製品をチェック

Active Directory Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 30日間の無償トライアルへ

製品の詳細

Active Directory アイコン Active Directory JDBC Driver 相談したい

Active Directory ユーザー、グループ、ロール、連絡先などを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。

DBeaver からActive Directory データに連携して可視化する方法とは?

クエリブラウザなどのDBeaver のビジュアルツールを使ってActive Directory データを管理する方法を解説します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2024-03-08
activedirectory ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
DBeaver ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

CData JDBC Driver for ActiveDirectory は、IDE からBI ツールまで、サードパーティーツールからActive Directory データの読み書きを可能にするJDBC 標準を提供します。本記事では、DBeaver のウィザードを使ってActive Directory データに接続し、GUI 上でデータを参照する方法を紹介します。

CData JDBC ドライバとは?

CData JDBC ドライバは、以下の特徴を持ったリアルタイムデータ接続ツールです。

  1. Active Directory をはじめとする、CRM、MA、グループウェア、広告、会計ツールなど多様な270種類以上のSaaS / DB に対応
  2. DBeaver を含む多様なアプリケーション、ツールにActive Directory データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準 SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData JDBC ドライバでは、1.データソースとしてActive Directory の接続を設定、2.DBeaver 側でJDBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData JDBC ドライバのインストールとActive Directory への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからActiveDirectory JDBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

次に、以下の手順でDBeaver にドライバーのJAR ファイルをロードします。

  1. DBeaver アプリケーションを開き、「データベース」メニューの「ドライバーマネジャー」オプションを選択します。「新規」をクリックして「新しいドライバを作成する」フォームを開きます。
  2. 設定タブで:
    • ドライバ名をわかりやすい名前に設定します(例:CData JDBC Driver for Active Directory)。
    • クラス名をJDBC ドライバーのクラス名「cdata.jdbc.activedirectory.ActiveDirectoryDriver」に設定します。
    • URL テンプレートjdbc:activedirectory: に設定します。
    新しいドライバーの設定(Salesforce の場合)。
  3. ライブラリタブで「ファイルを追加」をクリックし、インストールディレクトリ(C:\Program Files\CData\CData JDBC Driver for Active Directory XXXX\)の「lib」フォルダに移動してJAR ファイル(cdata.jdbc.ActiveDirectory.jar)を選択します。 JDBC JAR ファイルをロード(Salesforce の場合)。

Active Directory データの接続を作成

以下の手順で、認証情報およびその他の必要な接続プロパティを追加します。

  1. 「データベース」メニューで、「新しい接続」をクリックします。
  2. 表示される「新しい接続を作成する」 ウィザードで、先ほど作成したドライバー(例:CData JDBC Driver for Active Directory)を選択し、「次へ >」をクリックします。 ドライバーを選択(Salesforce の場合)。
  3. 設定ウィザードの一般タブで、以下を参考に必要な接続プロパティを使用してJDBC URL を設定します。

    ActiveDirectory 接続プロパティの取得・設定方法

    接続には以下の情報が必要です。

    • 有効なユーザーおよびパスワード情報 (例:Domain\BobF or cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain)。
    • 接続するサーバーのIP、ホスト名、ポートを含むサーバー情報。
    • BaseDN: 指定されたname にLDAP 検索の範囲を制限します。

      ちなみに、BaseDN を狭い範囲に設定することで大幅にパフォーマンスを改善できます。例えば、cn=users,dc=domain は、cn=users およびその子の範囲に戻り値の結果を制限します。

    組み込みの接続文字列デザイナー

    JDBC URL の作成の補助として、Active Directory JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーが使用できます。JAR ファイルをダブルクリックするか、コマンドラインからjar ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.activedirectory.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    組み込みの接続文字列デザイナーを使ってJDBC URL を生成(Salesforce の場合)

    一般的な接続文字列:

    jdbc:activedirectory:User=cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain;Password=bob123;Server=10.0.1.2;Port=389; JDBC URL を設定(Salesforce の場合)。
  4. 「テスト接続」をクリックして、接続が正しく設定されていることを確認します。 正しく設定された接続(Salesforce の場合)。
  5. 「終了」をクリックします。

Active Directory データにクエリを実行

これで、接続できたことで公開されたテーブルのデータにクエリを実行できるようになりました。テーブルを右クリックし、「ビュー表」をクリックします。「データ」タブでデータを確認できます。

DBeaver でのクエリの結果(Salesforce の場合)。

おわりに

CData JDBC Driver for ActiveDirectory の 30日間無償トライアル をダウンロードして、DBeaver でリアルタイムActive Directory データの操作をはじめましょう!ご不明な点があれば、サポートチームにお問い合わせください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。