IntelliJ からxBase データに連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

xBase JDBC Driver

xBase 連携のパワフルなJava/J2EE アプリケーションを素早く作成して配布。



IntelliJ のウィザードを使用してxBase への接続を統合します。

CData JDBC Driver for xBase を使用することで、JDBC データソースとしてxBase にアクセスでき、IDE の迅速な開発ツールとの統合が可能になります。この記事では、データソース構成ウィザードを使用してIntelliJ のxBase に接続する方法を示します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

JBDC Data Source for xBase の作成

以下のステップに従ってドライバーJAR を追加し、xBase への接続に必要な接続プロパティを定義します。

  1. [Data Sources]ウィンドウで右クリックし、[Add Data Source]->[DB Data Source]と進みます。
  2. 表示される[Data Source Properties]ダイアログでは、次のプロパティが必要です。

    • JDBC Driver Files:このメニューの隣にあるボタンをクリックし、インストールディレクトリのJDBC ドライバーファイル(cdata.jdbc.xbase.jar)を追加します。
    • JDBC Driver Class:このメニューで、リストからcdata.jdbc.xbase.xBase ドライバーを選択します。
    • Database URL:JDBC URL プロパティで接続URL を入力します。URL は、jdbc:xbase: で始まり、セミコロンで区切られた接続プロパティが含まれています。

      The DataSource property must be set to the name of the folder that contains the .dbf files. Specify the IncludeFiles property to work with xBase table files having extensions that differ from .dbf. Specify multiple extensions in a comma-separated list.

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、xBase JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.xbase.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      以下は一般的なJDBC URL です。

      jdbc:xbase:DataSource=MyDBFFilesFolder;

xBase データの編集・保存

スキーマ情報を見つけるには、作成したデータソースを右クリックし、[Refresh Tables]をクリックします。 テーブルを右クリックし、[Open Tables Editor]をクリックして、テーブルをクエリします。