国産BI ツールのActionista! からWorkday に直接連携してビジュアライズ

詳細情報をご希望ですか?

製品の詳細情報:

Workday 連携ソリューション


Actionista! からリアルタイムWorkday データに直接連携して分析を実施。

CData Drivers for Workday を使って、国産BIツールのActionista!(https://www.justsystems.com/jp/products/actionista/) からWorkday データをノーコードで連携して利用できます。この記事では、間にETL/EAI ツールをはさむ方法ではなく、CData JDBC Driver for Workday をActionista! 側に組み込むだけで連携を実現できます。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Actionista! からWorkday データへの連携を設定

CData JDBC Driver for Workday をActionista! に配置

  • CData JDBC Driver for Workday をActionista! と同じマシンにインストールします。
  • 次にインストールした.jar ファイルを以下のパスに格納します:
    ドライバー.jar ファイルのディレクトリ C:\Program Files\CData\CData JDBC Driver for Workday 2019J\lib\cdata.jdbc.workday.jar
    Actionista! 側のコピー先ディレクトリ C:\JUST\JustBI\jdbc
  • 次に、C:\JUST\JustBI\conf にあるdatamanager.properties プロパティファイルに今回使用するWorkday のドライバークラスなどを以下のように指定します:
  •                 
                        # Workday
                        loader.jdbc.displayName.Workday = Workday
                        loader.jdbc.initJdbcUrl.Workday = jdbc:workday:
                        loader.jdbc.url.Workday = jdbc:workday:
                        loader.jdbc.driver.Workday = cdata.jdbc.workday.WorkdayDriver
                        loader.jdbc.dbmsInfo.Workday = cdata.jdbc.workday.WorkdayDriver
                    
                
  • これでActionista! へのドライバーの配置が完了しました。

Workday データをActionista! のキューブに取り込み

Actionista! ではデータの保持をキューブという単位で保存します。また、クエリでデータソースからデータを取得するのではなく、キューブに対してクエリを行います。このステップでは、Workday データをキューブに取り込み、分析で使えるようにします。

  • Actionista! にログインします。
  • 「DataManager」-> 「+キューブの新規作成」をクリックします。
  • CData JDBC Driver はRDB データソースとしてActionista! から利用できるので、「RDB」を選択します。
  • 設定情報にWorkday への接続に必要なプロパティを入れます:
    • RDB の種類:には、上のステップでdisplayName で指定した名前をドロップダウンで選びます。
    • 接続URL:Workday に接続するための認証情報をセミコロン区切りで入力します。

      To connect, there are three pieces of information required: Authentication, API URL, and WSDL URL.

      Authentication

      To authenticate, specify your User and Password. Note that you must append your Tenant to your User separated by an '@' character. For instance, if you normally log in with 'geraldg' and your Tenant is 'mycompany_mc1', then your User should be specified as 'geraldg@mycompany_mc1'.

      API URL

      The API URL may be specified either directly via APIURL, or it may be constructed from the Tenant, Service, and Host. The APIURL is constructed in the following format: <Host>/ccx/service/<Tenant>/<Service>.

      WSDL URL

      The WSDLURL may be specified in its entirety, or may be constructed from the Service and WSDLVersion connection properties. The WSDLURL is constructed in the following format: https://community.workday.com/sites/default/files/file-hosting/productionapi/<Service>/<WSDLVersion>/<Service>.wsdl jdbc:workday:User=myuser;Password=mypassword;Tenant=mycompany_gm1;Host=https://wd3-impl-services1.workday.com

    • ユーザー名:接続するアカウントのユーザー名(URL に含めることも可)
    • パスワード:接続するアカウントのパスワード(URL に含めることも可)
  • 「接続」ボタンを押してWorkday に接続します。
  • Workday への接続が完了すると、JDBC Driver がWorkday のスキーマを取得して、テーブル・ビューをプルダウンメニューに表示します。分析キューブで使用するテーブル・ビューを選択して、OK ボタンを押します。
  • 選択したオブジェクトのカラムが表示されます。JDBC Driver は、Workday データのスキーマを検出してActionista! に渡すので、カラム名だけでなく、データ型の推定がすでになされています。ここで細かい型修正やデータの抽出条件を必要があれば設定して保存します。
  • データマネージャー画面でWorkday データを選択して、「+取り込み」ボタンを押すとデータがキューブに保存されます。これでキューブへのデータ登録が完了です。

Actionista! 上にWorkday データのダッシュボードを作成する

それでは簡単なダッシュボードを作成していきます。

  • 「Dashboard」-> 「ダッシュボードの新規作成」-> 「キューブから作成」をクリックします。
  • 先ほど作成したWorkday データのキューブを選択して、ダッシュボード名を任意で入力して、OK を押します。
  • 左側にある明細パネルを右側のエリアにドラッグ&ドロップしますと、明細パネルの作成ウィンドウが表示されるので、Workday キューブから表示させる項目を選択します。
  • そのままキューブのデータが表示することができます。ドリルダウンなどを行いたい場合は、サイドメニューにある分析パネルで作成してください。

CData JDBC Driver for Workday をActionista! で使うことで、ノーコードでWorkday データをビジュアライズできました。ぜひ、30日の無償評価版 をお試しください。