The Long Tail あなたのAPI 用ドライバー

あらゆるアプリケーション、データベース、WebAPI のライブデータにBI、帳票、およびETL ツールを接続。

 

あなたのAPI のための新しいドライバーを開発しましょう。

あなたのAPI 利用を向上させて、開発者ではない人にまで利用を拡大させませんか?CData API ドライバーを使えば、CData が内部で利用している新規ドライバー開発フレームワークを活用して、あなたのAPI ドライバーを通常の数分の一の開発期間で開発できます。

ドライバー開発は難しくありません。CData API ドライバーには、あなたの製品が新しいユーザーを獲得するためにあなたのAPI 用の標準ドライバーを開発するのに必要なものすべてが入っています。軽量のAPI Driver Profile を実現し、顧客はODBC、JDBC、ADO.NET、SSIS、BizTalk、Excel、etc. を通じて、あなたのAPIデータにアクセスできるようになります。




あらゆるデータソースにBI、帳票、ETL ツールを接続


API ドライバーは、CData の使いやすいドライバーおよびプロバイダー技術をあなたのAPI や今はサポートされていないドライバーに与えます。API ドライバーを使って、API やデータソースにバーチャルにアクセスする拡張性の高いDriver Profile を活かして、標準フレームワーク(ODBC、JDBC、ADO.NET、BizTalk、SSIS、etc.)向けドライバーを開発できます。

API ドライバーの利用は簡単です。API ドライバーテクノロジー (ODBC、JDBC、ADO.NET、etc.) をインストールします。標準的なデータベースに接続するときと同じように、お好みのBI、帳票、もしくはアナリティクスツールとAPI ドライバーを接続します。そしてAPI ドライバーのコネクションストリングのパラメータを通じて、データソース(Data Profile)を選択するだけです。


ドライバーを作成して、プラットフォームアクセス性を高めましょう



あなたのWebAPI やアプリケーションインターフェースを使った開発をしてほしいとは思いませんか?API ドライバーはドライバー開発のためのシンプルなやり方を示してくれるオープンで拡張性の高いインターフェースを提供します。さらに、内包されているDriver Profile はオープンで、ドライバー開発者はすでにあるドライバーソースの接続機能を変更・拡張することができます。

API ドライバーのフレキシブルなアーキテクチャを使って、Driver Profile を開発し、ODBC、JDBC、ADO.NET、BizTalk、SQL SSIS を通じてデータにアクセスする、もしくはExcel Add-In から直接データにアクセスすることができます。

API ドライバー テクノロジー


API ドライバーは、CData のドライバーを開発する際に利用している開発プラットフォームを使って開発されています。これによりデータ統合のパワフルな機能にアクセスできます:

