製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはコチラ

CData Connect

Cognos Analytics でe-Sales Manager データを分析

CData Connect Server を使ってCognos Analytics からe-Sales Manager に接続し、リアルタイムe-Sales Manager データを分析します。

杉本和也
リードエンジニア

最終更新日:2022-11-20

こんにちは!リードエンジニアの杉本です。

IBM Watson® を搭載したCognos Analytics では、データのクリーニングと連携、さらに可視化を行うことができます。CData Connect Server と組み合わせると、クラウドデータとCognos Analytics を即座にリアルタイムで接続し、データ管理、視覚化、分析などを行うことができます。 この記事では、CData Connect Server でe-Sales Manager に接続し、さらにCognos Analytics でe-Sales Manager データを分析する方法を紹介します。

NOTE:この手順を実行するにはCognos Analytics 11.2.4 以降が必要です。

CData Connect Server は、e-Sales Manager にクラウドベースのインターフェースを提供し、ネイティブにサポートされているデータベースにデータを複製することなくCognos でのe-Sales Manager データの分析を実現します。 CData Connect Server は最適化されたデータ処理により、サポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をe-Sales Manager に直接発行し、サーバー側の処理を利用して要求されたe-Sales Manager データを高速で返します。

ホスティングについて

Cognos Analytics からCData Connect Server に接続するには、利用するConnect Server インスタンスをネットワーク経由での接続が可能なサーバーにホスティングして、URL での接続を設定する必要があります。CData Connect がローカルでホスティングされており、localhost アドレス(localhost:8080 など)またはローカルネットワークのIP アドレス(192.168.1.x など)からしか接続できない場合、Cognos Analytics はCData Connect Server に接続することができません。

クラウドホスティングでの利用をご希望の方は、AWS MarketplaceGCP Marketplace で設定済みのインスタンスを提供しています。


e-Sales Manager データの仮想データベースを作成する

CData Connect Server は、シンプルなポイントアンドクリックインターフェースを使用してデータソースに接続し、データを取得します。まずは、右側のサイドバーのリンクからConnect Server をインストールしてください。

  1. Connect Server にログインし、「CONNECTIONS」をクリックします。 データベースを追加
  2. 一覧から「e-Sales Manager」を選択します。
  3. e-Sales Manager に接続するために必要な認証プロパティを入力します。

    e セールスマネージャー Remix に接続するには、User、Passowrd、URL、TenantId パラメータが必要です。

    • User:API を実行するためのログインユーザーのユーザーID。
    • Password:API を実行するためのログインユーザーのユーザーパスワード
    • URL:e-Sales Manager Remix エンドポイントへのURL。例:https://XXX.softbrain.co.jp
    • TenantId:e-Sales Manager Remix テナント名のTenantd。例:cdata
    コネクションを設定(Salesforce の場合)。
  4. Test Connection」をクリックします。
  5. 「Permission」->「 Add」とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー) を追加します。

仮想データベースが作成されたら、Cognos Analytics を含むお好みのクライアントからe-Sales Manager に接続できるようになります。

Cognos Analytics からe-Sales Manager への接続

以下のステップでは、Cognos Analytics からCData Connect Server に接続してリアルタイムe-Sales Manager データを分析する方法を説明します。

CData Connect Server JDBC Driver をダウンロードする

  1. CData Connect Server JDBC Driver をダウンロードしてインストールします:https://www.cdata.com/jp/cloud/clients/download.aspx#jdbc
  2. JAR ファイル(cdata.jdbc.connect.jar)をインストールディレクトリ(例:C:\Program Files\CData\JDBC Driver for CData Connect\lib)からCognos Analytics のインストールディレクトリにある"drivers" フォルダにコピーします。

CData Connect Server への接続を設定する

  1. IBM Cognos を立ち上げ、管理 -> データ・サーバー接続に移動します。
  2. アイコンをクリックしてデータサーバーを追加します。
  3. CData Connect Server を選択します。
  4. JDBC URL を適切な接続文字列に設定します。次に例を示します。 jdbc:connect://AuthScheme=Basic;
  5. Driver class name を"cdata.jdbc.connect.ConnectDriver" に設定します。
  6. 認証方式を選択し、認証情報を作成して保存します。
    • Username をCData Connect Server のユーザー名(例:user@mydomain.com)に設定。
    • Password をConnect Server ユーザーのパスワードに設定。
  7. Test connection をクリックし、接続が成功したことを確認します。 Connecting to CData Connect Server from Cognos Analytics

これでCognos Analytics でe-Sales Manager データを分析し可視化する準備が整いました。Cognos Analytics の使用について、詳しくはIBM Cognos Analytics のドキュメントを参照してください。

Cognos Analytics のe-Sales Manager データへのリアルタイムアクセス

Cognos Analytics からリアルタイムe-Sales Manager データに直接クラウド間接続ができるようになりました。これで、e-Sales Manager を複製することなく新しい可視化やレポートなどを作成できます。

クラウドアプリケーションから直接100を超えるSaaS 、ビッグデータ、NoSQL データソースへのリアルタイムデータアクセスを実現するには、CData Connect Server の30日間無償トライアルをぜひお試しください。

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。