DBArtisan でxBase データに連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

xBase ODBC Driver

xBase ODBC Driver は、ODBC 接続をサポートするさまざまなアプリケーションからxBase 互換データベースへの接続を実現するパワフルなツールです。

FoxPro およびClipper のようなxBase データベースに標準ODBC 接続でデータ連携。



DBArtisan のウィザードを使って、xBase をデータソースとして連携利用。

CData ODBC Driver for xBase は、DBArtisan などのデータベースツールとxBase data を連携し、RDB のような感覚でxBase データを扱えます。 本記事では、DBArtisan 上でxBase データソースを作成する方法とクエリの実行方法を説明します。

DBArtisan Project にxBase Data を連携する

ODBC Driver をインストールして、ODBC DSN 設定を行います。インストール後にDSN 設定画面が開くので、xBase への接続に必要なプロパティを設定します。

The DataSource property must be set to the name of the folder that contains the .dbf files. Specify the IncludeFiles property to work with xBase table files having extensions that differ from .dbf. Specify multiple extensions in a comma-separated list.

次の方法で、プロジェクトにxBase データソースを登録します。

  1. DBArtisan で「Data Source」->「Register Datasource」と進みます。
  2. 「Generic ODBC」を選択。
  3. データソース名を入力して、DSN を選択します。Enter a name for the data source and select the DSN.
  4. ウィザードを終了してxBase への接続を完了します。xBase のエンティティが Datasource Explorer に表示されているはずです。

これで、他のデータベースと同じようにxBase データを扱うことが可能になります。 サポートされるSQL クエリは、ドライバーのヘルプドキュメントを参照してください。