シンプルなVCL Application for USPS データの構築

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

USPS FireDAC Components

USPS データに連携するDelphi & C++Builder アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



CData FireDAC Components for USPS を使用し、RAD Studio でUSPS を表示するシンプルなVCL Application を構築する方法

Embarcadero RAD Studio は、Delphi およびC++Builder アプリケーション用の開発環境を提供します。CData FireDAC Components for USPS を利用してRAD Studio 内のライブUSPS にアクセスし、データの取得と更新の両方に使用できるテーブル、ビュー、ストアドプロシージャにデータを抽象化します。この記事では、USPS への接続と、フォームデザイナを使用した簡単なVCL アプリケーションの作成について説明します。

VCL Application for USPS データを作成する

以下の手順では、、シンプルなVCL フォームアプリケーションを作成する方法を示しています。これにより、フォームデザイナを使用し、任意のアプリケーションからUSPS に接続するために必要である基本的なFireDAC オブジェクトを示すことができます。

次の例では、TDBGrid コントロールを設定します。

  1. 新しいVCL フォームアプリケーションを作成します。
  2. TFDPhysUSPSDriverLink およびTFDConnection オブジェクトをフォームにドロップします。
  3. TFDConnection オブジェクトをダブルクリックします。[FireDAC Connection Editor]が表示されます。[DriverId]メニューの[CData.USPS]を選択し、接続プロパティを構成します。

    To authenticate with USPS, set the following connection properties.

    • PostageProvider: The postage provider to use to process requests. Available options are ENDICIA and STAMPS. If unspecified, this property will default to ENDICIA.
    • UseSandbox: This controls whether live or test requests are sent to the production or sandbox servers. If set to true, the Password, AccountNumber, and StampsUserId properties are ignored.
    • StampsUserId: This value is used for logging into authentication to the Stamps servers. This value is not applicable for Endicia and is optional if UseSandbox is true.
    • Password: This value is used for logging into Endicia and Stamps servers. If the postage provider is Endicia, this will be the pass phrase associated with your postage account. It is optional if UseSandbox is true.
    • AccountNumber: The shipper's account number. It is optional if UseSandbox is true.
    • PrintLabelLocation: This property is required to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.

    The Cache Database

    Many of the useful task available from USPS require a lot of data. To ensure this data is easy to input and recall later, utilize a cache database to make requests. Set the cache connection properties in order to use the cache:

    • CacheLocation: The path to the cache location, for which a connection will be configured with the default cache provider. For example, C:/users/username/documents/uspscache

    As an alternative to CacheLocation, set the combination of CacheConnection and CacheProvider to configure a cache connection using a provider separate from the default.

  4. TFDQuery オブジェクトをフォームにドロップし、以下のプロパティを設定します。

    • 接続 - オブジェクトが未指定の場合、このプロパティをTFDConnection オブジェクトに設定します。
    • SQL - SQL プロパティのボタンをクリックし、クエリを入力します。
    • アクティブ - このプロパティをtrue に設定します。
  5. TDataSource オブジェクトをフォームにドロップし、以下のプロパティを設定します。

    • データセット - このプロパティのメニューで、TFDQuery オブジェクトの名前を選択します。
  6. TDBGrid オブジェクトをフォームにドロップし、以下のプロパティを設定します。

    • データソース - TDataSource の名前を選択します。
  7. TFDGUIxWaitCursor をフォームにドロップします。これは、実行時のエラーを回避するために必要です。

これで、TFDQuery オブジェクトに設定されたSQL クエリの結果を表示する、実行可能なアプリケーションが構築されます。