RazorSQL からxBase データに連携。

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

xBase JDBC Driver

xBase 連携のパワフルなJava/J2EE アプリケーションを素早く作成して配布。



データベース管理ツールのRazorSQL からGUI でウィザードとクエリからxBase データに連携する。.

CData JDBC Driver for xBase を使って、各種ツールからxBase データにアクセスすることが可能になります。本記事では、xBase データにRazorSQL のウィザードから連携利用する方法を紹介します。

xBase JDBC Data Source の設定

  1. RazorSQL アプリケーションを開いて、Connections メニューから、Add Connection Profile -> Other -> JDBC にナビゲートします。
  2. Connection Wizard で、以下を設定します:
    • Driver Location:JDBC Driver のインストールディレクトリのlib サブフォルダに設定します。
    • Driver Class: ドライバークラスを cdata.jdbc.xbase.xBaseDriver に設定します。
    • Username:ユーザー名。(ユーザー名をブランクにして、JDBC URL 内で設定することも可能です。)
    • Password:パスワード。(ユーザー名をブランクにして、JDBC URL 内で設定することも可能です。)
    • JDBC URL:接続パラメータを入力します:jdbc:xbase: から始まるJDBC URL を入力します。接続プロパティをカンマ区切りで書きます。

      The DataSource property must be set to the name of the folder that contains the .dbf files. Specify the IncludeFiles property to work with xBase table files having extensions that differ from .dbf. Specify multiple extensions in a comma-separated list.

      一般的なURL ::

      jdbc:xbase:DataSource=MyDBFFilesFolder;
  3. The DataSource property must be set to the name of the folder that contains the .dbf files. Specify the IncludeFiles property to work with xBase table files having extensions that differ from .dbf. Specify multiple extensions in a comma-separated list.

xBase からテーブルを選択してクエリを実行

接続を確立後、Wizard が閉じ、接続はコネクションパネルで接続が利用可能になります。テーブルをクエリしてみます。