今すぐお試しください!

製品の詳細CData FireDAC Components for Trello を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Viewing Trello Data in RAD Studio Data Explorer

How to view Trello data in RAD Studio Data Explorer using the CData FireDAC Components for Trello.

Embarcadero RAD Studio provides a development environment for Delphi and C++Builder applications. With the CData FireDAC Components for Trello, you gain access to live Trello data within RAD Studio, abstracting the data into tables, views, and stored procedures that can be used to both retrieve Trello data. This article will walk through connecting to Trello using the Data Explorer.

Connecting to Trello Data Using Data Explorer

You can create a simple application for displaying Trello data by utilizing the CData FireDAC Components for Trello and a new VCL Forms Application:

  1. Open the Data Explorer in RAD Studio and expand FireDAC.
  2. Right-click on CData Trello Data Source and click Add New Connection.

  3. Name the connection.
  4. Fill in the necessary connection parameters and click OK.

    Trello は、トークンベース認証を使用して、サードパーティアプリケーションにAPI へのアクセスを許可します。ユーザーがアプリケーションにデータへのアクセスを許可すると、アプリケーションにはTrello のAPI へのリクエストに使用できるトークンが付与されます。 Trello のAPI には2通りの方法でアクセスできます。1つ目はTrello 独自の認可ルートで、2つ目はOAuth1.0 を使用する方法です。

    • 認可ルート: 登録の時点で、Trello はAPI キーとトークンをアカウントに割り当てます。認可ルート経由で接続する方法については、ヘルプドキュメントの「認可ルートの使用」を参照してください。
    • OAuth ルート: 認可の使用と同様に、OAuth は、アカウントの作成時にApplication Id とSecret を作成します。接続方法については、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

  5. Back in the Data Explorer, expand the views for the connection.
  6. Create a new VCL Forms application and drag a view (for example: Boards) onto the form.

  7. Select the BoardsView object on the form and set the Active property to true.
  8. Right-click on the object, bind visually, and link everything (*) to a new control (TStringGrid).

  9. Arrange the TStringGrid on the form and run the application to see the Boards data.

 
 
ダウンロード