データコネクティビティとローコード / ノーコード開発 - Accelerated Strategies のレポート

IT 企業はかつてない速度でカスタムアプリケーションを開発する必要に迫られており、その解決手段としてビジネスユーザーがセルフサービスで、カスタムアプリケーションを模型のように「組み立てる」ことが可能なローコード / ノーコード開発に注目しています。しかし、「シチズンデベロッパー」を養成するという目標は完全には達成されていません。バックエンドシステム、データベース、ウェブサービス、API 間の連携が目標を阻む要因となっています。綿密な連携計画がなければ、企業はIT と開発者による連携機能の実装に阻まれ続けることになります。詳しくは、無料の本レポートをご覧ください。



ASG のレポートを入手

Accelerated Strategies Group (ASG) は、チームがどの程度うまくセルフサービスでの連携にローコード・ノーコード開発ツールを活用できているのかを理解するため、企業の調査を行いました。調査結果は明らかで、企業がローコード・ノーコードツールを使うには、外部のデータ連携機能や同時運用に関するトレーニングを受ける必要があります。AGS のレポートをダウンロードすれば、ローコード・ノーコード開発の全容を把握できます。レポートでは次の結果が指摘されています。

  • ローコード・ノーコードの現状
  • ローコード・ノーコードを誰が、どんな製品を、どこで使用しているのか
  • ローコード・ノーコードにおける外部データ接続の必要性
  • ビジネス部門の社員を開発者に育てる技術
  • ローコード・ノーコードに関するASG の見解


レポートをダウンロードするには、次のフォームを入力してください。


資料をダウンロード




Phone
Email
Text