製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細はコチラ

  30日間無償トライアルへ

OutSystems でActive Directory に接続されたエンタープライズアプリケーションを作成

CData Connect Cloud を使用してOutSystems からActive Directory に接続し、Active Directory データをリアルタイムで使用してカスタムエンタープライズアプリを構築します。

杉本和也
リードエンジニア

最終更新日:2022-06-19
activedirectory ロゴ

CData

cloud ロゴ画像
OutSystems ロゴ

こんにちは!リードエンジニアの杉本です。

OutSystems は、企業がオムニチャネルのエンタープライズアプリケーションを開発、展開、管理するためのツールを提供するローコードプラットフォームです。CData Connect Cloud と組み合わせると、ビジネスアプリケーション用にActive Directory データにクラウド上でアクセスできます。この記事では、Connect Cloud にActive Directory の仮想データベースを作成し、OutSystems でActive Directory データから単純なアプリを構築する方法を説明します。

Connect Cloud アカウントの取得

以下のステップを実行するには、CData Connect Cloud のアカウントが必要になります。こちらから製品の詳しい情報とアカウント作成、30日間無償トライアルのご利用を開始できますので、ぜひご利用ください。


Connect Cloud からActive Directory に接続する

CData Connect Cloud は直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続します。
  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 Adding a Connection
  2. Add Connection パネルから「Active Directory」を選択します。 データソースを選択
  3. 必要な認証情報を入力し、Active Directory に接続します。

    ActiveDirectory 接続プロパティの取得・設定方法

    接続には以下の情報が必要です。

    • 有効なユーザーおよびパスワード情報 (例:Domain\BobF or cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain)。
    • 接続するサーバーのIP、ホスト名、ポートを含むサーバー情報。
    • BaseDN: 指定されたname にLDAP 検索の範囲を制限します。

      ちなみに、BaseDN を狭い範囲に設定することで大幅にパフォーマンスを改善できます。例えば、cn=users,dc=domain は、cn=users およびその子の範囲に戻り値の結果を制限します。

    コネクションの設定(Salesforce の例)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. Add Active Directory Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 権限の更新

パーソナルアクセストークンを追加する

OAuth 認証をサポートしないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、フレームワークから接続する場合、パーソナルアクセストークン(Personal Access Token, PAT)を認証に使用できます。きめ細かくアクセスを管理するために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  2. PAT の名前を入力して Create をクリックします。 新しいPAT を作成
  3. パーソナルアクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

コネクションが構成されたら、OutSystems からActive Directory に接続できるようになります。

OutSystems からActive Directory に接続する

以下のステップでは、OutSystems からCData Connect Cloud に接続して新しいActive Directory データベース接続を作成する方法の概要を説明します。

  1. OutSystems Service Studio を開きます。
  2. 歯車アイコン をクリックし、Service Center のEnvironment Management を開きます。 Opening the Service Center
  3. Administration をクリックして「Database Connections」を選択します。
  4. 「New Database Connection」をクリックします。
  5. データベース接続を設定します。
    • Name:接続の名称(例:CData Connect Cloud Active Directory)
    • DBMS:SQL Server またはAzure SQL
    • Username:Connect Cloud ユーザー(例:user@mydomain.com)
    • Password:Connect Cloud ユーザーのPAT
    • Servertds.cdata.com,14333
    • Schema:Active Directory コネクションの名前(例: ActiveDirectory1)
    Connecting to the Connect Cloud
  6. 「Test Connection」をクリックします。
  7. 「Create」をクリックします。

Active Directory テーブルまたはビューを拡張モジュールのエンティティにマップする

Active Directory のデータベース接続を作成したら、テーブルまたはビューをOutSystems のエンティティにマップする拡張機能を作成できます。作成していない場合は、Service Studio でアプリケーションを作成します。

  1. Service Studio を開き、既存のアプリケーションを開きます。
  2. 「Add Module」をクリックし、「Module Name」(例:activedirectory_db_extension)を設定し、「Module Type」を「Extension」に設定して、「Create Module」をクリックします。 Creating a new extension module
  3. Integration Studio で、環境に接続します。
  4. 拡張ツリーで「Entities」を右クリックし、「Connect to External Table or View...」を選択します。 Connecting to external tables or views
  5. ウィザードのステップに従って、使用するテーブルおよびビューを選択します。
  6. Integration Studio で「1-Click Publish」をクリックします。
  7. 「1-Click Publish」ウィザードでプロセスが完了したら、「Configure」をクリックします。
    • Service Center で、拡張機能の論理データベース名を、拡張機能が使用するデータベース接続に関連付け、「Apply」をクリックします。 Configuring the external extension
  8. アプリケーションで「Manage Dependencies...」をクリックします。
  9. 拡張機能に依存関係を追加し、アプリケーションで使用するエンティティを選択します。 Adding a dependency to the extension

これで、標準のOutSystems エンティティと同じように、Active Directory データにアクセスして操作できます。

詳細と無償トライアル

Connect Cloud とOutSystems を使用すると、Active Directory に接続されたアプリケーションを簡単に構築できます。今すぐOutSystems のActive Directory データで作業を開始するには、Connect Cloud の無償トライアルにサインアップしてください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。