製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細はコチラ

  30日間無償トライアルへ

Looker Studio でActive Directory データと連携した可視化を作成する方法

CData Connect Cloud を使ってActive Directory リアルタイムデータに接続し、Looker Studio でカスタムレポートを作成します。

宮本航太
プロダクトスペシャリスト

最終更新日:2023-09-05
activedirectory ロゴ

CData

cloud ロゴ画像
Looker Studio ロゴ

こんにちは!プロダクトスペシャリストの宮本です。

Looker Studio(旧Google データポータル)を使えば、リッチな可視化を追加したダッシュボードやレポートを簡単に作成できます。CData Connect Cloud と組み合わせることで、Active Directory データに簡単に接続してLooker Studio からデータを連携利用できます。この記事では、Looker Studio からCData Connect Cloud を通してActive Directory に連携し、Active Directory データを使用した可視化を作成する方法を説明します。

CData Connect Cloud とは?

CData Connect Cloud は、以下のような特徴を持ったクラウド型のリアルタイムデータ連携製品です。

  • SaaS やクラウドデータベースを中心とする150種類以上のデータソース
  • BI、アナリティクス、ETL、ローコードツールなど30種類以上のツールやアプリケーションから利用可能
  • リアルタイムのデータ接続に対応。データの複製を作る必要はありません
  • ノーコードでシンプルな設定

詳しくは、こちらの製品資料をご確認ください。

Connect Cloud アカウントの取得

以下のステップを実行するには、CData Connect Cloud のアカウントが必要になります。こちらから製品の詳しい情報とアカウント作成、30日間無償トライアルのご利用を開始できますので、ぜひご利用ください。


Connect Cloud からActive Directory への接続

CData Connect Cloud では、直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 コネクションの追加
  2. 「Add Connection」パネルから「Active Directory」を選択します。 データソースの選択
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Active Directory に接続します。

    ActiveDirectory 接続プロパティの取得・設定方法

    接続には以下の情報が必要です。

    • 有効なユーザーおよびパスワード情報 (例:Domain\BobF or cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain)。
    • 接続するサーバーのIP、ホスト名、ポートを含むサーバー情報。
    • BaseDN: 指定されたname にLDAP 検索の範囲を制限します。

      ちなみに、BaseDN を狭い範囲に設定することで大幅にパフォーマンスを改善できます。例えば、cn=users,dc=domain は、cn=users およびその子の範囲に戻り値の結果を制限します。

    コネクションを設定(Salesforce の場合)
  4. Create & Tast をクリックします。
  5. 「Add Active Directory Connection」ページの「Permissions」タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 権限を更新

コネクションの設定が完了したら、Looker Studio からActive Directory データへの接続準備ができました。

Active Directory リアルタイムデータにLooker Studio からアクセス

それでは、Looker Studio からCData Connect Cloud に接続して新しいActive Directory データソースを作成し、データを使った可視化を作成していきましょう。

  1. Looker Studio にログインして、「作成」ボタンから新しいデータソースを作成し、CData Connect Cloud Connector を選択します。
  2. Looker Studio で新しいデータソースを作成
  3. 「Authorize」をクリックしてGoogle アカウントへのアクセスを許可します。 Connector に権限を付与
  4. 「Authorize」をクリックしてご利用のCData Connect Cloud インスタンスを認証します。 CData Connect Cloud を認証
  5. Looker Studio のCData Connect Cloud Connector でコネクション(例:ActiveDirectory1)を選択し、「Next」をクリックします。 コネクションの選択
  6. テーブル(例:User)を選択するかCustom Query を使用して、「CONNECT」をクリックして次に進みます。 テーブルの選択
  7. 必要な場合にはカラムを変更して、「レポートを作成」をクリックしてデータソースをレポートに追加します。
  8. カラム定義の設定
  9. 可視化のスタイルを選択してレポートに追加します。
  10. ディメンションと指標を選択して可視化を作成します。これで、Active Directory データの可視化が作成できました。
  11. Looker Studio でActive Directory データを可視化

クラウドアプリケーションからActive Directory データへのリアルタイム連携

これで、可視化の作成は完了です。あとは、Active Directory から自在にデータを取得して、ダッシュボード構築やレポーティングに活用できます。

クラウドアプリケーションから150を超えるSaaS、ビッグデータ、NoSQL データソースへのリアルタイムデータ連携の実現には、CData Connect Cloud の30日間無償トライアルをぜひお試しください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。