製品をチェック

Databricks Data Provider の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Databricks アイコン Databricks ADO.NET Provider 相談したい

Databricks 連携のパワフルな.NET アプリケーションを素早く作成して配布。

Databricks データをDevExpress Data Grid にデータバインドする。

Databricks 用の CData ADO.NET プロバイダーをDevExpress Windows Forms とWeb コントロールとともに使用し、Databricks をチャートに入力します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-01-31
databricks ロゴ

CData

ado ロゴ画像
DevExpress ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Databricks 用の CData ADO.NET プロバイダーはサードパーティーコントロールで使うことのできる通常のADO.NET データベースアクセスコンポーネントを実装しています。データバインドするための通常のADO.NET プロセスに従うことで、UI コントロールから実データへの双方向アクセスを可能にします。 この記事では、CData を使ってDevExpress Windows Forms とウェブコントロールにデータバインドする方法を説明します。ここでは、最新のデータを表示するチャートにデータバインドします。

Databricks クラスターに接続するには、以下の説明に従ってプロパティを設定します。

Note:Databricks インスタンスで必要な値は、クラスターに移動して目的のクラスターを選択し、Advanced Options の下にあるJDBC/ODBC タブを選択することで見つけることができます。

  • Database:Databricks データベース名に設定。
  • Server:Databricks クラスターのサーバーのホスト名に設定。
  • HTTPPath:Databricks クラスターのHTTP パスに設定。
  • Token:個人用アクセストークンに設定(この値は、Databricks インスタンスのユーザー設定ページに移動してアクセストークンタブを選択することで取得できます)。

Windows Forms コントロール

下のコードでは、Databricks でDevExpress のチャートに追加する方法を説明します。DatabricksDataAdapter はチャートコントロールのSeries プロパティにバインドします。コントロールのDiagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。

using (DatabricksConnection connection = new DatabricksConnection( "Server=127.0.0.1;Port=443;TransportMode=HTTP;HTTPPath=MyHTTPPath;UseSSL=True;User=MyUser;Password=MyPassword;")) { DatabricksDataAdapter dataAdapter = new DatabricksDataAdapter( "SELECT City, CompanyName FROM Customers WHERE Country = 'US'", connection); DataTable table = new DataTable(); dataAdapter.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new DevExpress.XtraCharts.Series(); chartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "CompanyName" }); series.ArgumentScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "City"; series.ValueScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Numerical; chartControl1.Legend.Visibility = DevExpress.Utils.DefaultBoolean.False; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; } The complete code example and the resulting chart.

Web コントロール

下のコードではDatabricks でDevExpress Web を操作するための設定方法を説明します。DatabricksDataAdapter はチャートのSeries プロパティにバインドします。Diagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。 using DevExpress.XtraCharts; using (DatabricksConnection connection = new DatabricksConnection( "Server=127.0.0.1;Port=443;TransportMode=HTTP;HTTPPath=MyHTTPPath;UseSSL=True;User=MyUser;Password=MyPassword;")) { DatabricksDataAdapter DatabricksDataAdapter1 = new DatabricksDataAdapter("SELECT City, CompanyName FROM Customers WHERE Country = 'US'", connection); DataTable table = new DataTable(); DatabricksDataAdapter1.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new Series("Series1", ViewType.Bar); WebChartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "CompanyName" }); series.ArgumentScaleType = ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "City"; series.ValueScaleType = ScaleType.Numerical; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; } An ASP.NET application created with the ADO.NET Provider and the DevExpress Web Forms control.(Salesforce is shown.)

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。