Veeva データをDevExpress Data Grid にデータバインドする。

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Veeva ADO.NET Provider

Veeva のDocuments、Users、Groups などの会計データに連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



Veeva 用の CData ADO.NET プロバイダーをDevExpress Windows Forms とWeb コントロールとともに使用し、Veeva をチャートに入力します。

Veeva 用の CData ADO.NET プロバイダーはサードパーティーコントロールで使うことのできる通常のADO.NET データベースアクセスコンポーネントを実装しています。データバインドするための通常のADO.NET プロセスに従うことで、UI コントロールから実データへの双方向アクセスを可能にします。 この記事では、CData を使ってDevExpress Windows Forms とウェブコントロールにデータバインドする方法を説明します。ここでは、最新のデータを表示するチャートにデータバインドします。

You are ready to connect after specifying the following connection properties:

  • Url: The host you see in the URL after you login to your account. For example: https://my-veeva-domain.veevavault.com
  • User: The username you use to login to your account.
  • Password: The password you use to login to your account.

Windows Forms コントロール

下のコードでは、Veeva でDevExpress のチャートに追加する方法を説明します。VeevaVaultDataAdapter はチャートコントロールのSeries プロパティにバインドします。コントロールのDiagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。

using (VeevaVaultConnection connection = new VeevaVaultConnection( "User=myuser;Password=mypassword;Server=localhost;Database=mydatabase;")) { VeevaVaultDataAdapter dataAdapter = new VeevaVaultDataAdapter( "SELECT ProductId, ProductName FROM NorthwindProducts WHERE CategoryId = 5", connection); DataTable table = new DataTable(); dataAdapter.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new DevExpress.XtraCharts.Series(); chartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "ProductName" }); series.ArgumentScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "ProductId"; series.ValueScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Numerical; chartControl1.Legend.Visibility = DevExpress.Utils.DefaultBoolean.False; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

Web コントロール

下のコードではVeeva でDevExpress Web を操作するための設定方法を説明します。VeevaVaultDataAdapter はチャートのSeries プロパティにバインドします。Diagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。 using DevExpress.XtraCharts; using (VeevaVaultConnection connection = new VeevaVaultConnection( "User=myuser;Password=mypassword;Server=localhost;Database=mydatabase;")) { VeevaVaultDataAdapter VeevaVaultDataAdapter1 = new VeevaVaultDataAdapter("SELECT ProductId, ProductName FROM NorthwindProducts WHERE CategoryId = 5", connection); DataTable table = new DataTable(); VeevaVaultDataAdapter1.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new Series("Series1", ViewType.Bar); WebChartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "ProductName" }); series.ArgumentScaleType = ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "ProductId"; series.ValueScaleType = ScaleType.Numerical; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }