今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for SQL Analysis Services を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

DBArtisan でJDBC 経由でSQL Analysis Services Data をデータ連携利用

DBArtisan のウィザードを使用して、SQL Analysis Services のJDBC データソースを作成します。

CData JDBC Driver for SQL Analysis Services は、データベースとしてSQL Analysis Services data に連携できるようにすることで、SQL Analysis Services data をDBArtisan などのデータベース管理ツールにシームレスに連携します。ここでは、DBArtisan でSQL Analysis Services のJDBC ソースを作成する方法を説明します。データを直観的に標準SQL で実行できます。

SQL Analysis Services Data をDBArtisan Projects に連携

Follow the steps below to register SQL Analysis Services data as a database instance in your project:

  1. In DBArtisan, click Data Source -> Register Datasource.
  2. Select Generic JDBC.
  3. Click Manage.
  4. In the resulting dialog, click New.Enter a name for the driver and click Add.In the resulting dialog, navigate to the driver JAR.The driver JAR is located in the lib subfolder of the installation directory.
  5. In the Connection URL box, enter credentials and other required connection properties in the JDBC URL.

    接続するには、Url プロパティを有効なSQL Server Analysis Services エンドポイントに設定して認証を提供します。XMLA アクセスを使用して、HTTP 経由でホストされているSQL Server Analysis Services インスタンスに接続できます。 Microsoft ドキュメント configure HTTP access tを参照してSQL Server Analysis Services に接続してください。

    SQL をSQL Server Analysis Services に実行するには、Analysis Services データの取得 を参照してください。接続ごとにメタデータを取得する代わりに、CacheLocation を設定できます。

    • HTTP 認証

      AuthScheme を"Basic" または"Digest" に設定してUser とPassword を設定します。CustomHeaders に他の認証値を指定します。

    • Windows (NTLM)

      Windows のUser とPassword を設定して、AuthScheme をNTLM に設定します。

    • Kerberos およびKerberos Delegation

      Kerberos を認証するには、AuthScheme をNEGOTIATE に設定します。Kerberos 委任を使うには、AuthScheme をKERBEROSDELEGATION に設定します。必要があれば、User、Password およびKerberosSPN を設定します。デフォルトでは、本製品 は指定されたUrl でSPN と通信しようと試みます。

    • SSL/TLS:

      デフォルトでは、本製品 はサーバーの証明書をシステムの信頼できる証明書ストアと照合してSSL/TLS のネゴシエーションを試みます。別の証明書を指定するには、利用可能なフォーマットについてSSLServerCert プロパティを参照してください。

    You can then access any cube as a relational table: When you connect the data provider retrieves SSAS metadata and dynamically updates the table schemas. Instead of retrieving metadata every connection, you can set the CacheLocation property to automatically cache to a simple file-based store.

    See the Getting Started section of the CData documentation, under Retrieving Analysis Services Data, to execute SQL-92 queries to the cubes.

    ビルトイン接続文字列デザイナー

    For assistance in constructing the JDBC URL, use the connection string designer built into the SQL Analysis Services JDBC Driver.Either double-click the JAR file or execute the jar file from the command-line.

    java -jar cdata.jdbc.ssas.jar

    Fill in the connection properties and copy the connection string to the clipboard.

    Below is a typical connection string:

    jdbc:ssas:User=myuseraccount;Password=mypassword;URL=http://localhost/OLAP/msmdpump.dll;
  6. Finish the wizard to connect to SQL Analysis Services data. SQL Analysis Services entities are displayed in the Datasource Explorer.

You can now work with SQL Analysis Services data as you work with any other database. See the driver help documentation for more information on the queries supported by the SQL Analysis Services API.

 
 
ダウンロード