Workday データをR で分析

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Workday ODBC Driver

Workday ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなWorkday データに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにWorkday データにアクセスし、Cash Management、Compensation、Financial Management、Payroll などの読み、書き、更新を実行できます。



データビジュアライゼーション、ハイパフォーマンスな統計関数を使ってWorkday をMicrosoft R Open で分析。



Pure R スクリプトおよび 標準SQL を使ってWorkday にアクセス。CData ODBC Driver for Workday とRODBC package を使って、R でリモートWorkday を利用できます。CData Driver を使うことで、オープンソースでポピュラーなR 言語のデータにアクセスできます。この記事では、ドライバーを使ってWorkday にSQL クエリを実行する方法、およびR でWorkday をビジュアライズする方法について説明します。

R をインストール

マルチスレッドのMicrosoft R Open を実行すること、またはBLAS/LAPACK ライブラリにリンクされたオープンR を実行することによって、マルチスレッドおよびマネージドコードからドライバーのパフォーマンスにマッチできます。ここでは、Microsoft R Open 3.2.3 を使用します。CRAN レポジトリのJan. 1, 2016 snapshot からパッケージをインストールするために事前設定されています。このsnapshot は再現性を保証します。

Workday ODBC Data Source としてWorkday に連携

接続プロパティの指定がまだの場合は、まずODBC DSN (データソース名)で接続設定を行います。これはドライバーのインストール時に自動的に立ち上がります。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

To connect, there are three pieces of information required: Authentication, API URL, and WSDL URL.

Authentication

To authenticate, specify your User and Password. Note that you must append your Tenant to your User separated by an '@' character. For instance, if you normally log in with 'geraldg' and your Tenant is 'mycompany_mc1', then your User should be specified as 'geraldg@mycompany_mc1'.

API URL

The API URL may be specified either directly via APIURL, or it may be constructed from the Tenant, Service, and Host. The APIURL is constructed in the following format: <Host>/ccx/service/<Tenant>/<Service>.

WSDL URL

The WSDLURL may be specified in its entirety, or may be constructed from the Service and WSDLVersion connection properties. The WSDLURL is constructed in the following format: https://community.workday.com/sites/default/files/file-hosting/productionapi/<Service>/<WSDLVersion>/<Service>.wsdl

RODBC パッケージをロード

ドライバーを使うにはRODBC パッケージをダウンロードします。RStudio で[Tools]>[Install Packages]をクリックし、RODBC を[Packages]ボックスに入力します。

RODBC パッケージをインストールしたら、次のコードを入力してパッケージをロードします。

library(RODBC)

ODBC データソースとしてWorkday データに連携

次のコードを使ってR のDSN に接続できます:

conn <- odbcConnect("CData Workday Source")

スキーマ検出

ドライバーはWorkday API をリレーショナルデータベース、ビュー、ストアドプロシージャとしてモデル化します。次のコードを使ってテーブルリストを検出します。

sqlTables(conn)

SQL クエリの実行

sqlQuery 関数を使ってWorkday API がサポートするすべてのSQL クエリを実行します。

workers <- sqlQuery(conn, "SELECT Worker_Reference_WID, Legal_Name_Last_Name FROM Workers WHERE Legal_Name_Last_Name = 'Morgan'", believeNRows=FALSE, rows_at_time=1)

次のコマンドを使って、結果を[data viewer]ウィンドウで見ることができます。

View(workers)

Workday データをプロット

これで、CRAN レポジトリで利用可能なあらゆるデータビジュアライゼーションパッケージを使ってWorkday を分析できます。ビルトインのbar plot 関数を使って簡単なバーを作成できます:

par(las=2,ps=10,mar=c(5,15,4,2)) barplot(workers$Legal_Name_Last_Name, main="Workday Workers", names.arg = workers$Worker_Reference_WID, horiz=TRUE)