SSRS レポートサーバーにADO.NET Provider for UPS を配置してUPS 連携

詳細情報をご希望ですか?

製品の詳細情報:

UPS 連携ソリューション


SSRS レポートサーバーからUPS データに連携してレポートを作成。ネイティブモードレポートサーバーでも、SharePoint farm でも。



この記事では、CData ADO.NET Provider for UPS をSSRS レポートサーバーで配布する方法を説明します。また、共有データソースも作成します;共有データソースは、複数の帳票からライブUPS への接続を可能にします。共有データソースへは、Visual Studio のレポートデザイナーから接続できます。

ADO.NET Provider の配置

ネイティブモードのレポートサーバー、およびSharePoint server farm の一部としてインストールされたレポートサーバーに、同じ手順でプロバイダーを配布できます。プロバイダーに同梱されているInstallProvider.exe ユーティリティを使って、レポートサーバーにプロバイダーを配布します。InstallProvider.exe は、プロバイダーのインストールディレクトリの[lib]ブフォルダ内にあります。SQL サーバーのバージョン用のexe ファイルとSSRS フォルダを、配布するマシンにコピーします。/installssrs flag でexe ファイルを実行します。

.\InstallProvider.exe /installssrs PathToFolderWithSSRSDLL

UPS に共有データソースを作成

レポートサーバーから直接、またはSharePoint サイトから共有データソースを作成できます。あるいは、レポートデザイナーを使って作成することも可能です。

レポートデザイナー

レポートデザイナーを使って、ネイティブモードのレポートサーバーまたはSharePoint server farm のレポートサーバーで、共有データソースを作成できます。

  1. レポートサーバープロジェクトで、[ソリューション エクスプローラー]の[Shared Data Sources]を右クリックします。
  2. データソースに名前を入力し、[Type]メニューでCData UPS Report を選択します。
  3. [接続文字列]ボックスでUPS に接続するための接続文字列を入力します。一般的な接続文字列は次のとおりです。 Server=https://wwwcie.ups.com/ups.app/xml;AccessKey=myAccessKey;Password=myPassword;AccountNumber=myAccountNumber;UserId=myUserId

    The driver uses five pieces of information in order to authenticate its actions with the UPS service.

    • Server: This controls the URL where the requests should be sent. Common testing options for this are: https://wwwcie.ups.com/ups.app/xml and https://wwwcie.ups.com/webservices
    • AccessKey: This is an identifier that is required to connect to a UPS Server. This value will be provided to you by UPS after registration.
    • UserId: This value is used for logging into UPS. This value is the one you chose to login with when registering for service with UPS.
    • Password: This value is used for logging into UPS. This value is the one you chose to login with when registering for service with UPS.
    • AccountNumber: This is a valid 6-digit or 10-digit UPS account number.
    • PrintLabelLocation: This property is required if one intends to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.
  4. プロジェクトのプロパティに、フォルダとサーバーURL を設定します。SharePoint にパブリッシュしている場合は、すべてのプロパティの値は有効なURLである必要があります。
  5. 共有データソースを右クリックし[Deploy]をクリックします。

レポートサーバー

レポートサーバーのネイティブモードのインストールでは、Report Manager を使って共有データソースを作成できます。レポートサーバーでデータソースを管理する権限が必要です。

  1. Report Manager のHome ページから[New Data Source]をクリックします。[New Data Source]ページが表示されます。
  2. データソースに名前を入力し、[Data Source Type]メニューでCData UPS Report を選択します。
  3. [接続文字列]ボックスでUPS に接続するための接続文字列を入力します。一般的な接続文字列は次のとおりです。 Server=https://wwwcie.ups.com/ups.app/xml;AccessKey=myAccessKey;Password=myPassword;AccountNumber=myAccountNumber;UserId=myUserId

    The driver uses five pieces of information in order to authenticate its actions with the UPS service.

    • Server: This controls the URL where the requests should be sent. Common testing options for this are: https://wwwcie.ups.com/ups.app/xml and https://wwwcie.ups.com/webservices
    • AccessKey: This is an identifier that is required to connect to a UPS Server. This value will be provided to you by UPS after registration.
    • UserId: This value is used for logging into UPS. This value is the one you chose to login with when registering for service with UPS.
    • Password: This value is used for logging into UPS. This value is the one you chose to login with when registering for service with UPS.
    • AccountNumber: This is a valid 6-digit or 10-digit UPS account number.
    • PrintLabelLocation: This property is required if one intends to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.

SharePoint

SharePoint サイトで共有データソースを作成する方法は、次のとおりです。レポートサーバーcontent タイプをライブラリに追加していない場合は、追加しておく必要があります:

  1. SharePoint にログインし、.rsds ファイルを保存したいライブラリを開きます。
  2. [Library Tools]タブで[Settings]リボングループから[Library Settings]をクリックします。
  3. [General Settings]セクションで[Advanced Settings] をクリックします。
  4. [Content Types]セクションで[Yes]を選択し、cntent タイプの管理を許可します。[Content Types]セクションは[Library Settings]ページに追加されます。
  5. 既存のサイトcontent タイプから[Add]をクリックします。
  6. [Available Site Content Types]リストから[レポートデータソース]を選択し、[Add]をクリックします。

これで、共有データソースを作成できます。UPS への接続情報を含む.rsds ファイルを作成します。

  1. SharePoint にログインし、.rsds ファイルを保存したいライブラリを開きます。
  2. [Library Tools]タブで[Documents]>[Create Document]>[Report Data Source]をクリックします。
  3. データソースに名前を入力します。
  4. [Data Source Type]メニューでCData UPS Report を選択します。
  5. [接続文字列]ボックスでUPS に接続するための接続文字列を入力します。一般的な接続文字列は次のとおりです。 Server=https://wwwcie.ups.com/ups.app/xml;AccessKey=myAccessKey;Password=myPassword;AccountNumber=myAccountNumber;UserId=myUserId

    The driver uses five pieces of information in order to authenticate its actions with the UPS service.

    • Server: This controls the URL where the requests should be sent. Common testing options for this are: https://wwwcie.ups.com/ups.app/xml and https://wwwcie.ups.com/webservices
    • AccessKey: This is an identifier that is required to connect to a UPS Server. This value will be provided to you by UPS after registration.
    • UserId: This value is used for logging into UPS. This value is the one you chose to login with when registering for service with UPS.
    • Password: This value is used for logging into UPS. This value is the one you chose to login with when registering for service with UPS.
    • AccountNumber: This is a valid 6-digit or 10-digit UPS account number.
    • PrintLabelLocation: This property is required if one intends to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.