Workday データをSisense でビジュアライズ

詳細情報をご希望ですか?

製品の詳細情報:

Workday 連携ソリューション


Workday にアクセスできるSisense アプリでElastiCube を作成します。

Sisense を使用すると、データを結合、分析、画像化lし、よりインテリジェントなビジネス決定を行い、効果的な戦略を作成できます。CData JDBC driver for Workday は、Sisense に簡単に統合して利用することができます。この記事では、Workday に接続するElastiCube の作成方法と、それを使用してSisense のWorkday をビジュアライズする方法を説明します。

Workday への接続を構成する

ElastiCube を作成する前に、JDBC Driver のJAR ファイル(通常はC:\Program Files\CDatat\CData JDBC Driver for Workday\lib) のインストール場所をメモするか、jar ファイル(cdata.jdbc.workday.Workday.jar) をSisense JDBC driver ディレクトリの新しいフォルダ(通常はC:\ProgramData\Sisense\DataConnectors\jdbcdrivers)にコピーします。

  1. Sisense アプリケーションの[Data]ページで、新しいElastiCube を作成します(または既存のElastiCube を開きます)。
  2. [Model Editor]で[+ Data]をクリックし、[Add Data]ダイアログボックスを開きます。
  3. [Generic JDBC]をクリックし、[JDBC settings]を開きます。
  4. [Connection String]プロパティをWorkday のJDBC URL に設定し、必要なプロパティを追加します。

    To connect, there are three pieces of information required: Authentication, API URL, and WSDL URL.

    Authentication

    To authenticate, specify your User and Password. Note that you must append your Tenant to your User separated by an '@' character. For instance, if you normally log in with 'geraldg' and your Tenant is 'mycompany_mc1', then your User should be specified as 'geraldg@mycompany_mc1'.

    API URL

    The API URL may be specified either directly via APIURL, or it may be constructed from the Tenant, Service, and Host. The APIURL is constructed in the following format: <Host>/ccx/service/<Tenant>/<Service>.

    WSDL URL

    The WSDLURL may be specified in its entirety, or may be constructed from the Service and WSDLVersion connection properties. The WSDLURL is constructed in the following format: https://community.workday.com/sites/default/files/file-hosting/productionapi/<Service>/<WSDLVersion>/<Service>.wsdl

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、Workday JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.workday.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    JDBC URL を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

    以下は一般的な例です。

    jdbc:workday:User=myuser;Password=mypassword;Tenant=mycompany_gm1;Host=https://wd3-impl-services1.workday.com
  5. JDBC JAR フォルダプロパティをCData JDBC Driver JAR ファイルの場所に設定します(上記を参照)。
  6. ドライバーのクラス名をJDBC Driver のクラス名( cdata.jdbc.workday.WorkdayDriver) に設定します。
  7. ユーザー名とパスワードのプロパティは空欄にします。
  8. [Next]をクリックします。

Workday データをElastiCube に追加する

Workday に接続すると、ElastiCubeにビューを追加できます。

  1. [Tables]リストから、and/or ビューどちらのテーブルを使用するか選択思案す。
  2. (オプション) [+]をクリックしてSQL でインポートするデータをカスタマイズします。
  3. [Done]をクリックします
  4. [Build]をクリックし、分析用のElastiCube をビルドします。

Workday データをビジュアライズ

ElastiCube をWorkday テーブルに追加することで、Workday で分析を実行できます。

  1. Sisense アプリケーションの[Analytics]ページに移動します。
  2. Dashboard を選択(または新規作成) します。
  3. Data Source を選択し、[Create]をクリックします。
  4. [+ Select Data]をクリックし、ビジュアライゼーションに追加するフィールドを選択します。

CData JDBC Driver for Workday を使用することで、Sisense でWorkday に直接アクセスしてビジュアライズと分析を行うことができます。無料の30日トライアル をダウンロードし、今すぐSisense でWorkday を使用しましょう!