CData ODBC Driver for TaxJar を使ってMicroStrategy でTaxJar データを分析

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

TaxJar ODBC Driver

TaxJar ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからTaxJar にデータ連携。

TaxJar データにデータベースと同感覚でアクセスして、TaxJar のTransactions、TaxAmounts などに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



MicroStrategy BI プラットフォームのダッシュボードにTaxJar をノーコードでデータ連携して利用。



CData ODBC Drivers はMicrostrategy のようなBI ツールにおいて、多種な重要なデータソースへのアクセスを実現します。この記事では、TaxJar への接続方法、UI またはクエリを使ってデータをインポートする方法、そしてダッシュボードでデータビジュアライゼーションをいくつか作成する方法について説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

MicroStrategy を使ってTaxJar のクエリを発行

次の手順では、Microstrategy からCData JDBC Driver for TaxJar を使ってデータに接続する方法を説明します。

  1. 接続プロパティが未設定の場合には、DSN(データソース名)の設定を行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

    一般的な接続文字列は次のとおりです:

    • APIKey

    TaxJar API への認証には、まず初めにTaxJar UI からAPI キーを取得する必要があります。

    NOTE:API の利用は、Professional およびPremium TaxJar プランでのみ可能です。

    すでにProfessional またはPremium プランをお持ちの方は、TaxJar UI にログインして、「アカウント」->「TaxJar API」に移動するとAPI キーを確認することができます。 API キーを取得したら、APIKey 接続プロパティに設定できます。

    その他の注意事項

    • デフォルトでは、エンティティが日付範囲フィルタをサポートしている場合、CData コネクタは過去3か月のデータを取得します。StartDate を設定して、取得するデータの最小作成日を指定することができます。
    • API キーがサンドボックスAPI アカウント用に作成されている場合は、UseSandbox をtrue に設定してください。ただし、すべてのエンドポイントが期待どおりに機能するとは限りません。詳しくは、TaxJar 開発者用ドキュメントを参照してください。

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

  2. ダッシュボードで、+アイコンをクリックしてTaxJar に接続を追加します。ダイアログが表示されたら、以下の情報を入力します:

    • DSN: TaxJar ODBC データソース用のDSN を選択。
    • DBMS: メニュー内の[Generic DBMS]オプションを選択。
    • Name: ユーザーフレンドリーなデータソース名を入力。
  3. 接続を選択します。
  4. [Edit SQL]をクリックします。[Editor]パネルの角にある青色ペンのアイコンです。
  5. [Editor]にクエリを入力します: SELECT TransactionID, UserID FROM Orders WHERE TransactionID = '123'
  6. [Execute SQL]をクリックします。パネルの角にある緑色の再生アイコンです。
  7. [Continue]をクリックして結果を保存します。
  8. 表示されたページで、[Select a Visualization]>[Bar Chart]>[Clustered Bar Chart]をクリックします。