製品をチェック

無償トライアル:

無償トライアルへ

製品の情報と無償トライアルへ:

EnterpriseDB ODBC Driver

EnterpriseDB ODBC Driver は、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなEnterpriseDB のデータに直接接続できる高機能なツールです。

標準のODBC Driver インターフェースを使用して、EnterpriseDB にアクセスします。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Visio のシェイプとEnterpriseDB データを連携


Visio マスターシェイプでの変更を自動的にEnterpriseDB データに更新します。


enterprisedb ロゴ画像
odbc ロゴ画像

ODBC

Visio ロゴ画像

CData ODBC Driver for EnterpriseDB を使ってVisio ダイアグラムへのデータ入力プロセスを自動化し、ダイアグラムを最新の状態に保つことができます。ドライバーはEnterpriseDB データをODBC データソースとして出力し、Microsoft Office のようなODBC サポートを組み込んだアプリケーションからのアクセスを実現します。この記事では、EnterpriseDB データをリンクしたVisio プロジェクトでブレーンストーミングを始めるためのシンプルなダイアグラムを作成する方法を紹介します。

ODBC データソースとしてEnterpriseDB に接続

接続プロパティが未設定の場合は、はじめにODBC DSN(データソース名)に設定します。これはドライバーのインストールの最後の手順にあたります。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および設定できます。

データに接続するには、以下の接続プロパティが必要です。

  • Server: EnterpriseDB データベースをホスティングしているサーバーのホスト名またはIP アドレス。
  • Port: EnterpriseDB データベースをホスティングしているサーバーのポート。

オプションで、以下を設定することもできます。

  • Database: EnterpriseDB サーバーに接続する場合のデフォルトのデータベース。設定されていない場合は、ユーザーのデフォルトデータベースが使用されます。

Basic 認証による接続

Basic 認証を使って認証するには、以下を設定します。

  • User:EnterpriseDB サーバーに認証する際に使われるユーザー。
  • Password:EnterpriseDB サーバーに認証する際に使われるパスワード。

SSL 認証による接続

SSL 認証を利用して、セキュアなセッションを介してEnterpriseDB データに接続できます。以下の接続プロパティを設定して、データに接続します。

  • SSLClientCert:クライアント証明書のための証明書ストア名に設定します。クライアントとサーバーの両方のマシンでトラストストアとキーストアが保持される2-way SSL の場合に使用されます。
  • SSLClientCertPassword:クライアント証明書ストアがパスワードで保護されている場合、この値をストアのパスワードに設定します。
  • SSLClientCertSubject:TLS/SSL クライアント証明書のSubject。ストア内の証明書を検索するために使用されます。
  • SSLClientCertType:クライアントストアの証明書タイプ。
  • SSLServerCert:サーバーが受け入れ可能な証明書。

EnterpriseDB データをダイアグラムに連携

以下の手順に従い、データ選択ウィザードを使ってダイアグラムにデータをインポートします。

  1. Visio を開き、「ファイル」->「新規」をクリックします。「ブレーンストーミング図」テンプレート(Visio Plan 1 が必要です)を開きます。
  2. 「データ」タブで、「図形にデータをリンク」をクリックします。
  3. ODBC オプションを選択し、次に「ODBC DSN」を選択します。
  4. EnterpriseDB のDSN を選択し、インポートしたいテーブルを選択してウィザードを終了します。この記事では、Orders を例にしています。
ブレーンストーミングステンシルをベースにダイアグラムにインポートしたテーブル(Salesforce の場合)

EnterpriseDB エンティティを図形にリンク

以下の手順で、EnterpriseDB エンティティを図形にリンクする方法の1つである、データから図形を作成する方法を示す簡単なダイアグラムを作成します。

  1. 「ブレーンストーミング図形」をクリックして、メイントピックを図面ページへドラッグします。メイントピックのテキストとしてOrders を入力します。
  2. 「トピック」をクリックします。
  3. 「外部データ」ウィンドウで行を選択し、図面ページ上にドラッグします。
  4. 「トピック」図形を右クリックし、「データ」->「データグラフィックの編集」をクリックします。
  5. 「新しいアイテム」をクリックします。
  6. 「データフィールド」メニューで、カラムを選択します。「表示形式」メニューで、表示方法を選択します。 カラムのデータグラフィック
  7. 他のいくつかのEnterpriseDB エンティティを図面ページにドラッグし、メイントピックであるOrders に戻る関連線を追加します。新しいトピックは同じ構成です。データバーに表示される数値カラムは、他のOrders エンティティとは対照的にハイライトされます。 外部データを使ったブレーンストーミング(Salesforce の場合)

「データ」タブから、外部のEnterpriseDB データと図形を同期してダイアグラムを更新することができます。