Infragistics XamDataGrid を使用してUPS のダイナミックグリッドを作成

詳細情報をご希望ですか?

製品の詳細情報:

UPS 連携ソリューション


CData ADO.NET Provider for UPS とInfragistics XamDataGrid を使用してダイナミックグリッドを構築。

Infragistics WPF UI コントロールを使用すると、デスクトップおよびタッチデバイス用の、最新のMicrosoft Office に着想を得たアプリを構築できます。CData ADO.NET Provider for UPS と組み合わせると、ライブのUPS にアクセスして動的なグリッド、グラフその他のビジュアライゼーションを構築できます。この記事では、Infragistics XamDataGrid コントロールを使用してVisual Studio でダイナミックグリッドを作成する方法について説明します。

続行するには、Infragistics WPF UI コンポーネントをインストールしてください。こちらから無償トライアルをダウンロードできます。:https://www.infragistics.com/products/wpf

WPF プロジェクトを作成する

VisualStudio を開き、新しいWPF プロジェクトを作成します。

SQL クエリをCData ADO.NET Provider に渡すためのTextBox と、クエリを実行するためのButton を追加します。

以下は、この時点でのXAML です。

< Window
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:local="clr-namespace:CDataXamDataGridGroupingListApp"
        xmlns:igWPF="http://schemas.infragistics.com/xaml/wpf" x:Class="CDataXamDataGridGroupingListApp.MainWindow"
        mc:Ignorable="d"
        Title="MainWindow" Height="450" Width="800">
  < Grid>
    < TextBox x:Name="textBox" HorizontalAlignment="Left" Height="44" TextWrapping="Wrap" Text="TextBox" VerticalAlignment="Top" Width="682" Margin="10,10,0,0"/>
    < Button x:Name="button" Content="Execute" HorizontalAlignment="Left" Margin="697,10,0,0" VerticalAlignment="Top" Width="85" Height="44"/>
  < /Grid>
< /Window>

XamDataGrid の追加と構築

初期コントロールを追加した後、アプリにXamDataGrid を追加します。コンポーネントがVisual Studio に表示されます。

コンポーネントをデザイナーで配置して、TextBoxButton の下に配置し、アプリの境界に接するようにします。

XamDataGrid を配置したら、XAML を編集してXamDataGrid のDataSource 属性を「{Binding}」に設定し、FieldSettings のAllowRecordFilteringAllowSummaries を「true」に設定します。次に、Button コンポーネントのClick イベントハンドラーとして空のメソッドを追加します。以下は、この時点でのXAML です。

< Window
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:local="clr-namespace:CDataXamDataGridGroupingListApp"
        xmlns:igWPF="http://schemas.infragistics.com/xaml/wpf" x:Class="CDataXamDataGridGroupingListApp.MainWindow"
        mc:Ignorable="d"
        Title="MainWindow" Height="450" Width="800">
  < Grid>
    < TextBox x:Name="textBox" HorizontalAlignment="Left" Height="44" TextWrapping="Wrap" Text="TextBox" VerticalAlignment="Top" Width="682" Margin="10,10,0,0"/>
    < Button x:Name="button" Content="Execute" HorizontalAlignment="Left" Margin="697,10,0,0" VerticalAlignment="Top" Width="85" Click="Button_Click" Height="44"/>

    < igWPF:XamDataGrid Margin="10,59,10,10" DataSource="{Binding}">
      < igWPF:XamDataGrid.FieldSettings>
        < igWPF:FieldSettings AllowSummaries="True" AllowRecordFiltering="True"/>
      < /igWPF:XamDataGrid.FieldSettings>
    < /igWPF:XamDataGrid>

  < /Grid>
< /Window>

UPS に接続してクエリする

ダイナミックDataGrid を使用してWPG App を構築するための最後のステップとして、ライブUPS データに接続し、クエリを実行します。まず、CData ADO.NET Provider への参照をプロジェクトに追加します。(通常、C:\Program Files\CData\CData ADO.NET Provider for UPS\lib にあります。)

次に、プロバイダーを標準のData ライブラリとともに名前空間に追加します。

using System.Data.CData.UPS;
using System.Data;

最後に、UPS に接続するコードを追加し、TextBox からのテキストを使用してClick イベントハンドラーにクエリします。

The driver uses five pieces of information in order to authenticate its actions with the UPS service.

  • Server: This controls the URL where the requests should be sent. Common testing options for this are: https://wwwcie.ups.com/ups.app/xml and https://wwwcie.ups.com/webservices
  • AccessKey: This is an identifier that is required to connect to a UPS Server. This value will be provided to you by UPS after registration.
  • UserId: This value is used for logging into UPS. This value is the one you chose to login with when registering for service with UPS.
  • Password: This value is used for logging into UPS. This value is the one you chose to login with when registering for service with UPS.
  • AccountNumber: This is a valid 6-digit or 10-digit UPS account number.
  • PrintLabelLocation: This property is required if one intends to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.
private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
  //connecting to UPS
  string connString = "Server=https://wwwcie.ups.com/ups.app/xml;AccessKey=myAccessKey;Password=myPassword;AccountNumber=myAccountNumber;UserId=myUserId";
  using (var conn = new UPSConnection(connString))
  {
    //using the query from the TextBox
    var dataAdapter = new UPSDataAdapter(textBox.Text, conn);
    var table = new DataTable();
    dataAdapter.Fill(table);
    
    //passing the DataRowCollection to the DataContext
    //  for use in the XamDataGrid
    this.DataContext = table.Rows;
  }
}

アプリケーションを実行する

アプリが構築が完了したら、XamDataGrid にUPS データを表示する準備が整いました。「Execute」をクリックすると、アプリはUPS に接続し、CData ADO.NET Provider を介してSQL クエリを送信します。

ライブUPS データがグリッドに表示されます。

カラム名をヘッダーにドラッグ & ドロップし、データをグループ化します。

グループ化とフィルタを追加すると、もとになるSQL クエリがUPS に直接送信されるため、ライブUPS データをドリルダウンして特定の必要な情報のみを見つけることができます。

無償トライアルと詳細

この時点で、ライブUPS データへのアクセスを持つダイナミックWPF アプリが作成されています。詳細については、CData ADO.NET プロバイダページをご覧ください。30日間の無償トライアルをダウンロードすれば、Infragistics UI コントロールを使用して構築したアプリでライブUPS データを今すぐ試すことができます。