また、クエリでデータソースからデータを取得するのではなく、キューブに対してクエリを行います。このステップでは、SQL Analysis Services データをキューブに取り込み、分析で使えるようにします。

  • Actionista! にログインします。
  • 「DataManager」-> 「+キューブの新規作成」をクリックします。
  • CData JDBC Driver はRDB データソースとしてActionista! から利用できるので、「RDB」を選択します。
  • 設定情報にSQL Analysis Services への接続に必要なプロパティを入れます:
    • RDB の種類:には、上のステップでdisplayName で指定した名前をドロップダウンで選びます。
    • 接続URL:SQL Analysis Services に接続するための認証情報をセミコロン区切りで入力します。

      接続するには、Url プロパティを有効なSQL Server Analysis Services エンドポイントに設定して認証を提供します。XMLA アクセスを使用して、HTTP 経由でホストされているSQL Server Analysis Services インスタンスに接続できます。 Microsoft ドキュメント configure HTTP access を参照してSQL Server Analysis Services に接続してください。

      SQL をSQL Server Analysis Services に実行するには、ヘルプドキュメントの「Analysis Services データの取得」を参照してください。接続ごとにメタデータを取得する代わりに、CacheLocation を設定できます。

      • HTTP 認証

        AuthScheme を"Basic" または"Digest" に設定してUser とPassword を設定します。CustomHeaders に他の認証値を指定します。

      • Windows (NTLM)

        Windows のUser とPassword を設定して、AuthScheme をNTLM に設定します。

      • Kerberos およびKerberos Delegation

        Kerberos を認証するには、AuthScheme をNEGOTIATE に設定します。Kerberos 委任を使うには、AuthScheme をKERBEROSDELEGATION に設定します。必要があれば、User、Password およびKerberosSPN を設定します。デフォルトでは、本製品は指定されたUrl でSPN と通信しようと試みます。

      • SSL/TLS:

        デフォルトでは、本製品はサーバーの証明書をシステムの信頼できる証明書ストアと照合してSSL/TLS のネゴシエーションを試みます。別の証明書を指定するには、利用可能なフォーマットについてヘルプドキュメントの「SSLServerCert」プロパティを参照してください。

      You can then access any cube as a relational table: When you connect the data provider retrieves SSAS metadata and dynamically updates the table schemas. Instead of retrieving metadata every connection, you can set the CacheLocation property to automatically cache to a simple file-based store.

      See the Getting Started section of the CData documentation, under Retrieving Analysis Services Data, to execute SQL-92 queries to the cubes.

      jdbc:ssas:User=myuseraccount;Password=mypassword;URL=http://localhost/OLAP/msmdpump.dll;
    • ユーザー名:接続するアカウントのユーザー名(URL に含めることも可)
    • パスワード:接続するアカウントのパスワード(URL に含めることも可)
  • 「接続」ボタンを押してSQL Analysis Services に接続します。
  • SQL Analysis Services への接続が完了すると、JDBC Driver がSQL Analysis Services のスキーマを取得して、テーブル・ビューをプルダウンメニューに表示します。分析キューブで使用するテーブル・ビューを選択して、OK ボタンを押します。
  • 選択したオブジェクトのカラムが表示されます。JDBC Driver は、SQL Analysis Services データのスキーマを検出してActionista! に渡すので、カラム名だけでなく、データ型の推定がすでになされています。ここで細かい型修正やデータの抽出条件を必要があれば設定して保存します。
  • データマネージャー画面でSQL Analysis Services データを選択して、「+取り込み」ボタンを押すとデータがキューブに保存されます。これでキューブへのデータ登録が完了です。

Actionista! 上にSQL Analysis Services データのダッシュボードを作成する

それでは簡単なダッシュボードを作成していきます。

  • 「Dashboard」-> 「ダッシュボードの新規作成」-> 「キューブから作成」をクリックします。
  • 先ほど作成したSQL Analysis Services データのキューブを選択して、ダッシュボード名を任意で入力して、OK を押します。
  • 左側にある明細パネルを右側のエリアにドラッグ&ドロップしますと、明細パネルの作成ウィンドウが表示されるので、SQL Analysis Services キューブから表示させる項目を選択します。
  • そのままキューブのデータが表示することができます。ドリルダウンなどを行いたい場合は、サイドメニューにある分析パネルで作成してください。

CData JDBC Driver for SQL Analysis Services をActionista! で使うことで、ノーコードでSQL Analysis Services データをビジュアライズできました。ぜひ、30日の無償評価版 をお試しください。

 
 
ダウンロード