QlikView でWorkday データにODBC 接続で連携してビジュアライズ

詳細情報をご希望ですか?

製品の詳細情報:

Workday 連携ソリューション


Workday を使ってQlikView でデータビジュアライゼーションを作成



CData ODBC drivers は、幅広い種類のデータソースのデータを扱うことを可能にします。この記事では、Workday に接続してQlikView でデータビジュアライゼーションを作成する簡単な手順を説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Workday データをチャートに連携

下記の手順では、SQL クエリ結果をQlikView のビジュアライゼーションに提供します。 この記事では、次のクエリを使って棒グラフを作成します:

SELECT Worker_Reference_WID, Legal_Name_Last_Name FROM Workers WHERE Legal_Name_Last_Name = 'Morgan'
  1. 接続プロパティの指定がまだの場合は、DSN (データソース名)で行います。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。一般的な接続プロパティは以下のとおりです:

    • User
    • Password
    • Tenant
    • Host

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

  2. ツールバーで[Edit Script]ボタンをクリックして接続を追加します。
  3. [Data]タブの[Database]メニューから[ODBC]を選択して[Connect]をクリックします。
  4. ダイアログが表示されたら、[DSN]を選択します。次のようなコマンドが生成されます: ODBC CONNECT TO [My DSN];
  5. [Select]をクリックして[SELECT statement]ウィザードでクエリをビルドします。あるいは、SQL コマンドを使ってクエリを直接スクリプトに入力できます。
  6. スクリプトエディタを閉じてドキュメントをリロードし、スクリプトを実行します。
  7. [Tools]>[Quick Chart Wizard]をクリックします。ウィザードでチャートの種類を選択します。この例では棒グラフを使います。
  8. [First Dimension]メニューでWorker_Reference_WID を選択します。
  9. 必要なサマリー機能をクリックし、メニューでLegal_Name_Last_Name を選択します。
  10. ウィザードを終了してチャートを生成します。