今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for SQL Analysis Services を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Aqua Data Studio からSQL Analysis Services データに連携

SQL Analysis Services データにAqua Data Studio のVisual Query Builder やTable Data Editor からデータ連携。

CData JDBC Driver for SQL Analysis Services は、Aqua Data Studio のようなIDE のウィザード・アナリティクスにSQL Analysis Services データを統合します。本記事では、SQL Analysis Services データをコネクションマネージャーに接続してクエリを実行する手順を説明します。

JDBC Data Source の設定

コネクションマネージャーで、新しいJDBC データソースとして、接続プロパティ設定を行い、保存します。SQL Analysis Services データがAqua Data Studio ツールから使えるようになります。

  1. Aqua Data Studio で、Server メニューから Register Server を選択します。
  2. Register Server フォームで、 'Generic - JDBC' コネクションを選びます。
  3. 次のJDBC 接続プロパティを設定します:
    • Name:任意の名前、データソースの名前など。
    • Driver Location:Browse ボタンをクリックして、インストールディレクトリのlib フォルダの cdata.jdbc.ssas.jar ファイルを選択します。
    • Driver:クラス名に cdata.jdbc.ssas.SSASDriver を入力。
    • URL:jdbc:ssas: から始まるJDBC URL を入力します。接続プロパティをカンマ区切りで書きます。接続プロパティの詳細は、ヘルプドキュメントを参照してください。一般的な接続文字列は:

      jdbc:ssas:User=myuseraccount;Password=mypassword;URL=http://localhost/OLAP/msmdpump.dll;
  4. 接続するには、Url プロパティを有効なSQL Server Analysis Services エンドポイントに設定して認証を提供します。XMLA アクセスを使用して、HTTP 経由でホストされているSQL Server Analysis Services インスタンスに接続できます。 Microsoft ドキュメント configure HTTP access を参照してSQL Server Analysis Services に接続してください。

    SQL をSQL Server Analysis Services に実行するには、ヘルプドキュメントの「Analysis Services データの取得」を参照してください。接続ごとにメタデータを取得する代わりに、CacheLocation を設定できます。

    • HTTP 認証

      AuthScheme を"Basic" または"Digest" に設定してUser とPassword を設定します。CustomHeaders に他の認証値を指定します。

    • Windows (NTLM)

      Windows のUser とPassword を設定して、AuthScheme をNTLM に設定します。

    • Kerberos およびKerberos Delegation

      Kerberos を認証するには、AuthScheme をNEGOTIATE に設定します。Kerberos 委任を使うには、AuthScheme をKERBEROSDELEGATION に設定します。必要があれば、User、Password およびKerberosSPN を設定します。デフォルトでは、本製品は指定されたUrl でSPN と通信しようと試みます。

    • SSL/TLS:

      デフォルトでは、本製品はサーバーの証明書をシステムの信頼できる証明書ストアと照合してSSL/TLS のネゴシエーションを試みます。別の証明書を指定するには、利用可能なフォーマットについてヘルプドキュメントの「SSLServerCert」プロパティを参照してください。

    You can then access any cube as a relational table: When you connect the data provider retrieves SSAS metadata and dynamically updates the table schemas. Instead of retrieving metadata every connection, you can set the CacheLocation property to automatically cache to a simple file-based store.

    See the Getting Started section of the CData documentation, under Retrieving Analysis Services Data, to execute SQL-92 queries to the cubes.

SQL Analysis Services データにクエリを実行

接続したテーブルにクエリを実行してみます。

 
 
ダウンロード