今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for SQL Analysis Services を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Jetty コネクションプールからSQL Analysis Services データに連携。

CData JDBC Driver for SQL Analysis Services は、コネクションプーリングをサポートします:本記事では、Jetty のWeb アプリからSQL Analysis Services データに連携する手順を説明します。

CData JDBC driver for SQL Analysis Services は、Java Web アプリケーションに簡単に統合して利用することができます。本記事では、Jetty でドライバーをコネクションプールとして設定することで、効率的にSQL Analysis Services データをアプリケーションで連携利用する方法を説明します。Jetty でJNDI resource for SQL Analysis Services を設定します。

DBC Driver for SQL Analysis Services を JNDI Data Source として設定

次の手順で、Jetty とSQL Analysis Services の接続を確立します。

  1. Jetty ベースでJNDI モジュールを有効化します。JNDI を有効化するコマンドラインは以下の通り:

    java -jar ../start.jar --add-to-startd=jndi
  2. JDBC Driver の.jar ファイルと.lic ファイル(インストールディレクトリのlib フォルダ下)をcontext path のlib フォルダに配置します。
  3. リソースおよびスコープを宣言します。リソース宣言で必要な接続プロパティを入力します。この例では、SQL Analysis Services データソースをWeb アプリケーションのWEB-INF\jetty-env.xml レベルにdeclare しています。

    <Configure id='ssasdemo' class="org.eclipse.jetty.webapp.WebAppContext"> <New id="ssasdemo" class="org.eclipse.jetty.plus.jndi.Resource"> <Arg><Ref refid="ssasdemo"/></Arg> <Arg>jdbc/ssasdb</Arg> <Arg> <New class="cdata.jdbc.ssas.SSASDriver"> <Set name="url">jdbc:ssas:</Set> <Set name="User">myuseraccount</Set> <Set name="Password">mypassword</Set> <Set name="URL">http://localhost/OLAP/msmdpump.dll</Set> </New> </Arg> </New> </Configure>

    接続するには、Url プロパティを有効なSQL Server Analysis Services エンドポイントに設定して認証を提供します。XMLA アクセスを使用して、HTTP 経由でホストされているSQL Server Analysis Services インスタンスに接続できます。 Microsoft ドキュメント configure HTTP access を参照してSQL Server Analysis Services に接続してください。

    SQL をSQL Server Analysis Services に実行するには、ヘルプドキュメントの「Analysis Services データの取得」を参照してください。接続ごとにメタデータを取得する代わりに、CacheLocation を設定できます。

    • HTTP 認証

      AuthScheme を"Basic" または"Digest" に設定してUser とPassword を設定します。CustomHeaders に他の認証値を指定します。

    • Windows (NTLM)

      Windows のUser とPassword を設定して、AuthScheme をNTLM に設定します。

    • Kerberos およびKerberos Delegation

      Kerberos を認証するには、AuthScheme をNEGOTIATE に設定します。Kerberos 委任を使うには、AuthScheme をKERBEROSDELEGATION に設定します。必要があれば、User、Password およびKerberosSPN を設定します。デフォルトでは、本製品は指定されたUrl でSPN と通信しようと試みます。

    • SSL/TLS:

      デフォルトでは、本製品はサーバーの証明書をシステムの信頼できる証明書ストアと照合してSSL/TLS のネゴシエーションを試みます。別の証明書を指定するには、利用可能なフォーマットについてヘルプドキュメントの「SSLServerCert」プロパティを参照してください。

    You can then access any cube as a relational table: When you connect the data provider retrieves SSAS metadata and dynamically updates the table schemas. Instead of retrieving metadata every connection, you can set the CacheLocation property to automatically cache to a simple file-based store.

    See the Getting Started section of the CData documentation, under Retrieving Analysis Services Data, to execute SQL-92 queries to the cubes.

  4. Web xml でリソースを設定します:

    jdbc/ssasdb javax.sql.DataSource Container
  5. これで、java:comp/env/jdbc/ssasdb へのルックアップでSQL Analysis Services データにアクセスできます: InitialContext ctx = new InitialContext(); DataSource myssas = (DataSource)ctx.lookup("java:comp/env/jdbc/ssasdb");

Jetty にさらに統合

ここでは、シンプルなコネクションプーリングシナリオでのドライバーの接続について説明しました。追加での連携ケースについては、Jetty ドキュメントのWorking with Jetty JNDI  参照してください。

 
 
ダウンロード