製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

Pentaho Report Designer にUSPS データに連携して分析

Pentaho BI ツールでUSPS のレポートを作成。



CData JDBC Driver for USPS はダッシュボードや帳票ツールからリアルタイムUSPS データへの連携を可能にします。この記事では、USPS をJDBC データソースとして接続する方法と、Pentaho でUSPS を元に帳票を作成する方法を説明します。

接続と帳票の作成

  1. インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のJAR ファイルをコピーし、Pentaho のディレクトリ内の\Report-Designer\lib\jdbc\ フォルダに配置します。
  2. \Report-Designer\ フォルダのreport-designer.bat ファイルを起動し、Report-Designer UI を開きます。
  3. 以下の手順でドライバーを新しいデータソースに設定します。[Data]>[Add Data Source]>[Advanced]>[JDBC (Custom)]とクリックし、新しいUSPS 接続を作成します。ダイアログが表示されたら、次のように接続プロパティを設定します。

    • Custom Connection URL property:JDBC URL を入力。初めに以下を入力し jdbc:usps: 次にセミコロン区切りで接続プロパティを入力します。

      To authenticate with USPS, set the following connection properties.

      • PostageProvider: The postage provider to use to process requests. Available options are ENDICIA and STAMPS. If unspecified, this property will default to ENDICIA.
      • UseSandbox: This controls whether live or test requests are sent to the production or sandbox servers. If set to true, the Password, AccountNumber, and StampsUserId properties are ignored.
      • StampsUserId: This value is used for logging into authentication to the Stamps servers. This value is not applicable for Endicia and is optional if UseSandbox is true.
      • Password: This value is used for logging into Endicia and Stamps servers. If the postage provider is Endicia, this will be the pass phrase associated with your postage account. It is optional if UseSandbox is true.
      • AccountNumber: The shipper's account number. It is optional if UseSandbox is true.
      • PrintLabelLocation: This property is required to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.

      The Cache Database

      Many of the useful task available from USPS require a lot of data. To ensure this data is easy to input and recall later, utilize a cache database to make requests. Set the cache connection properties in order to use the cache:

      • CacheLocation: The path to the cache location, for which a connection will be configured with the default cache provider. For example, C:\users\username\documents\uspscache

      As an alternative to CacheLocation, set the combination of CacheConnection and CacheProvider to configure a cache connection using a provider separate from the default.

      以下は一般的なJDBC URL です:

      jdbc:usps:PostageProvider=ENDICIA; RequestId=12345; Password='abcdefghijklmnopqr'; AccountNumber='12A3B4C'
    • Custom Driver Class Name:cdata.jdbc.usps.USPSDriver と入力。
    • User Name:認証するユーザーネーム。
    • Password:認証するパスワード。

レポートに USPS データを追加

これで、USPS の帳票を作成する準備が整いました。

  1. 帳票にUSPS データソースを追加します:[Data]>[Add Data Source]>[JDBC]をクリックし、データソースを選択します。

  2. クエリを設定します。この記事では次を使います:

    SELECT FirstName, Phone FROM Senders WHERE SenderID = '25'
  3. 帳票にチャートをドラッグし、ダブルクリックしてチャートを編集します。帳票を実行して、チャートを表示します。このクエリ結果を使って、Senders テーブルのシンプルなチャートを作成することができます。
  4. 帳票を実行して、チャートを見てみましょう。
 
 
ダウンロード