DX はコネクティビティからはじまる

DX の実現には、第一歩として「データを収集し分析する」、「プロセスを自動化する」などデータの活用が必須です。しかし企業では業務データが複数のSaaS、オンプレミスのデータベース、クラウドのデータベースやストレージに分散してしまい、サイロ化しています。CData はこれまでのシステム資産をそのままに、お好みのツールに「各種SaaS やクラウドDB に接続する機能=コネクティビティ」だけを提供します。



データ連携の最初のプロセスは「つなぐこと=コネクティビティ」

データ活用は「つなぐこと=コネクティビティ」からはじまります。CData は、データ接続をクラウドサービスにし、より身近なものにしました。シームレスなデータ接続を手に入れることで、開発者は分析やプロセス開発といった業務の中核への注力を導きます。

  • SaaS - API 連携の課題
  • CData によるコネクティビティの提供
  • CData Connect Cloud 活用方法の紹介


ウェビナーを視聴

Phone
Email
Text