リアルタイム UPSにデータ連携するレポートをPower BI で作成

Power BI connector を使ってUPS データをビジュアライズ

CData Power BI Connectors は、セルフサービスBI であるMicrosoft Power BI へのデータソースを拡充します。 CData Power BI Connector は、Power BI レポートにリアルタイムUPS をデータ連携します。 ダッシュボードでUPS データをモニタリングし、スケジューラーやリアルタイムででデータを更新することで、リアルタイムUPS データが反映されるようにできます。 ここでは、Power BI Connector を使用してMicrosoft Power BI Desktop でUPS のビジュアライゼーションを作成する方法について詳しく説明します。

クラウドのPowerBI.com へのUPS レポートの発行(パブリッシュ)の詳細については、弊社のリアルタイムUPS データをPowerBI.com にパブリッシュ(発行)をご参照ください。


※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

コラボラティブ処理とメタデータ検出

CData Power BI Connectors は、Power BI からUPS へのハイパフォーマンスにデータ操作を実現します。コネクタには、データ処理を効率化するコラボラティブクエリ処理機能やメタデータ検出機能が組み込まれています。Power BI からUPS に複雑なSQL クエリを発行する場合、コネクタはデータソースでサポートされているSQL オペレーション(フィルタリングや集計など)をUPS に直接流し、サポートされていないSQL オペレーション(JOIN など)をクライアントであるコネクタ側で処理します。また、動的メタデータ検出機能により、UPS のテーブルやビューを検出するだけでなく、データ型を含めインポートするため、Power BI での分析が驚くほど簡単になります。

Power BI データソースとしてUPS を設定

CData Power BI Connector をインストールすると完了後にDSN 設定画面が開きます。ここでUPS への接続を設定します。

接続作業はWindows のODBC データソースアドミニストレータでも設定可能です。CData PowerBI REST DSN を選択します。 Power BI のbit 数(32 bit or 64 bit)に合わせたアドミニストレータを使うように気を付けてください。DSN 設定画面で必要な項目を入力してUPS データに接続します。入力後に接続のテストを行い、OK を押して接続を確立します。

The driver uses five pieces of information in order to authenticate its actions with the UPS service.

  • Server: This controls the URL where the requests should be sent. Common testing options for this are: https://wwwcie.ups.com/ups.app/xml and https://wwwcie.ups.com/webservices
  • AccessKey: This is an identifier that is required to connect to a UPS Server. This value will be provided to you by UPS after registration.
  • UserId: This value is used for logging into UPS. This value is the one you chose to login with when registering for service with UPS.
  • Password: This value is used for logging into UPS. This value is the one you chose to login with when registering for service with UPS.
  • AccountNumber: This is a valid 6-digit or 10-digit UPS account number.
  • PrintLabelLocation: This property is required if one intends to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.

UPS テーブルをPower BI からクエリ

次の手順でUPS からデータをPower BI からクエリできるようにします:

  1. Power BI Desktop を開き、[データ]->[データを取得]->[その他]-> CData UPS を選択して接続を押します。次にサードパーティドライバーのプロンプトが出る場合には、そのまま続行します。
  2. CData PowerBI UPS を[Data Source Name]欄に入力します。データ接続モードを選択します:
    インポート データをプロジェクトにインポートする。オンデマンドで更新が可能。
    DirectQuery リモートデータに直接アクセスする場合。
  3. ナビゲーターダイアログで使用するテーブルを選択します。
  4. [データの変換]では、データをカスタマイズすることができます。クエリエディタを開いて、フィルタ、ソート、集計を設定できます。

    • カラムのデータ型の変更
    • カラムの削除
    • カラムのグルーピング

    Power BI は、コネクタが取得・検出したUPS のカラム毎のデータ型をそのまま使えます。

    Power BI は、データ変換を取得して、指定した条件でクエリを発行し、UPS からデータを取得します。

    [読み込み]をクリックすると、そのままのデータがコネクタ経由でPower BI にロードされます。

データビジュアライゼーションを作成

データをPower BI から取得したら、レポートビューで取得したUPS フィールドをドラッグ&ドロップしてビジュアライゼーションを作成します。チャートの種類を可視化ペインから選択し、フィールドのカラムをドラッグして設定します。

チャートの右上をクリックしてソートオプションを変更することもできます。

チャートの部分のハイライトも可能です。

取得したデータのビジュアライズ上でのフィルタリングをフィルタリングペインで行うことができます。

[更新]をクリックするとその時点でのリアルタイムデータをUPS から取得してレポートに反映させることができます。

このように簡単にPower BI でUPS データをソースとするレポートが作成できました。CData Power BI Connector の30日の無償試用版を是非お試しください。

 
 
ダウンロード