今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for SQL Analysis Services を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

PyCharm でCData ODBC Driver for SQL Analysis Services を使ってみた

SQL Analysis Services にODBC データソースとしてPyCharm から連携。

CData ODBC Drivers は、ODBC をサポートするあらゆる環境から利用可能です。 本記事では、PyCharm からのCData ODBC Driver for SQL Analysis Services の利用を説明します。ODBC Deriver をデータソースとして設定する方法、データソースをクエリするPyCharm のベーシックな方法を含みます。

To begin, this tutorial will assume that you have already installed the CData ODBC Driver for SQL Analysis Services as well as PyCharm.

Pyodbc をプロジェクトに追加

Follow the steps below to add the pyodbc module to your project.

  1. Click File -> Settings to open the project settings window.
  2. Click Project Interpreter from the Project: YourProjectName menu.
  3. To add pyodbc, click the + button and enter pyodbc.
  4. Click Install Package to install pyodbc.

SQL Analysis Services への接続

You can now connect with an ODBC connection string or a DSN. See the Getting Started section in the CData driver documentation for a guide to creating a DSN on your OS.

接続するには、Url プロパティを有効なSQL Server Analysis Services エンドポイントに設定して認証を提供します。XMLA アクセスを使用して、HTTP 経由でホストされているSQL Server Analysis Services インスタンスに接続できます。 Microsoft ドキュメント configure HTTP access を参照してSQL Server Analysis Services に接続してください。

SQL をSQL Server Analysis Services に実行するには、ヘルプドキュメントの「Analysis Services データの取得」を参照してください。接続ごとにメタデータを取得する代わりに、CacheLocation を設定できます。

  • HTTP 認証

    AuthScheme を"Basic" または"Digest" に設定してUser とPassword を設定します。CustomHeaders に他の認証値を指定します。

  • Windows (NTLM)

    Windows のUser とPassword を設定して、AuthScheme をNTLM に設定します。

  • Kerberos およびKerberos Delegation

    Kerberos を認証するには、AuthScheme をNEGOTIATE に設定します。Kerberos 委任を使うには、AuthScheme をKERBEROSDELEGATION に設定します。必要があれば、User、Password およびKerberosSPN を設定します。デフォルトでは、本製品は指定されたUrl でSPN と通信しようと試みます。

  • SSL/TLS:

    デフォルトでは、本製品はサーバーの証明書をシステムの信頼できる証明書ストアと照合してSSL/TLS のネゴシエーションを試みます。別の証明書を指定するには、利用可能なフォーマットについてヘルプドキュメントの「SSLServerCert」プロパティを参照してください。

You can then access any cube as a relational table: When you connect the data provider retrieves SSAS metadata and dynamically updates the table schemas. Instead of retrieving metadata every connection, you can set the CacheLocation property to automatically cache to a simple file-based store.

See the Getting Started section of the CData documentation, under Retrieving Analysis Services Data, to execute SQL-92 queries to the cubes.

Below is the syntax for a DSN:

[CData SSAS Source] Driver = CData ODBC Driver for SQL Analysis Services Description = My Description User = myuseraccount Password = mypassword URL = http://localhost/OLAP/msmdpump.dll

SQL Analysis Services へのクエリの実行

Instantiate a Cursor and use the execute method of the Cursor class to execute any SQL statement.

import pyodbc cnxn = pyodbc.connect('DRIVER={CData ODBC Driver for SSAS};User = myuseraccount;Password = mypassword;URL = http://localhost/OLAP/msmdpump.dll;') cursor = cnxn.cursor() cursor.execute("SELECT Fiscal_Year, Sales_Amount FROM Adventure_Works WHERE Fiscal_Year = 'FY 2008'") rows = cursor.fetchall() for row in rows: print(row.Fiscal_Year, row.Sales_Amount)

After connecting to SQL Analysis Services in PyCharm using the CData ODBC Driver, you will be able to build Python apps with access to SQL Analysis Services data as if it were a standard database. If you have any questions, comments, or feedback regarding this tutorial, please contact us at support@cdata.com.

 
 
ダウンロード