Tag: api



  • RapidMinerでSalesforceの取引先データをk-Means法を使ってクラスタリングしてみた

    by CData Software Japan | November 28, 2019

    はじめに RapidMiner は、ノーコード でデータ加工から可視化、モデル作成、その評価・運用まで一つのプラットフォームで行うことができる統合データサイエンスプラットフォームです。RipidMinerは、データソースとして、 JDBC ドライバが利用できるので、本記事では、 CData JDBC Driver for Salesforce を使って、 Salesforce 内に蓄積されている取引先(Account)データをRapidMinerにインポートして クラスタリング 分析を行う手順をご紹介します。 前提 本記事は以下の環境で確認しました。 MacOS での確認と... [read more]


  • なぜデータ連携ツールに「安定的稼働」よりも「接続先の多様さ・アダプタの種類の多さ」が求められてきているのか?

    by CData Software Japan | November 05, 2019

    こんにちは。CDataリードエンジニアの杉本です。本日はちょっと面白い記事を見かけたので紹介したいと思います。 日経BPコンサルティング にて、毎年公開されている「データ連携に関するアンケート調査」という記事です。 consult.nikkeibp.co.jp データ連携ツール、 EAI ・ETL( ELT )、今ならiPaaSの分野も含まれるかと思いますが、それらのツールに対して、日本のユーザーの導入状況はどうなのか? 必要性や、何に魅力を感じて製品を選択しているのか? というレポートです。 「データ連携ツールの必要性を感じている企業」が2018年から2019年にかけて、... [read more]


  • AWSとCDataで実現するスケーラブルなWebAPIサーバーの構築手順

    by 庄司 里菜 | July 03, 2018

    はじめに CData API Server (以下、APIServer)は、ポイント&クリック操作だけで超高速にMySQLやSQLServerなどのデータベースからWebAPIを自動生成出来る製品です。本製品は、オンプレのサーバー環境やAWS、Azureや、Herokuなどのクラウド環境にデプロイして利用することが出来ます。本記事では、ローカルマシンで設定したCData API ServerをAWSのEC2環境へデプロイして、オートスケーリングの設定を行ったスケーラブルなWebAPIサーバー環境の構築手順と留意点についてご紹介します。 構成イメージ 本手順で構築するシステム構成は、以下の通り... [read more]


  • LINEメッセージをkintoneに記録するMicrosoftFlowを用いたサーバーレスアプリケーションの作成

    by 庄司 里菜 | June 13, 2018

    はじめに 概要 本記事では、LINEアプリから送信したメッセージをLINE MessasingAPI経由でkintoneに記録する処理をMicrosoft Flowで作成する手順をご紹介します。この手順を応用することでLINEアプリを登録UI、kintoneをWebデータベースとしたサーバーレスアーキテクチャのアプリケーションを作成することができます。 利用イメージ 構成図 使用アプリ・サービス ・ LINEアプリ ・ LINE Messaging API ・ Microsoft Flow ・ kintone 参照APIリファレンス ・ kintone REST API ・ LINE Mes... [read more]


  • ExcelマクロでTwitterにツイートしてみた

    by 庄司 里菜 | May 29, 2018

    はじめに 概要 本記事では、Excelのマクロを使ってExcelシート内の文章をTwitterにツイートする方法についてご紹介します。本サンプルプログラムを応用することで、Twitterの企業アカウントを管理している方が、日々Tweetする内容をExcelファイルで管理してExcelファイルからボタンひとつでTweetすることを想定しています。 前提として必要なアプリ- サービス Twitter アカウント Excel 2016 ※2013以上で利用可能 CData Excel Add-In for Twitter ※30日間利用可能な無償評価版あり 利用イメージ Excelファイル内のボタ... [read more]


 
 
ダウンロード