今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for USPS を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

NetBeans IDE でUSPS データに仮想RDB として連携

データソース構成ウィザードを使ってNetBeans IDE でUSPS に仮想DB として連携接続。



CData JDBC Driver for USPS は、JDBC をサポートするIDE にリアルタイムUSPS データへの仮想DB 連携を実現します。JDBC 標準では、ビルトインのデータアクセスウィザードや、迅速な開発をサポートするその他のツールを使用できます。この記事では、NetBeans でUSPS に接続する方法を説明します。接続を作成して[Table Editor]でUSPS を編集および保存、 していきます。

NetBeans にUSPS のJDBC データソースを作成

JDBC データソースを作成するには、[Service]ウィンドウの[Database]ノードを展開し、[Drivers]ノードを右クリックして[New Driver]を選択します。[New Driver]ウィザードが表示されたら、以下の情報を入力します:

  • Driver File(s):[Add]をクリックして、ファイルエクスプローラダイアログが表示されたらcdata.jdbc.usps.jar ファイルを選択。ドライバーのJAR はインストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあります。
  • Driver Class:[Find]をクリックしてJAR 内のドライバークラスを検索し、cdata.jdbc.usps.USPSDriver をメニューから選択。
  • Name:ドライバーの名前を入力。

接続パラメータを定義

下記の手順に従って、必要な接続プロパティを定義します:

  1. [Service]ウィンドウで、[Database]ノードを右クリックし[New Connection]をクリックします。

  2. [New Connection]ウィザードで次の接続プロパティを入力します:

    • Driver Name:CData JDBC Driver for USPS を選択。
    • User Name:ユーザーネームを入力。JDBC URL でも定義できます。
    • Password:パスワードを入力。JDBC URL でも定義できます。
    • JDBC URL:JDBC URL を指定。

      To authenticate with USPS, set the following connection properties.

      • PostageProvider: The postage provider to use to process requests. Available options are ENDICIA and STAMPS. If unspecified, this property will default to ENDICIA.
      • UseSandbox: This controls whether live or test requests are sent to the production or sandbox servers. If set to true, the Password, AccountNumber, and StampsUserId properties are ignored.
      • StampsUserId: This value is used for logging into authentication to the Stamps servers. This value is not applicable for Endicia and is optional if UseSandbox is true.
      • Password: This value is used for logging into Endicia and Stamps servers. If the postage provider is Endicia, this will be the pass phrase associated with your postage account. It is optional if UseSandbox is true.
      • AccountNumber: The shipper's account number. It is optional if UseSandbox is true.
      • PrintLabelLocation: This property is required to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.

      The Cache Database

      Many of the useful task available from USPS require a lot of data. To ensure this data is easy to input and recall later, utilize a cache database to make requests. Set the cache connection properties in order to use the cache:

      • CacheLocation: The path to the cache location, for which a connection will be configured with the default cache provider. For example, C:\users\username\documents\uspscache

      As an alternative to CacheLocation, set the combination of CacheConnection and CacheProvider to configure a cache connection using a provider separate from the default.

      以下は一般的なJDBC URL です:

      jdbc:usps:PostageProvider=ENDICIA; RequestId=12345; Password='abcdefghijklmnopqr'; AccountNumber='12A3B4C'

リアルタイムUSPS データをクエリ

USPS に接続するには、[Database]ノードにある接続を右クリックし[Connect]をクリックします。接続が確立されたら、展開してスキーマ情報を見ることができます。

[Data Views]ウィンドウにテーブルをロードするには、テーブルを右クリックしてから[View Data]をクリックします。 [Data Views]ウィンドウではレコードの挿入、更新、および削除もできます。

 
 
ダウンロード