  • ODBC 標準準拠: ODBC 3.8に準拠したネイティブプロトコルベースドライバー。
  • 32ビットと64ビットをサポート: 32ビットと64ビットアプリケーション、およびUnicode ODBC API をサポート。
  • 互換性認証済み*: CData ドライバーは広範囲な水準のテストを行っているほか、Tableau、Microsoft Excel などの業界トップクラスのアナリティクス・帳票ツールから互換性認証を受けています。
    * こちらから ナレッジベース how-to 記事をご覧ください。
  • ODBC リモーティング: CData のリモーティング機能を使って、異なるプラットフォーム(Java、.NET、C++、PHP、Python、etc.)のさまざまなクライアントからの接続(ODBC、JDBC など)が可能なODBC 接続をホストすることができます。ODBC リモーティングにより、MySQL ワイヤプロトコルサーバーが利用できます。
  • レプリケーションとキャッシング: CData のレプリケーションやキャッシングコマンドにより、簡単にローカルおよびクラウドデータストア(Oracle、SQL Server、Google Cloud SQL、etc.)へのデータのコピーができます。レプリケーションコマンドはインテリジェントな差分更新によるデータのキャッシュを行う機能を備えています。
  • 文字列型、日付型、数値型のSQL 関数群: CData ドライバーは50以上の関数ライブラリを持ち、カラムと出力フォーマットを操作します。代表的な例では正規表現、JSON、およびXML 処理機能があります。
  • コラボラティブクエリ処理: CData ドライバーはクライアント側における追加処理を実現することにより、接続するデータソースの機能を高め、SUM、AVG、MAX、MIN などの分析集計を可能にします。
  • カスタマイズや設定が容易: ODBC ドライバーのデータモデルはテーブル / カラムの追加や削除、データ型の変更などのカスタマイズが簡単に行えます。追加ビルドは不要です。カスタマイズは、human-readable スキーマを使ってランタイムで編集ができます。
  • セキュアな接続: すべてのクライアント - サーバー間接続において、TLS / SSL データ暗号化などのエンタープライズレベルのセキュリティ機能が備わっています。
  • Pure Java タイプ 4/5* 準拠のドライバー: Java アーキテクチャ完全準拠で、クライアント側のc現します。
    * CData ドライバーはタイプ5ドライバーの定義を満たします(正式にはJDBCは4タイプ)。
  • All-In-One 配布: JDBC 3.0、JDBC 4.0要件、およびJVM 1.5版を満たすシングルJAR。
  • 互換性認証済み*: CData ドライバーは広範囲な水準のテストを行っているほか、SAP Crystal Reports、Pentaho、Business Objects、Crystal Reports などの業界トップクラスのアナリティクス・帳票ツールから互換性認証を受けています。
    * こちらから ナレッジベース how-to 記事をご覧ください。
  • 開発者にやさしい: clipse、IntelliJ、NetBeans などの主要なJava IDE をデザインタイムでサポート。
  • JDBC リモーティング: CData のリモーティング機能を使って、異なるプラットフォーム(Java、.NET、C++、PHP、Python、etc.)のさまざまなクライアントからの接続(ODBC、JDBC など)が可能なJDBC 接続をホストすることができます。JDBC リモーティングにより、MySQL ワイヤプロトコルサーバーが利用できます。
  • レプリケーションとキャッシング: CData のレプリケーションやキャッシングコマンドにより、簡単にローカルおよびクラウドデータストア(Oracle、SQL Server、Google Cloud SQL、etc.)へのデータのコピーができます。レプリケーションコマンドはインテリジェントな差分更新によるデータのキャッシュを行う機能を備えています。
  • 文字列型、日付型、数値型のSQL 関数群: CData ドライバーは50以上の関数ライブラリを持ち、カラムと出力フォーマットを操作します。代表的な例では正規表現、JSON、およびXML 処理機能があります。
  • コラボラティブクエリ処理: CData ドライバーはクライアント側における追加処理を実現することにより、接続するデータソースの機能を高め、SUM、AVG、MAX、MIN などの分析集計を可能にします。
  • カスタマイズや設定が容易: JDBC ドライバーのデータモデルはテーブル / カラムの追加や削除、データ型の変更などのカスタマイズが簡単に行えます。追加ビルドは不要です。カスタマイズは、human-readable スキーマを使ってランタイムで編集ができます。
  • セキュアな接続: すべてのクライアント - サーバー間接続において、TLS / SSL データ暗号化などのエンタープライズレベルのセキュリティ機能が備わっています。
  • Integration Services: Microsoft SQL Server Integration Services (SSIS) (2005, 2008, 2012, & 2014) をサポート。
  • シンプルなData Workflow: SQL SSIS Visual Studio .NET 環境および Microsoft Business Intelligence Development Studio のデザインタイムに完全統合。
  • 使いやすい: Drop in Task は追加の開発が不要で、配布も容易です。
  • .NET 完全準拠: .NET Framework 2.0 以上をサポートする.NET 標準100% 準拠。
  • レプリケーションとキャッシング: CData のレプリケーションやキャッシングコマンドにより、簡単にローカルおよびクラウドデータストア(Oracle、SQL Server、Google Cloud SQL、etc.)へのデータのコピーができます。レプリケーションコマンドはインテリジェントな差分更新によるデータのキャッシュを行う機能を備えています。
