Ready to get started?

Learn more about the CData ODBC Driver for XML or download a free trial:

Download Now

Crystal Reports でXML Data を使った帳票を作成

レポート作成ウィザードを使って、最新のXML data データを使った帳票を作成。



Crystal Reports には、ODBC 標準向けのサポートが組み込まれています。CData ODBC Driver for XML は、Crystal Reports でレポート作成ウィザードやその他のツールを使ってXML data へのアクセスを可能にします。この記事では、XML data の機能を持つシンプルな帳票を作成する方法を説明します。

XML Data に接続

下記の手順に従って、レポート作成ウィザードを使ってXML 接続を作成します。

  1. 接続プロパティの指定がまだの場合は、DSN (データソース名)で行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。一般的な接続プロパティは以下のとおりです:

    • URI
    • DataModel

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

    See the Getting Started chapter in the data provider documentation to authenticate to your data source: The data provider models XML APIs as bidirectional database tables and XML files as read-only views (local files, files stored on popular cloud services, and FTP servers). The major authentication schemes are supported, including HTTP Basic, Digest, NTLM, OAuth, and FTP. See the Getting Started chapter in the data provider documentation for authentication guides.

    After setting the URI and providing any authentication values, set DataModel to more closely match the data representation to the structure of your data.

    The DataModel property is the controlling property over how your data is represented into tables and toggles the following basic configurations.

    • Document (default): Model a top-level, document view of your XML data. The data provider returns nested elements as aggregates of data.
    • FlattenedDocuments: Implicitly join nested documents and their parents into a single table.
    • Relational: Return individual, related tables from hierarchical data. The tables contain a primary key and a foreign key that links to the parent document.

    See the Modeling XML Data chapter for more information on configuring the relational representation. You will also find the sample data used in the following examples. The data includes entries for people, the cars they own, and various maintenance services performed on those cars.

  2. 新しい帳票で、[Create New Connection]>[ODBC]をクリックします。

  3. ウィザードが表示されたら[Select Data Source]をクリックし、[Data Source Name]メニューでDSN を選択します。

帳票をデザイン

ODBC 接続をXML に追加したら、レポート作成ウィザードを使ってXML data を帳票に追加できます。

  1. 帳票に必要なテーブルやフィールドを選択して、データソースを設定します。この例では、people テーブルの[ personal.name.first ] および[ personal.name.last ] カラムを使います。

  2. チャートの種類を設定。 例えば、[ personal.name.last ] を[ personal.name.first ] で表すシンプルなチャートを作成します。 ウィザードを完了すると、Crystal Reports はXML data に実行されるSQL クエリをビルドします。ドライバーは、ライブXML data に対してクエリを実行します。

  3. 必要に応じて、ほかのフィルタやレポートテンプレートを設定します。
  4. データのインポートが終わったら、レポートフィールドをサマライズもしくはソートするチャートやレポートオブジェクトを作成できます。[Insert]>[Chart]をクリックして、チャートエキスパートを開きます。Total [ personal.name.last ] by [ personal.name.first ] を表すグラフを作成するには、[ personal.name.first ] を[On Change Of]メニューセレクションの下のボックスに追加してから[ personal.name.last ] を[Show Values]の下のボックスに追加します。

完成した帳票をプレビューして、チャートにデータが入っていることを確認します。Null 値を取り除きたい場合は、SelectionFormula を使います。

 
 
ダウンロード