今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for e-Sales Manager Remix を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Aqua Data Studio からe-Sales Manager データに連携

e-Sales Manager データにAqua Data Studio のVisual Query Builder やTable Data Editor からデータ連携。

CData JDBC Driver for e-Sales Manager は、Aqua Data Studio のようなIDE のウィザード・アナリティクスにe-Sales Manager データを統合します。本記事では、e-Sales Manager データをコネクションマネージャーに接続してクエリを実行する手順を説明します。

JDBC Data Source の設定

コネクションマネージャーで、新しいJDBC データソースとして、接続プロパティ設定を行い、保存します。e-Sales Manager データがAqua Data Studio ツールから使えるようになります。

  1. Aqua Data Studio で、Server メニューから Register Server を選択します。
  2. Register Server フォームで、 'Generic - JDBC' コネクションを選びます。
  3. 次のJDBC 接続プロパティを設定します:
    • Name:任意の名前、データソースの名前など。
    • Driver Location:Browse ボタンをクリックして、インストールディレクトリのlib フォルダの cdata.jdbc.esalesmanager.jar ファイルを選択します。
    • Driver:クラス名に cdata.jdbc.esalesmanager.ESalesManagerDriver を入力。
    • URL:jdbc:esalesmanager: から始まるJDBC URL を入力します。接続プロパティをカンマ区切りで書きます。接続プロパティの詳細は、ヘルプドキュメントを参照してください。一般的な接続文字列は:

      jdbc:esalesmanager:User=MyUsername;Password=MyPassword;URL=MyInstanceURL;TenantId=MyTenantId;
  4. e セールスマネージャー Remix に接続するには、User、Passowrd、URL、TenantId パラメータが必要です。

    • User: API を実行するためのログインユーザーのユーザーID。
    • Password: API を実行するためのログインユーザーのユーザーパスワード
    • URL: e-Sales Manager Remix エンドポイントへのURL。例:https://XXX.softbrain.co.jp
    • TenantId: e-Sales Manager Remix テナント名のTenantd。例:cdata

e-Sales Manager データにクエリを実行

接続したテーブルにクエリを実行してみます。

 
 
ダウンロード