  • 文字列型、日付型、数値型のSQL 関数群: コンポーネントは50以上の関数ライブラリを持ち、カラムと出力フォーマットを操作します。代表的な例では正規表現、JSON、およびXML 処理機能があります。
  • コラボラティブクエリ処理: コンポーネントはクライアント側における追加処理を実現することにより、接続するデータソースの機能を高め、SUM、AVG、MAX、MIN などの分析集計を可能にします。
  • カスタマイズや設定が容易: コンポーネントのデータモデルはテーブル / カラムの追加や削除、データ型の変更などのカスタマイズが簡単に行えます。追加ビルドは不要です。カスタマイズは、human-readable スキーマを使ってランタイムで編集ができます。
  • セキュアな接続: すべてのクライアント - サーバー間接続において、TLS / SSL データ暗号化などのエンタープライズレベルのセキュリティ機能が備わっています。
  • .NET 完全準拠: .NET Framework 2.0 以上をサポートする.NET 標準100% 準拠。
  • 開発者にやさしい: Visual Studio 全バージョンへのシームレスな統合。
  • パワフルなADO.NET 機能: ADO.NET Entity Framework (EF 5 & 6)、ADO.NET 2.0、LINQ to Datasets をサポート。
  • レプリケーションとキャッシング: CData のレプリケーションやキャッシングコマンドにより、簡単にローカルおよびクラウドデータストア(Oracle、SQL Server、Google Cloud SQL、etc.)へのデータのコピーができます。レプリケーションコマンドはインテリジェントな差分更新によるデータのキャッシュを行う機能を備えています。
  • 文字列型、日付型、数値型のSQL 関数群: CData ドライバーは50以上の関数ライブラリを持ち、カラムと出力フォーマットを操作します。代表的な例では正規表現、JSON、およびXML 処理機能があります。
  • コラボラティブクエリ処理: CData ドライバーはクライアント側における追加処理を実現することにより、接続するデータソースの機能を高め、SUM、AVG、MAX、MIN などの分析集計を可能にします。
  • カスタマイズや設定が容易: ADO.NET プロバイダーのデータモデルはテーブル / カラムの追加や削除、データ型の変更などのカスタマイズが簡単に行えます。追加ビルドは不要です。カスタマイズは、human-readable スキーマを使ってランタイムで編集ができます。
  • セキュアな接続: すべてのクライアント - サーバー間接続において、TLS / SSL データ暗号化などのエンタープライズレベルのセキュリティ機能が備わっています。
  • BizTalk Server 認証済み: CData のアダプターは、Unisys 社が運営するMicrosoft for BizTalk Server のアダプタープログラムを取得しています。Microsoft BizTalk Server でのスケーラビリティと相互運用性はテスト済み。
  • シンプルなデータオーケストレーション: BizTalk Server's Visual Studio .NET 環境のデザインタイムに完全統合。
  • .NET 完全準拠: .NET Framework 2.0 以上をサポートする.NET 標準100% 準拠。
  • レプリケーションとキャッシング: CData のレプリケーションやキャッシングコマンドにより、簡単にローカルおよびクラウドデータストア(Oracle、SQL Server、Google Cloud SQL、etc.)へのデータのコピーができます。レプリケーションコマンドはインテリジェントな差分更新によるデータのキャッシュを行う機能を備えています。
  • 文字列型、日付型、数値型のSQL 関数群: アダプターは50以上の関数ライブラリを持ち、カラムと出力フォーマットを操作します。代表的な例では正規表現、JSON、およびXML 処理機能があります。
  • コラボラティブクエリ処理: アダプターはクライアント側における追加処理を実現することにより、接続するデータソースの機能を高め、SUM、AVG、MAX、MIN などの分析集計を可能にします。
  • カスタマイズや設定が容易: アダプターのデータモデルはテーブル / カラムの追加や削除、データ型の変更などのカスタマイズが簡単に行えます。追加ビルドは不要です。カスタマイズは、human-readable スキーマを使ってランタイムで編集ができます。
  • セキュアな接続: すべてのクライアント - サーバー間接続において、TLS / SSL データ暗号化などのエンタープライズレベルのセキュリティ機能が備わっています。
  • 使いやすい: Excel ツールバーへの統合により、簡単にデータにアクセスしone-click でアップデートが可能。
  • 双方間アクセス: Excel からリモートデータにアクセスし、データ変更を行い、元のデータソースに変更を反映できます。
  • PowerPivot サポート: Microsoft PowerPivot BI プラグインでパワフルなデータ分析を実施。
  • 文字列型、日付型、数値型のSQL 関数群: CData Add-In は50以上の関数ライブラリを持ち、カラムと出力フォーマットを操作します。代表的な例では正規表現、JSON、およびXML 処理機能があります。
  • コラボラティブクエリ処理: CData Add-In はクライアント側における追加処理を実現することにより、接続するデータソースの機能を高め、SUM、AVG、MAX、MIN などの分析集計を可能にします。
  • カスタマイズや設定が容易: CData Add-In のデータモデルはテーブル / カラムの追加や削除、データ型の変更などのカスタマイズが簡単に行えます。追加ビルドは不要です。カスタマイズは、human-readable スキーマを使ってランタイムで編集ができます。
  • セキュアな接続: すべてのクライアント - サーバー間接続において、TLS / SSL データ暗号化などのエンタープライズレベルのセキュリティ機能が備わっています。


