今すぐお試しください!

製品の詳細CData Excel Add-In for Airtable を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Excel データをAirtable に移行

この記事では、Excel Add-In for Airtable をつかって、Excel からデータを Airtable に移行する方法を説明します。

CData Excel Add-In for Airtable を使えば、Excel から直接Airtable への編集や保存が可能になります。この記事では、Excel から Airtable にデータを移行する方法を説明します。 Airtable のデータを一度Excel にエクスポートして編集・データソースの一括更新を行えるだけではなく、Excel スプレッドシートに保存されているデータを一括でAirtable にインポートすることも可能です。 今回の記事では、SampleTable_1 テーブルを使います。同じことが、CData Excel Add-In で取得できるすべてのテーブルに対して実行可能です。


接続の確立

Airtable への接続には、Excel Add-in をインストールしたExcel の[CDATA]タブ→[Airtable]アイコンをクリックします。

Airtable への接続には、APIKey、BaseId、TableNames のプロパティが必須です。ViewNames は任意項目でテーブルのビューを指定することができます。

  • APIKey : アカウントのAPI Key。取得には、アカウントにログインして、API セクションで[Generate API Key]をクリックします。
  • BaseId : ベースのId。取得には、APIKey と同じ場所で、[Airtable API]をクリックするか、https://airtable.com/api に進み、ベースを選択します。"The ID of this base is appxxN2ftedc0nEG7." というメッセージがIntroduction セッションで表示されます。
  • TableNames : 選択されたベースのテーブル名のカンマ区切りのリスト。UI で見られるテーブル名と同じです。
  • ViewNames : table.view 形式のビューのカンマ区切りのリスト。UI でみられるビュー名と同じです。

Airtable データの取得

Airtable にデータを挿入するには、まず該当するAirtable のテーブルを取得します。これによりExcel スプレッドシートとAirtable のテーブルが連携した状態になります。取得したテーブルに対し変更、もしくは追加した部分は文字が赤でハイライトされます。

  1. CData リボンからAirtable ボタンをクリックします。データ選択ウィザードが表示されます。
  2. テーブルもしくはビューメニューから、SampleTable_1 テーブルを選択します。
  3. [最大行数]に、取得したい最大行数を入力します。データの一括入力だけが目的の場合は1行だけを取得すれば十分です。リクエストどおりにクエリ欄にSQL クエリが表示されます。
  4. [シート名]に作成されるシートの名前を入力します。デフォルトでは、取得するテーブル名が新しいシート名になります。
 
 
ダウンロード