2020-04-06T18:34:54+00:00

多様なAPI へのデータ連携を実現する新製品CData API Driver と75 の事前定義Profiles をリリース

~増加するAPI とBI、ETL、iPaaS、DWH を連携するラスト1マイルを解決~

2020年2月26日、CData Software Japan 合同会社(本社:アメリカノースカロライナ州、日本オフィス:宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介)は、多くのAPI にノーコードでのデータ連携を実現する新製品「CData API Driver」をリリースしました。CData API Driver は、事前定義されたスキーマファイルであるAPI Profiles を組み込むことで多くのAPI にBI、ETL/EAI、iPaaS、ワークフロー、DB などからのシームレスなデータ連携を実現します。今回のリリースでは、Zoom、SpaceX、Streak など75を超える事前定義API Profiles を同時公開しました。

CData Software では、国内のSaaS 向けに広くパートナーシップを募り、無償でAPI Profiles を開発してAPI エコノミーの拡張をサポートします。1年で日本だけで50を超えるProfiles を提供する予定です。

CData API Driver詳細

背景

企業で利用するSaaS API、クラウドサービスのAPI、社内のマイクロサービスのAPI の種類は増加しています。データの利用先であるBI、アナリティクス、ETL/EAI、iPaaS、DWH と仕様の異なるAPI のラスト1マイルをつなぐことが企業のデータ連携の大きな課題となっています。今般、利用可能なAPI を大幅に拡充するために「汎用のAPI Driver と組み替えて使える事前定義API Profiles」という新しい製品をリリースしました。

CData API Driver 概要

従来のCData Drivers は、Salesforce やkintone など個々のAPI 毎に異なるドライバーを提供していましたが、API Driver では、同じ汎用のドライバーに接続するAPI ごとの事前定義API Profile を読み込ませることが可能になっています。

パートナーシップ連絡先

SaaS ベンダーで、CData によるAPI Profiles の無償開発にご関心のある方は以下までご連絡ください:CData Software Japan マーケティング marketing@cdata.co.jp

Technical Articles:

ドライバーを統合して利用できるツール例

API Driver は、以下の100を超える国内外のツールで利用が可能です:

  • BI:Alteryx、Amazon QuickSight、Aqua Data Studio、Birst、BIRT、Clear Analytics、Excel、DBxtra、Domo、Dundas BI、Google Data Studio、IBM Cognos、Jasper、KNIME、LINQPad、MotionBoard、Power BI、SSAS、MicroStrategy、OBIEE、Pentaho、Qlik、R、RapidMiner、SAP Business Objects、Crystal Reports、SAP Lumira、Sisense、SpagoBI、Tableau、TIBCO Spotfire、Visio
  • ETL/EAI 、DWH、Replication: Amazon Redshift、 Amazon S3、ASTERIA Warp、Cassandra、Apache Nifi、AWS Glue、BIML、Clover ETL、CSV、DB2、FoxPro、Google Cloud SQL、Heroku / Salesforce Connect、Informatica、Jaspersoft ETL、Magic xpi、Microsoft Access、Microsoft Azure Tables、MongoDB、MySQL、Oracle Data Integrator、Oracle DB、PostgreSQL、RACCOON、Snowflake、SQL Server、SQLite、Talend、Waha! Transformer
  • データマネジメント: DBeaver、DbVisualizer、DBArtisan、Informatica Enterprise Data Catalog、RazorSQL、SQuirreL
  • ワークフロー&プロセス自動化: BizTalk、Microsoft Flow、Microsoft PowerApps、MuleSoft Anypoint、RunMyProcess、SSIS
  • Office ツール/グループウェア/ワークフロー: Access、 Excel、 Word、 SharePoint 他
  • IDE & アプリ開発: Visual Studio、AngularJS、Apache Spark、Azure Logic Apps、ColdFusion、Entity Framework、Google Apps Script、Hibernate、IntelliJ、JBoss、JDBI、JRuby、NodeJS、PHP、PowerShell、PowerBuilder、PyCharm、Ruby、SAP UI5、Tomcat、RAD Studio、WebLogic、HOIPOI、Wagby、FileMaker
  • データ仮想化: Access リンクテーブル、MySQL Federated Tables、Oracle DB Link、PowergreSQL FDW、Salesforce Connect、SharePoint External List、SQL Server リンクサーバー、SQL Server PolyBase

CData Software について

CData Software, Inc. は、See the World as a Database をミッションに、データ接続および連携ソリューションを提供しています。ドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、お客様のオンプレミスおよびクラウドアプリケーション、データベース、Web API へのリアルタイム接続を実現いたします。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

製品・サービスに関するお問い合わせ先

CData Software Japan 合同会社   担当:兵藤
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1-6-27 仙信ビル
会社ウェブサイト:https://www.cdata.co.jp
TEL:050-5578-7390  E-mail:press@cdata.co.jp


 
 
ダウンロード