 

あなたのデータソースのためのシンプルなドライバー

API ドライバーは非常に小さい、もしくは専門的で、フルスペックのドライバーの開発やアップデートを提供することが難しい市場に対してCData 製品と同様にパワフルなドライバーテクノロジーを提供するものです。CData ドライバーは開発、QA、マーケティングに多くの時間やリソースを投入しています。API ドライバーは、その数分の一の時間で同じようにパワフルなドライバーインターフェースを提供することができます。

API ドライバーの特徴は?

  • 複数のデータソースへのダイナミックなサポート。データソース毎に固定されているドライバーと異なり、API ドライバーでは一つのドライバーインターフェースから複数のデータソースにアクセスすることができます。 Connection String プロパティから接続に使うDriver Profile を指定するだけです。
  • Driver Profile は拡張が容易です。API ドライバーにはテーブル、ビュー、ストアドプロシージャを規定するDriver Profile のセットと、データの読み出し、書き込み、更新のためのコードが含まれています。Driver Profile にはソースコードが含まれており、そのまま利用することも、カスタマイズして拡張利用することもできます。
  • もし、コードを書くことに抵抗がなければ、Driver Profile のコードはオープンですので、拡張して利用できます。Java、.NET、およびPython、JavaScript などのスクリプト言語を使って、Driver Profile を拡張し、新しいデータのサポートを簡単に行えます。
  • サポートデスクへのサポート依頼は サポートフォーム からご連絡ください。弊社のサポートチームがお客様のご要件をお聞きし、インテグレーションのガイダンスを提供します。



FAQ

API ドライバーを使ってのドライバー開発について FAQ




 What are API Drivers?

API Drivers are a powerful framework that can be use to create virtual Drivers and adapters for any data source. API Drivers are available in separate editions targeting each of the major supported driver technologies, including ODBC, JDBC, ADO.NET, etc.

 What are Driver Profiles?

Driver Profiles define the interface and connectivity 'glue' specific to a data source. They outline which tables, views, and stored procedures are available and include code for reading, writing, and updating data.

Each API Driver installs with a set of Driver Profiles. These Driver Profiles can be used as-is or they can be easily customized and extended by a developer.

 What do I get with the API Drivers?

  • A powerful driver core that can be easily extended through Driver Profiles.
  • Access to any installed Driver Profile.
  • An easy-to-use interface that you can extend with new Driver Profiles.

 Why should I build a Driver Profile?

Building high-performance connectivity solutions is easy using the API Driver.

Driver Profiles are designed to be accessible from any API Driver. As a result, creating a Driver Profile for a data source is like creating an entire array of Drivers for that source. By creating Driver Profile 'XYZ', developers will instantly deliver XYZ ODBC Driver, XYZ JDBC Driver, XYZ ADO.NET Provider, ... and even an XYZ Excel Add-In! The ability to create any driver enables you to access your data source from the application of your choice. You can also use standard components to develop your own applications.

With API Drivers it is possible to connect to just about any application, database, or Web service. Developers can create new drivers that provide access to proprietary databases, cloud services, custom databases, 'big-data' / NoSQL, applications, all kinds of Web APIs & SDKs, and more. Depending on the complexity of the underlying data source, it is often possible to have a functional driver in under a week.

Developers can take advantage of a comprehensive set of resources for driver development, including:

  • A set of full-featured Driver Profiles with full source that highlight how easy it is to create new drivers.
  • Extensive technical documentation providing comprehensive information needed to support driver development.
  • Straightforward and easy-to-use facilities for connecting to Web service APIs (SOAP, REST, JSON, ODATA, POX etc.)
  • Outstanding technical support backed by an expert team of support professionals.

 How long does it take to build a Driver Profile?

