MySQL Workbench でXML データをクエリ

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

XML ODBC Driver

XML ODBC Driver は、ODBC 接続をサポートする様々なアプリケーションからXML データストアへの接続を実現するパワフルなツールです.

標準データベースにアクセスするときと同感覚でXML データにアクセスし、標準ODBC Driver インターフェースを通じて読み出し、書き込み、更新が可能に。



MySQL Workbench からライブXML データにMySQL クエリを実行します。

ODBC Driver for XML からSQL Gateway を使用し、MySQL インターフェースを介してXML にクエリを実行できます。以下のステップに従って、SQL Gateway のMySQL リモーティングサービスを開始し、MySQL Workbench でライブXML を操作します。

XML データへの接続

未指定の場合は、データソース名(DSN)で必要な接続プロパティの値を指定します。DSN を構成するために、ビルトインのMicrosoft ODBC Data Source Administrator を使用できます。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターでDSN を作成及び設定する方法については、ヘルプドキュメントの[はじめに]チャプターを参照してください。

See the Getting Started chapter in the data provider documentation to authenticate to your data source: The data provider models XML APIs as bidirectional database tables and XML files as read-only views (local files, files stored on popular cloud services, and FTP servers). The major authentication schemes are supported, including HTTP Basic, Digest, NTLM, OAuth, and FTP. See the Getting Started chapter in the data provider documentation for authentication guides.

After setting the URI and providing any authentication values, set DataModel to more closely match the data representation to the structure of your data.

The DataModel property is the controlling property over how your data is represented into tables and toggles the following basic configurations.

  • Document (default): Model a top-level, document view of your XML data. The data provider returns nested elements as aggregates of data.
  • FlattenedDocuments: Implicitly join nested documents and their parents into a single table.
  • Relational: Return individual, related tables from hierarchical data. The tables contain a primary key and a foreign key that links to the parent document.

See the Modeling XML Data chapter for more information on configuring the relational representation. You will also find the sample data used in the following examples. The data includes entries for people, the cars they own, and various maintenance services performed on those cars.

SQL Gateway を構成する

XML への接続を仮想MySQL データベースとして設定するには、SQL Gateway Overview を参照してください。クライアントからのMySQL 要求を受けるMySQL リモートサービスを構成します。このサービスは、SQL Gateway UI で構成できます。

MySQL Workbench からXML をクエリ

以下のステップでは、MySQL Workbench からSQL Gateway で作成された仮想XML データベースに接続し、ライブXML データを操作するための基本的なクエリを発行する方法を説明します。

SQL Gateway を介してXML に接続

  1. MySQL Workbench で、[add a new MySQL connection]をクリックします。
  2. 接続(CData SQL Gateway for XML)に名前を付けます。
  3. HostnamePortUsername のパラメータを設定し、SQL Gateway に接続します。
  4. Store in Vault をクリックしてパスワードを設定し、保存します。
  5. Test Connection をクリックして接続が正しく構成されていることを確認し、OK をクリックします。

XML データをクエリ

  1. 作成した接続(CData SQL Gateway for XML)を開きます。
  2. [File]->[New Query Tab]と進みます。
  3. SELECT * FROM `CData XML Sys`.people; のようなXML データを取得するSQL クエリを記述します。

MySQL Workbench からライブXML データにアクセスすることで、MySQL データベースと同じようにXML をクエリおよび更新できます。CData ODBC Driver for XML とCData SQL Gateway の30日間無料トライアルはこちらです。