Ready to get started?

Learn more about the CData ADO.NET Provider for XML or download a free trial:

Download Now

Visual Studio でチャートコントロールと XML Dataをデータバインド

標準ADO.NET プロシージャを使ってデータバインドして、Visual Studio ツールボックスのコントロールから XML data との双方向接続を実現。この記事ではVisual Studio のグラフィカルアプローチと、ほんの数行のコードでデータバインドをする方法を説明します。

データバインドによって、UI コントロールからデータに接続できます。 CData ADO.NET Provider for XML を使って、Visual Studio 上でWindows Forms およびWeb Forms とXML data をデータバインドできます。この記事で、XML data を、ウィザードから変更をライブで反映するチャートにデータバインドする方法を説明します。 Code Walk-through セクションではチャートはほんの10行のコードで作成します。

チャートへのデータバインド

データバインドは3つのステップから構成されます;コントロールのインスタンス作成、データソースの設定、データバインドです。

接続を設定してデータベースオブジェクトを選択

下の手続きにより、データソース構成ウィザードを使ってチャートコントロールとXML との接続を作成します。ウィザード上でデータバインドをするXML エンティティを使います。

  1. Windows Forms プロジェクトでは、チャートコントロールをツールボックスからフォーム上にドラグ&ドロップします。チャートプロパティのデータセクションで DataSource を選択し、メニューからプロジェクトデータソースの追加を選択します。
  2. 出てくるデータソース構成ウィザードでデータベース -> データセットを選択します。
  3. データ接続ステップで、「新しい接続」をクリックします。
  4. データ接続の選択ダイアログで、「変更」をクリックして、CData XML データソースを選択して、接続プロパティを入力します。下は代表的な接続文字列ですです。:

    URI=C:\people.xml;DataModel=Relational;

    See the Getting Started chapter in the data provider documentation to authenticate to your data source: The data provider models XML APIs as bidirectional database tables and XML files as read-only views (local files, files stored on popular cloud services, and FTP servers). The major authentication schemes are supported, including HTTP Basic, Digest, NTLM, OAuth, and FTP. See the Getting Started chapter in the data provider documentation for authentication guides.

    After setting the URI and providing any authentication values, set DataModel to more closely match the data representation to the structure of your data.

    The DataModel property is the controlling property over how your data is represented into tables and toggles the following basic configurations.

    • Document (default): Model a top-level, document view of your XML data. The data provider returns nested elements as aggregates of data.
    • FlattenedDocuments: Implicitly join nested documents and their parents into a single table.
    • Relational: Return individual, related tables from hierarchical data. The tables contain a primary key and a foreign key that links to the parent document.

    See the Modeling XML Data chapter for more information on configuring the relational representation. You will also find the sample data used in the following examples. The data includes entries for people, the cars they own, and various maintenance services performed on those cars.

  5. 使用するデータソースオブジェクトを選択します。例は people テーブルです。

DataBind

データソースの追加とデータベースオブジェクトを選択したら、チャートにオブジェクトをバインドします。この例では、X軸に [ personal.name.first ] をY軸に [ personal.name.last ] を設定します。

  1. チャートプロパティで、Series プロパティをクリックし、Series コレクション エディター を開きます。
  2. Series プロパティでX軸、Y軸に設定するカラムを選択します:XValueMember および YValueMember プロパティにメニューからカラムを選びます。

チャートはこれでXML data にデータバインドされました。チャートを実行して最新のデータを表示させましょう。

コード Walk-through

XML data へのデータバインドはほんの数行のコードのみが必要で、3つの簡単なステップで完了できます。

  1. XML に接続します。
  2. XMLDataAdapter を作成して、クエリを作成し、結果を入れるデータセットを作成します。
  3. 結果セットとチャートをデータバインドします。

下に完全なコードを示します:

XMLConnection conn = new XMLConnection("URI=C:\people.xml;DataModel=Relational;"); XMLCommand comm = new XMLCommand("SELECT [people].[personal.age] AS age, [people].[personal.gender] AS gender, [people].[personal.name.first] AS first_name, [people].[personal.name.last] AS last_name, [vehicles].[model], FROM [people] JOIN [vehicles] ON [people].[_id] = [vehicles].[people_id]", conn); XMLDataAdapter da = new XMLDataAdapter(comm); DataSet dataset = new DataSet(); da.Fill(dataset); chart1.DataSource = dataset; chart1.Series[0].XValueMember = "[ personal.name.first ]"; chart1.Series[0].YValueMembers = "[ personal.name.last ]"; // Insert code for additional chart formatting here. chart1.DataBind();
 
 
ダウンロード