Tableau Online でUSPS ビジュアライゼーションを構築

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

CData Connect



CData Connect Cloud を使用してUSPS の仮想SQL Server データベースを作成し、Tableau Online でビジュアライゼーションを構築します。

Tableau Online は、クラウドで完全にホストされている分析プラットフォームです。CData Connect Cloud と組み合わせることで、ビジュアライズやダッシュボ-ドなどのためにUSPS データにクラウド間で瞬時にアクセスできるようになります。この記事では、Tableau Online でUSPS の仮想データベースを作成し、USPS データからビジュアライゼーションを構築する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、ピュアSQL Server のクラウド間インターフェースをUSPS に提供することで、コネクタをインストールしたりTableau Desktop からワークシートやデータソースを公開したりすることなく、Tableau Online のライブUSPS データからビジュアライゼーションを簡単に構築できるようにします。ビジュアライゼーションを構築すると、Tableau Online はデータを収集するためのSQL クエリを生成します。CData Connect Cloud は最適化されたデータ処理を使用し、サポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOINs など)をUSPS に直接プッシュし、サーバー側の処理を利用してUSPS データをすばやく返します。

USPS データの仮想SQL Server データベースを作成する

CData Connect Cloud は、シンプルなポイントアンドクリックインターフェースを使用してデータソースに接続し、API を生成します。

  1. Connect Cloud にログインし、「Databases」をクリックします。
  2. 「Available Data Sources」から「USPS」を選択します。
  3. USPS に接続するために必要な認証プロパティを入力します。

    To authenticate with USPS, set the following connection properties.

    • PostageProvider: The postage provider to use to process requests. Available options are ENDICIA and STAMPS. If unspecified, this property will default to ENDICIA.
    • UseSandbox: This controls whether live or test requests are sent to the production or sandbox servers. If set to true, the Password, AccountNumber, and StampsUserId properties are ignored.
    • StampsUserId: This value is used for logging into authentication to the Stamps servers. This value is not applicable for Endicia and is optional if UseSandbox is true.
    • Password: This value is used for logging into Endicia and Stamps servers. If the postage provider is Endicia, this will be the pass phrase associated with your postage account. It is optional if UseSandbox is true.
    • AccountNumber: The shipper's account number. It is optional if UseSandbox is true.
    • PrintLabelLocation: This property is required to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.

    The Cache Database

    Many of the useful task available from USPS require a lot of data. To ensure this data is easy to input and recall later, utilize a cache database to make requests. Set the cache connection properties in order to use the cache:

    • CacheLocation: The path to the cache location, for which a connection will be configured with the default cache provider. For example, C:/users/username/documents/uspscache

    As an alternative to CacheLocation, set the combination of CacheConnection and CacheProvider to configure a cache connection using a provider separate from the default.

  4. Test Database」をクリックします。
  5. 「Privileges」->「 Add」とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー) を追加します。

仮想データベースが作成されたら、Tableau Online でビジュアライゼーションを構築できます。

Tableau Online でライブUSPS データをビジュアライズ

以下のステップでは、Connect Cloud の仮想USPS データベースに基づいてTableau Online で新しいデータソースを作成し、データから簡単なビジュアライゼーションを構築する方法の概要を説明します。

  1. Tableau Online にログインし、プロジェクトを選択して新しいワークブックを作成します。
  2. 新しいワークブックで、データウィザードから「Microsoft SQL Server Connector」を選択し、Connect Cloud インスタンスの値を入力します。

  3. NOTE:「Require SSL」チェックボックスを有効化してください。
  4. 新しく作成したデータベースと、ビジュアライズするテーブルを選択します。(必要に応じて結合されたテーブルの関係を定義します。)
  5. 「Dimensions and Measures」を選択して、ビジュアライゼーションを構成します。

クラウドアプリケーションからUSPS データへのSQL アクセス

この時点で、Tableau Online ワークブックからライブUSPS への、クラウド間の直接接続が有効になります。Tableau Desktop から、データソースやワークブックを発行することなく、新しいビジュアライゼーションの作成やダッシュボードの構築などを行うことができます。Tableau Online などのクラウドアプリケーションから、100 を超えるSaaS、Big Data、NoSQL ソースのデータにSQL でアクセスする方法については、Connect Cloud ページを参照してください。