リアルタイムSurveyMonkey データをビルトインPower Apps のカスタムビジネスアプリに統合

製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細情報はこちら。無償トライアルはこちら:

  無償トライアル

CData Connect Cloud を使用してSurveyMonkey データに接続し、リアルタイムでデータをMicrosoft Power Apps で構築されたアプリに統合します。



Power Apps は、ソフトウェア開発の時間を短縮しつつ、データに接続してWeb とモバイル両方で機能するカスタムビジネスアプリを構築および使用するためのサービスです。CData Connect Cloud と組み合わせると、Power Apps を使用して構築したアプリからSurveyMonkey データにクラウドベースでアクセスできます。この記事では、Power Apps からConnect Cloud に接続し、リアルタイムSurveyMonkey データを使用してアプリを構築する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、ピュアSQL のクラウドインターフェースをSurveyMonkey に提供し、データを複製せずにPower Apps でリアルタイムSurveyMonkey データとの簡単な統合を実現します。Power Apps はCData Connect Cloud をSQL Server として認識するので、最適化されたデータ処理を使用してサポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をSurveyMonkey に直接プッシュし、サーバー側の処理を利用して、SurveyMonkey データを素早く返します。

Connect Cloud からSurveyMonkey に接続する

CData Connect Cloud では、直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続できます。
  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。
  2. Add Connection パネルから「SurveyMonkey」を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、SurveyMonkey に接続します。

    SurveyMonkey はOAuth 2 認証標準を利用しています。SurveyMonkey がアンケートの回答を読むためにこれを必要とすることを考えると、アンケートを読むアカウントには有料プランのサブスクリプションが必要です。

    SurveyMonkey への接続に使用できる認証方法は2つあります。

    • プライベートoauth アプリケーションを登録するときに、個人用アクセストークンを使用します。
    • パブリックoauth アプリケーションを登録するときに、OAuth を使用します。

    個人用アクセストークンの使用

    個人用トークンを使用して、自分のデータをテストし、アクセスします。個人用トークンを取得するには、ヘルプの「Creating a Custom OAuth App」の手順に従って、次の接続プロパティを設定します。

    • OAuthAccessToken:アプリケーション設定で生成されたAccessToken に設定。
    • InitiateOAuth:OFF に設定。

    OAuth の使用

    本製品はすでにSurveyMonkey にOAuth アプリケーションとして登録されています。そのため、デフォルトでは、自動的に埋め込みクレデンシャルを使用して接続します。

    独自のカスタムOAuth アプリを使用したい場合は、ヘルプのCustom Credentials を参照してください。

  4. Create & Test をクリックします。
  5. Edit SurveyMonkey Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。

個人用アクセストークンの追加

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用する個人用アクセストークン(PAT)を作成できます。きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、User Profile をクリックします。
  2. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。
  4. 個人用アクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

コネクションが構成されたら、Power Apps からSurveyMonkey に接続できるようになります。

CData Connect Cloud に接続する

Connect Cloud を使用してSurveyMonkey データをPower Apps に統合するには、新しいSQL Server 接続が必要です。

  1. Power Apps にログインします。
  2. Dataverse -> Connections -> New connection とクリックします。
  3. SQL Server を選択します。
  4. 接続ウィザードにて:

    • 「直接接続」を選択します。
    • SQL server nametds.cdata.com,14333 に設定します。
    • SQL database name をSurveyMonkey 接続の名前(SurveyMonkey1 など)に設定します。
    • Username をConnect Cloud のユーザーに設定します。(user@mydomain.com)
    • Password を上記のユーザーのPAT に設定します。
    • 作成をクリックします。

SurveyMonkey データを活用するアプリを構築する

Connect Cloud への接続が構成されたら、リアルタイムでSurveyMonkey データをPower Apps で構築したアプリに統合することができます。

  1. Power Apps にログインします。
  2. 「Create」をクリックし、「SQL」を選択します。
  3. 作成したSQL Server 接続を選択します。
  4. 使用するテーブルを検索または選択します。
  5. Connect をクリックします。
  6. 新しく作成したアプリのレイアウトや、BrowseScreen、DetailScreen、EditScreen で表示されるフィールドの設定などを、ほかのアプリと同じようにカスタマイズします。

これで、組織内で使用するために保存・公開することができる、リアルタイムSurveyMonkey データへの読み取りアクセス権を持つアプリを作成できました。

クラウドアプリケーションからSurveyMonkey データへのSQL アクセス

Microsoft Power Apps からSurveyMonkey データにリアルタイムで直接接続できるようになりました。これで、SurveyMonkey データを複製せずにより多くの接続とアプリを作成してビジネスを推進できます。

クラウドアプリケーションから直接100を超えるSaaS 、ビッグデータ、NoSQL ソースへのリアルタイムデータアクセスを取得するには、CData Connect Cloud をお試しください。