製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細はコチラ

  30日間無償トライアルへ

Cognos Analytics でActive Directory データを分析

CData Connect Cloud を使ってCognos Analytics からActive Directory に接続し、リアルタイムActive Directory データを分析します。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-11-20
activedirectory ロゴ

CData

cloud ロゴ画像
IBM Cognos Analytics ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

IBM Watson® を搭載したCognos Analytics では、データのクリーニングと連携、さらに可視化を行うことができます。CData Connect Cloud と組み合わせると、クラウドデータとCognos Analytics を即座にリアルタイムで接続し、データ管理、視覚化、分析などを行うことができます。 この記事では、CData Connect Cloud でActive Directory に接続し、さらにCognos Analytics でActive Directory データを分析する方法を紹介します。

NOTE:この手順を実行するにはCognos Analytics 11.2.4 以降が必要です。

CData Connect Cloud は、Active Directory にクラウドベースのインターフェースを提供し、ネイティブにサポートされているデータベースにデータを複製することなくCognos でのActive Directory データの分析を実現します。 CData Connect Cloud は最適化されたデータ処理により、サポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をActive Directory に直接発行し、サーバー側の処理を利用して要求されたActive Directory データを高速で返します。

Connect Cloud アカウントの取得

以下のステップを実行するには、CData Connect Cloud のアカウントが必要になります。こちらから製品の詳しい情報とアカウント作成、30日間無償トライアルのご利用を開始できますので、ぜひご利用ください。


Connect Cloud からActive Directory への接続

CData Connect Cloud を使うと、直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 コネクションを追加
  2. Add Connection パネルで「Active Directory」を選択します。 データソースを選択
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Active Directory に接続します。

    ActiveDirectory 接続プロパティの取得・設定方法

    接続には以下の情報が必要です。

    • 有効なユーザーおよびパスワード情報 (例:Domain\BobF or cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain)。
    • 接続するサーバーのIP、ホスト名、ポートを含むサーバー情報。
    • BaseDN: 指定されたname にLDAP 検索の範囲を制限します。

      ちなみに、BaseDN を狭い範囲に設定することで大幅にパフォーマンスを改善できます。例えば、cn=users,dc=domain は、cn=users およびその子の範囲に戻り値の結果を制限します。

    コネクションを設定(Salesforce の場合)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. Add Active Directory Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 権限の更新

パーソナルアクセストークンの取得

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用する個人用アクセストークン(PAT)を作成できます。 きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、User Profile をクリックします。
  2. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。 新しいPAT を作成
  4. 個人用アクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

接続の設定が完了したら、Cognos Analytics からActive Directory データに接続できるようになります。

Cognos Analytics からActive Directory への接続

以下のステップでは、Cognos Analytics からCData Connect Cloud に接続してリアルタイムActive Directory データを分析する方法を説明します。

CData Connect Cloud JDBC Driver をダウンロードする

  1. CData Connect Cloud JDBC Driver をダウンロードしてインストールします:https://www.cdata.com/jp/cloud/clients/download.aspx#jdbc
  2. JAR ファイル(cdata.jdbc.connect.jar)をインストールディレクトリ(例:C:\Program Files\CData\JDBC Driver for CData Connect\lib)からCognos Analytics のインストールディレクトリにある"drivers" フォルダにコピーします。

CData Connect Cloud への接続を設定する

  1. IBM Cognos を立ち上げ、管理 -> データ・サーバー接続に移動します。
  2. アイコンをクリックしてデータサーバーを追加します。
  3. CData Connect Cloud を選択します。
  4. JDBC URL を適切な接続文字列に設定します。次に例を示します。 jdbc:connect://AuthScheme=Basic;
  5. Driver class name を"cdata.jdbc.connect.ConnectDriver" に設定します。
  6. 認証方式を選択し、認証情報を作成して保存します。
    • Username をCData Connect Cloud のユーザー名(例:user@mydomain.com)に設定。
    • Password を前述の生成したPAT に設定。
  7. Test connection をクリックし、接続が成功したことを確認します。 Connecting to CData Connect Cloud from Cognos Analytics

これでCognos Analytics でActive Directory データを分析し可視化する準備が整いました。Cognos Analytics の使用について、詳しくはIBM Cognos Analytics のドキュメントを参照してください。

Cognos Analytics のActive Directory データへのリアルタイムアクセス

Cognos Analytics からリアルタイムActive Directory データに直接クラウド間接続ができるようになりました。これで、Active Directory を複製することなく新しい可視化やレポートなどを作成できます。

クラウドアプリケーションから直接100を超えるSaaS 、ビッグデータ、NoSQL データソースへのリアルタイムデータアクセスを実現するには、CData Connect Cloud の30日間無償トライアルをぜひお試しください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。