PowerBuilder からUPS データに接続してみた

詳細情報をご希望ですか?

製品の詳細情報:

UPS 連携ソリューション


この記事ではCData ADO.NET Provider for UPS を使ってPowerBuilder からUPS にアクセスする方法を説明します。

CData ADO.NET providers は、PowerBuilder を含むMicrosoft .NET をサポートするあらゆるプラットフォームまたは開発テクノロジーから使用できる、使いやすい標準準拠のデータプロバイダーです。 この記事では、CData ADO.NET Provider for UPS をPowerBuilder で使う方法について説明します。

CData ADO.NET Provider for UPS を使ってデータを取得し読み書きを実行する基本的なPowerBuilder アプリケーションを作成する方法について説明します。

  1. 新規WPF Window Application ソリューションで、接続プロパティに必要なすべてのビジュアルコントロールを追加します。一般的な接続文字列は次のとおりです:

    Server=https://wwwcie.ups.com/ups.app/xml;AccessKey=myAccessKey;Password=myPassword;AccountNumber=myAccountNumber;UserId=myUserIdInitiateOAuth=GETANDREFRESH

    The driver uses five pieces of information in order to authenticate its actions with the UPS service.

    • Server: This controls the URL where the requests should be sent. Common testing options for this are: https://wwwcie.ups.com/ups.app/xml and https://wwwcie.ups.com/webservices
    • AccessKey: This is an identifier that is required to connect to a UPS Server. This value will be provided to you by UPS after registration.
    • UserId: This value is used for logging into UPS. This value is the one you chose to login with when registering for service with UPS.
    • Password: This value is used for logging into UPS. This value is the one you chose to login with when registering for service with UPS.
    • AccountNumber: This is a valid 6-digit or 10-digit UPS account number.
    • PrintLabelLocation: This property is required if one intends to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.

  2. .NET コントロールからDataGrid コントロールを追加します。
  3. DataGrid コントロールのカラムを設定します。Account テーブルからいくつかのカラムを以下に示します: <DataGrid AutoGenerateColumns="False" Margin="13,249,12,14" Name="datagrid1" TabIndex="70" ItemsSource="{Binding}"> <DataGrid.Columns> <DataGridTextColumn x:Name="idColumn" Binding="{Binding Path=Id}" Header="Id" Width="SizeToHeader" /> <DataGridTextColumn x:Name="nameColumn" Binding="{Binding Path=FirstName}" Header="FirstName" Width="SizeToHeader" /> ... </DataGrid.Columns> </DataGrid>
  4. CData ADO.NET Provider for UPS アセンブリへの参照を追加します。

DataGrid 接続

ビジュアルエレメントが設定されたら、Connection、Command、およびDataAdapter のような標準のADO.NET オブジェクトを使ってSQL クエリの結果をDataTable に表示することができます:

System.Data.CData.UPS.UPSConnection conn conn = create System.Data.CData.UPS.UPSConnection(connectionString) System.Data.CData.UPS.UPSCommand comm comm = create System.Data.CData.UPS.UPSCommand(command, conn) System.Data.DataTable table table = create System.Data.DataTable System.Data.CData.UPS.UPSDataAdapter dataAdapter dataAdapter = create System.Data.CData.UPS.UPSDataAdapter(comm) dataAdapter.Fill(table) datagrid1.ItemsSource=table.DefaultView

上のコードは、指定したクエリからDataGrid にデータをバインドできます。