JDBC Data Source for XML との間にInformatica マッピングを作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

XML JDBC Driver

XML データストア連携のパワフルなJava アプリケーションを素早く作成して配布。



標準のJDBC 接続プロセスを使用して、Informatica でXML データオブジェクトを作成します。JAR をコピーし、接続してください。

Informatica は、データを転送・変換するための強力で立派な手段を提供します。CData JDBC Driver for XML を利用することで、Informatica の強力なデータ転送および操作機能とシームレスに統合される、業界で実証済みの標準に基づくドライバーにアクセスできます。このチュートリアルでは、Informatica PowerCenter でXML を転送および参照する方法を示します。

ドライバーをデプロイ

ドライバーをInformatica PowerCenter サーバーに展開するために、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあるCData JAR および.lic ファイルを次のフォルダにコピーします。Informatica-installation-directory\services\shared\jars\thirdparty.

Developer ツールでXML を使用するには、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあるCData JAR および.lic ファイルを次のフォルダにコピーする必要があります。

  • Informatica-installation-directory\client\externaljdbcjars
  • Informatica-installation-directory\externaljdbcjars

JDBC 接続の作成

以下のステップに従って、Informatica Developer に接続します。

  1. [Connection Explorer]ペインで[domain]を右クリックし、[Create a Connection]をクリックします。
  2. 表示される[New Database Connection]ウィザードで、接続の名前とId を入力し、[Type]メニューで[JDBC]を選択します。
  3. [JDBC Driver Class Name]のプロパティで次のコードを入力します。 cdata.jdbc.xml.XMLDriver
  4. [Connection String]プロパティでは、XML の接続プロパティを使用してJDBC URLを入力します。

    See the Getting Started chapter in the data provider documentation to authenticate to your data source: The data provider models XML APIs as bidirectional database tables and XML files as read-only views (local files, files stored on popular cloud services, and FTP servers). The major authentication schemes are supported, including HTTP Basic, Digest, NTLM, OAuth, and FTP. See the Getting Started chapter in the data provider documentation for authentication guides.

    After setting the URI and providing any authentication values, set DataModel to more closely match the data representation to the structure of your data.

    The DataModel property is the controlling property over how your data is represented into tables and toggles the following basic configurations.

    • Document (default): Model a top-level, document view of your XML data. The data provider returns nested elements as aggregates of data.
    • FlattenedDocuments: Implicitly join nested documents and their parents into a single table.
    • Relational: Return individual, related tables from hierarchical data. The tables contain a primary key and a foreign key that links to the parent document.

    See the Modeling XML Data chapter for more information on configuring the relational representation. You will also find the sample data used in the following examples. The data includes entries for people, the cars they own, and various maintenance services performed on those cars.

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、XML JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.xml.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    以下は一般的な接続文字列です。

    jdbc:xml:URI=C:\people.xml;DataModel=Relational;

XML テーブルを参照

ドライバーJAR をクラスパスに追加してJDBC 接続を作成すると、Informatica のXML エンティティにアクセスできるようになります。以下のステップに従ってXML に接続し、XML テーブルを参照します。

  1. リポジトリに接続します。
  2. [Connection Explorer]で、[connection]を右クリックし、[Connect]をクリックします。
  3. [Show Default Schema Only]オプションをクリアします。

以下より、[Data Viewer]でXML テーブルを参照できるようになります。テーブルの[node]を右クリックし、[Open]をクリックします。[Data Viewer]で[Run]をクリックします。

XML データオブジェクトの作成

以下のステップに従って、プロジェクトにXML テーブルを追加します。

  1. XML でテーブルを選択し、右クリックして[Add to Project]をクリックします。
  2. 表示されるダイアログでリソースごとにデータオブジェクトを作成するオプションを選択します。
  3. [Select Location]ダイアログで、プロジェクトを選択します。

    マッピングの作成

    以下のステップに従って、マッピングにXML ソースを追加します。

    1. [Object Explorer]でプロジェクトを右クリックし、[New]->[Mapping]と進みます。
    2. XML 接続のノードを展開し、テーブルのデータオブジェクトをエディターにドラッグします。.
    3. 表示されるダイアログで、[Read]オプションを選択します。

    以下のステップに従って、XML カラムをフラットファイルにマッピングします。

    1. [Object Explorer]でプロジェクトを右クリックし、[New]->[Data Object]と進みます。
    2. [Flat File Data Object]->[Create as Empty]->[Fixed Width]と選択していきます。
    3. XML オブジェクトのプロパティで必要な行を選択して右クリックし、[copy]をクリックします。行をフラットファイルのプロパティにペーストします。
    4. フラットファイルのデータオブジェクトをマッピングにドラッグします。
    5. 表示されるダイアログで、[Write]オプションを選択します。
    6. クリックしてドラッグすることで、列を接続します。

    XML を転送するために、ワークスペースで右クリックし、[Run Mapping]をクリックします。