Depending on the complexity of the underlying data source, building a new driver can be as simple as a few lines of XML for a standard API or a more elaborate effort for custom binary and/or Web APIs that do not rely on standard protocols.

 Why do we offer Driver Profiles?

Our Drivers include thousands of hours of development, QA, and marketing resources to bring to market. The API Drivers allow us to provide the same powerful driver interface in a fraction of the time.

We may build Driver profiles for sources that we have limited vertical experience with. We may also build new Driver profiles to help us gauge market demand for a more complete driver.

 What is the difference between API Driver/Driver Profiles and other CData Drivers?

  • Other CData Drivers are fixed (one data source).
  • API Drivers have less source-specific help documentation (but you may not need it).
  • Driver Profiles are not typically as comprehensive as our other Drivers. They may not include a complete range of tables or fields.

 Can you develop a Driver / Profile for my data source?

We offer a range of custom development solutions, such as building a driver that supports integration with your data source or adding a feature to an existing driver. We offer off-the-shelf integration tools (ADO.NET, JDBC, ODBC, etc.) that can be used to build the kind of integration you are looking for. The API Driver is different from any of our other tools: Developers can leverage existing skills against any API. Profiles make it easy to build your own driver and/or extend the ones that we provide. See the help documentation to get started writing a profile. See Custom Development Services for more information about custom development and partnerships.

 Do I need to know SQL to use the API Driver?

No, for many self-service business intelligence and analytics tools, you can simply specify which profile to use, the login credentials and other connection properties, and then connect. Applications such as Microsoft Power Query, Cognos, Tableau, and Filemaker Pro provide a visual workflow that does not require SQL. As you drag and drop tables and columns, the application will automatically generate SQL queries and use the driver's SQL engine to process them. The API Driver supports a functional subset of SQL that makes using these applications seamless. Queries are executed directly to the data source, which does not make multiple copies of your data and also improves performance.

 What about read/write/update (CRUD) support?

API Drivers provide the interfaces to enable bi-directional access to underlying data. It is up to the individual Driver Profile to implement CRUD capabilities through these interfaces.

 What level of SQL conformance do the API Drivers support?

The API Drivers support a functional, familiar subset of the standard SQL grammar. It does not support data definition language (DDL) constructs as table structures are explicitly created and exposed through Provider Extensions.

For more details on the supported SQL, please refer to the API Driver help documentation.

 How do I use the API Driver with my technology (ADO.NET, BizTalk, SSIS, JDBC, ODBC, Excel, etc.)?

You can connect to the API Driver just like other database Drivers. Specify the Profile and other connection properties and then connect. The Driver Profile for any data source is easily included as a parameter of the connection string.

 What technology do I need to integrate with my application?

The API Driver supports the standard technologies for data integration: IDEs and BI, Analytics, Reporting, and ETL applications provide built-in support for these technologies. If you are using an existing profile or creating a new one, you can follow the standard procedure to connect. See the Knowledge Base and API Driver help documentation for guidance on connecting to your data source from your application.

 Can I use the API Driver to transfer data from one data source to another?

Yes, you can use the API Driver to accomplish ETLs (extract/transform/load). You can use the driver to extract from one data source and load it into another. Use an ETL tool to transform the data.

The API Driver enables you to choose your ETL tool. The API Driver also enables connectivity to many more applications in addition to ETL applications.

 What kinds of authentication does the API Driver support?

The API Driver also supports HTTP authentication: Basic, Digest, NTLM, and OAuth.

 Can I connect over SSL or from behind my firewall?

You can use the API Driver to connect over SSL/TLS. You can also connect through proxies, firewalls, and SSH.

 How fast is the API Driver?

The API Driver provides a number of performance features:

  • Caching: The API Driver executes queries directly to the data source by default: This enables you to work with the most up-to-date data. To reduce the load on network resources, the API Driver offers caching features that provide you with a means to benefit from working with a local copy, while automatically keeping your data current, along with the control to fine-tune performance.
  • High-performance XML and JSON parser: The API Driver uses the same parsing libraries as other CData drivers, which benefit from more real-world trials than any other drivers.
  • Managed code: The API Driver runs on a managed codebase that provides memory management and garbage collection through the .NET Framework and the JVM. Drivers written in lower-level languages, such as C++, can see performance hits from memory fragmentation and other factors.