Google Data Studio でStripe Data に連携するレポートを作成

CData Cloud Hub を使用してStripe data の仮想MySQL データベースを作成し、Google Data Studio でカスタムレポートを作成します。

Google Data Studio では、データを視覚化したブランドレポートを作成してクライアントと共有できます。CData Cloud Hub と組み合わせると、視覚化、ダッシュボードなどのためにStripe data へのクラウドからクラウドへの即時アクセスが可能になります。ここでは、MySQL クライアントを使用してGoogle Data Studio でStripe 用の仮想データベースを作成し、Stripe data からレポートを作成する方法を説明します。

CData Cloud Hub は、MySQL としての仮想Stripe インターフェースを提供し、ネイティブにサポートされているデータベースにデータを複製することなく、Google Data StudioでリアルタイムStripe data からレポートを簡単に作成できます。ビジュアライゼーションを作成すると、Google Data Studio はデータを収集するためのSQL クエリを生成します。すぐに最適化されたデータ処理を使用して、CData Cloud Hub はサポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)を直接Stripe にプッシュし、サーバーサイドの処理を利用してStripe data をすばやく返します。

Stripe Data の仮想MySQL データベースを作成

MySQL クライアントを使用してCData Cloud Hub に接続し、仮想データベースを作成することができます。

  1. Connect to the CData Cloud Hub:
    mysql --host myinstance.cdatacloud.net --user admin --password
    
  2. Once authenticated, create the virtual database for Stripe:
    mysql> CREATE DATABASE stripedb
        -> DRIVER = "Stripe",
        -> DBURL = "OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=MyOAuthClientSecret;CallbackURL=http://localhost:33333;InitiateOAuth=GETANDREFRESH";
    

With the virtual database created, you are ready to connect to Stripe data from any MySQL client.

Google Data Studio でLive Stripe Data を視覚化する

The steps below outline connecting to the CData Cloud Hub from Google Data Studio to create a new Stripe data source and build a simple visualization from the data.

  1. Log into Google Data Studio, click data sources, create a new data source and choose MySQL.
  2. Choose the basic configuration and set the connection properties:
    • Host name or IP: myinstance.cdatacloud.net
    • Port: 3306
    • Database: stripedb
    • Username: your Cloud Hub username
    • Password: your Cloud Hub password
    • Click Enable SSL, then upload the certificates
  3. Click Authenticate
  4. Select the table to visualize or enter a custom query and click Connect.
    NOTE: JOINs are not supported in the user interface, but they are supported as custom queries.
  5. If needed, modify columns, click Create Report and add the data source to the report.
  6. Select a visualization style and add it to the report.
  7. Select Dimensions and Measures to customize your visualization.

クラウドアプリケーションからStripe Data へのSQL アクセス

Now you have a direct, cloud-to-cloud connection to live Stripe data from your Google Data Studio workbook.You can create more data sources and new visualizations, build reports, and more — all without replicating Stripe data.

To get SQL data access to 100+ SaaS, Big Data, and NoSQL sources directly from your cloud applications, see the CData Cloud Hub.

 
 
ダウンロード