XML データをMySQL にレプリケーションするPowerShell スクリプト

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

XML Cmdlets

PowerShell Cmdlets は、XML へのリアルタイム連携機能を提供します。Cmdlets を使って、データに直接連携し、読み書き更新をDB と同感覚で行うことができます。



PowerShell でシンプルなスクリプトを記述し、XML data をMySQL データベースにレプリケーション(複製)。

CData Cmdlets for XML をつかって、PowerShell からリアルタイムXML data に連携できます。データ同期などのタスクの連携にぴったりの製品です。 本記事では、PowerShell からCData Cmdlets for XML およびCData Cmdlets for MySQL を使って、同期スクリプトを作成して実行します。

まずは、PowerShell でXML への接続を行います。レプリケーションは4つのステップがあります。

See the Getting Started chapter in the data provider documentation to authenticate to your data source: The data provider models XML APIs as bidirectional database tables and XML files as read-only views (local files, files stored on popular cloud services, and FTP servers). The major authentication schemes are supported, including HTTP Basic, Digest, NTLM, OAuth, and FTP. See the Getting Started chapter in the data provider documentation for authentication guides.

After setting the URI and providing any authentication values, set DataModel to more closely match the data representation to the structure of your data.

The DataModel property is the controlling property over how your data is represented into tables and toggles the following basic configurations.

  • Document (default): Model a top-level, document view of your XML data. The data provider returns nested elements as aggregates of data.
  • FlattenedDocuments: Implicitly join nested documents and their parents into a single table.
  • Relational: Return individual, related tables from hierarchical data. The tables contain a primary key and a foreign key that links to the parent document.

See the Modeling XML Data chapter for more information on configuring the relational representation. You will also find the sample data used in the following examples. The data includes entries for people, the cars they own, and various maintenance services performed on those cars.

XML データの取得

  1. モジュールのインストール:

    Install-Module XMLCmdlets
  2. XML への接続:

    $xml = Connect-XML -URI $URI -DataModel $DataModel
  3. 取得ターゲットのリソースの取得:

    $data = Select-XML -Connection $xml -Table "people"

    Invoke-XML cmdlet を使って、SQL-92 クエリを使用することもできます:

    $data = Invoke-XML -Connection $xml -Query 'SELECT * FROM people WHERE [ personal.name.last ] = @[ personal.name.last ]' -Params @{'@[ personal.name.last ]'='Roberts'}
  4. 戻り値からカラム名のリストを保存します。

    $columns = ($data | Get-Member -MemberType NoteProperty | Select-Object -Property Name).Name

XML データをMySQL データベースに入れます

カラム名を指定できるようにして、データをMySQL データベースにレプリケーションします。

  1. モジュールのインストール:

    Install-Module MySQLCmdlets
  2. MySQL DB に、MySQL Server 名、ユーザー、パスワード、レプリケーション先のデータベース名を指定して、接続します:

    $mysql = Connect-MySQL -User $User -Password $Password -Database $Database -Server $Server -Port $Port
  3. XML、保存された値、そしてAdd-MySQL Cmdlet を使って、MySQL にデータを1レコードずつ挿入します。この例では、MySQL 側のテーブルは、XML のリソース(people)と同じテーブル名を持っている必要があります。

    $data | % { $row = $_ $values = @() $columns | % { $col = $_ $values += $row.$($col) } Add-MySQL -Connection $mysql -Table "people" -Columns $columns -Values $values }

これで、XML データをMySQL に複製できました。これで、分析、BI などでXML データをMySQL から使うことができるようになります。

Notes

  • 一度PowerShell でXML とMySQL に接続したら、次からは1行のコマンドでレプリケーションを実施できます:

    Select-XML -Connection $xml -Table "people" | % { $row = $_ $values = @() $columns | % { $col = $_ $values += $row.$($col) } Add-MySQL -Connection $mysql -Table "people" -Columns $columns -Values $values }
  • 別のPowerShell モジュールで、XML を別のデータベースに複製する場合、Select-XML cmdlet のデータから、カラム、接続およびテーブルを除外する方がいいでしょう。これらのデータは、CData cmdlet からデータを移動する際にのみ必要なものだからです。:

    $columns = ($data | Get-Member -MemberType NoteProperty | Select-Object -Property Name).Name | ? {$_ -NotIn @('Columns','Connection','Table')}