Amazon QuickSight でVeeva データからインタラクティブなダッシュボードを作成する

製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細情報はこちら。無償トライアルはこちら:

  無償トライアル

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

CData Connect Cloud でVeeva へのコネクションを作成し、Amazon QuickSight SPICE からVeeva データを取得してインタラクティブなダッシュボードを作成します。



Amazon QuickSight からVeeva データに連携

Connect Cloud

Amazon QuickSight ではクラウド上でインタラクティブなダッシュボードを作成できます。CData Connect Cloud と組み合わせると、ビジュアライゼーションやダッシュボード用にVeeva データにクラウドベースでアクセスできます。この記事では、Connect Cloud でVeeva に接続し、Amazon QuickSight でVeeva データにアクセスしダッシュボードを構築する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、Veeva にピュアクラウドベースインターフェースを提供し、Amazon QuickSight でVeeva データのビジュアライゼーションを実現します。Amazon QuickSight SPICE(Super-fast, Parallel, In-memory Calculation Engine(超高速でパラレル、インメモリの計算エンジン))をインポートすることでAmazon エコシステムのパワフルなデータ処理能力を活用しレスポンシブなダッシュボードを構築できます。また、SPICE に保存されたデータの更新をスケジュールする機能により、ダッシュボードの最新状態を管理することができます。

Connect Cloud からVeeva に接続する

CData Connect Cloud では、直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続できます。
  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。
  2. Add Connection パネルから「Veeva」を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Veeva に接続します。

    次の接続プロパティを指定後、接続できます。

    • Url:アカウントにログイン後のURL で確認できるホスト。例えば、 https://my-veeva-domain.veevavault.com
    • User:アカウントへのログインに使用するユーザー名。
    • Password:アカウントへのログインに使用するパスワード。
  4. Create & Test をクリックします。
  5. Edit Veeva Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。

個人用アクセストークンの追加

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用する個人用アクセストークン(PAT)を作成できます。きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、User Profile をクリックします。
  2. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。
  4. 個人用アクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

コネクションが構成されたら、Amazon QuickSight からVeeva に接続できるようになります。

Veeva データをSPICE にインポートしてインタラクティブなダッシュボードを作成する

以下のステップでは、Connect Cloud のVeeva 接続をベースにした新しいデータセットの作成、データセットのSPICE へのインポート、およびデータからの簡単なビジュアライゼーションを構築する方法を説明します。

  1. Amazon QuickSight にログインし「データセット」をクリックします。
  2. 「新しいデータセット」をクリックし、データソースとしてSQL Server を選択しConnect Cloud のインスタンスへの接続を構成します。完了したら「データソースを作成」をクリックします。
  3. ビジュアライズ化したいテーブルを選択するか、データのカスタムSQL クエリを発行します。
  4. 「データの編集 / プレビュー」をクリックしデータセットをカスタマイズします。
  5. 「迅速な分析のために SPICE へインポート」を選択し「視覚化する」をクリックします。
  6. ビジュアライズしたいフィールドとタイプを選択します。

SPICE データセットの更新をスケジュールする

QuickSight のユーザーはSPICE にインポートしたデータセットの更新をスケジュールし、分析されるデータが最新で更新されたものだけであることを確認できます。

  1. QuickSight のホームページへ移動します。
  2. 「データの管理」をクリックします。
  3. 更新したいデータセットを選択します。
  4. 「更新をスケジュール」をクリックします。
  5. 「作成」をクリックし、更新スケジュール(タイムゾーン、繰り返しの頻度、開始日)を設定し、「作成」をクリックします。

クラウドアプリケーションからVeeva データへのSQL アクセス

これで、Amazon QuickSigh ダッシュボードからVeeva へ直接クラウドベースで接続できます。新しいビジュアライゼーションを作成したり、インタラクティブなダッシュボードを作成したりすることができます。Amazon QuickSight のようなクラウドアプリケーションで、100 を超えるSaaS、Big Data、NoSQL ソースのデータにライブアクセスする方法の詳細については、Connect Cloud ページを参照してください。