エンタープライズサーチのNeuron にTeradata データを取り込んで検索利用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Teradata JDBC Driver

Teradata データベースに連携するJava アプリケーションを簡単に構築。



企業内検索エンジンサービスの Neuron にTeradata のデータを取り込んで検索する方法:CData JDBC Driver。

ブレインズテクノロジー社のNeuron は、先端OSS 技術(Apache Solr)を活用したエンタープライズサーチ(企業内検索エンジン)サービスです。Apache Solr は、エンタープライズサーチ機能をAPI として提供してくれますが、Neuron はApache Solr に企業ユーザーがデータを探索するためのシンプルかつ使いやすいユーザーインターフェースと管理画面・運用機能を提供してくれます。これによりエンドユーザーが簡単にエンタープライズサーチを利用することができます。管理画面では、ファイルやデータのクローリング設定がUI で行えるようになっています。この記事では、Neuron に備わっているJDBC インターフェース経由で、CData JDBC Driver for Teradata を利用することでNeuron にTeradata データを取り込んで検索で利用できるようにします。

Neuron にCData JDBC Driver for Teradata データをロード

CData JDBC Driver for Teradata のインストールと.jar ファイルの配置

  • CData JDBC Driver for Teradata をNeuron と同じマシンにインストールします。
  • 以下のパスにJDBC Driver がインストールされます。
    C:\Program Files\CData\CData JDBC Driver for Teradata 20xxJ\lib\cdata.jdbc.teradata.jar
  • このcdata.jdbc.teradata.jar とcdata.jdbc.teradata.lic ファイルをコピーして、Neuron のC:\APP cf\lib フォルダに配置します。

Neuron CF でのTeradata データを扱うリポジトリの作成

  • Neuron CF でクローラーの設定をGUI で行います。JDBC を読み取るためのリポジトリを作成します。Neuron の管理画面にログインし、[リポジトリ]→[リポジトリコレクション一覧]→[新規]をクリックします。
  • 任意のリポジトリ名を入力します。タイプは[JDBC]を選択します。
  • 次に、ドライバーのクラス名とJDBC 接続文字列でTeradata への接続を行います。

    Teradata に接続するには、次の認証情報を提供し、データベースサーバー名を指定します。

    • User: Teradata ユーザーのユーザー名に設定。
    • Password: Teradata ユーザーのパスワードに設定。
    • DataSource: Teradata サーバー名、DBC 名、またはTDPID を指定。
    • Port: サーバーが実行されているポートを指定。
    • Database: データベース名を指定。指定されない場合は、本製品はデフォルトデータベースに接続されます。

    ドライバクラス名:cdata.jdbc.teradata.TeradataDriver
    接続文字列:jdbc:teradata:User=myuser;Password=mypassword;Server=localhost;Database=mydatabase;
  • [更新]をクリックして、Teradata に接続するリポジトリコレクションができました。

Neuron でTeradata のデータをクローリングするジョブを作成

続いて、Teradata のどのデータをどのようにクローリングするのかをジョブで定義していきます。

  • 管理画面で[ジョブ]→[ジョブ一覧]→[新規]とクリックします。
  • 任意のジョブ名を入力します。出力先にはSolr を選択します。リポジトリは先ほど作成したTeradata に接続するリポジトリコレクションを選びます。
  • 次に基本タブからジョブ実行を手動にするか、定期実行するかを自由に設定します。
  • SQL タブでは、どんなデータを取得するのか、テーブル名やカラム、フィルタリング条件などを設定できます。CData JDBC Driver がTeradata データをテーブルにモデル化しているので、標準SQL でTeradata をクエリすることができます。
    • SQL文:SELECT ProductId, ProductName FROM NorthwindProducts
    • キーカラム:Id など取得テーブルのキーとなるカラム
    • 検索対象カラム:検索の対象とするカラム
    • タイトルカラム:検索結果のタイトルとするカラム
    • タイムスタンプカラム:タイムスタンプとなるカラムがあれば、ここで指定します
  • リクエストパラメータでは、検索結果レコードのURL (があれば)を設定することもできます。URL を表示できると表示された検索結果からレコードに簡単に移動できます。
  • 取得元では、ラベルを設定しておきます。[更新]をクリックして、クローラージョブの設定を完了します。

Neuron でTeradata データをクロールするジョブを実行

実際にNeuron で作成したジョブを実行します。[ジョブ]→[状態とジョブ管理]をクリックし、作成したジョブの[Start]をクリックします。

ジョブが正常完了すると、[Done]がステータスとして表示されます。

Neuron 上でのTeradata データの検索の実施

実際にNeuron 上で検索ができるか確認してみます。取得元を絞り込むこと、内容やファイル名での検索、ファイルサイズやファイル更新日の絞り込み、部分一致や全部一致で検索が可能です。 検索をかけてみると、以下のようにデータを取得できました。

CData JDBC Driver for Teradata をNeuron で使うことで、Teradata コネクタとして機能し、簡単にデータを取得して同期することができました。ぜひ、30日の無償評価版 をお試しください。