製品をチェック

無償トライアル:

無償トライアルへ

製品の情報と無償トライアルへ:

SharePoint Excel Services ODBC Driver

Excel Services ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなExcel Services データに接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインターフェースを使用して、データベースのようにSharePoint サーバーでホストされているExcel スプレッドシートデータにアクセスし、データ連携を実行できます。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Microsoft Access リンクテーブルからSharePoint Excel Services データを更新


CData SharePoint Excel Services ODBC Driver を使ってMicrosoft Access でリンクテーブルを作成してSharePoint Excel Services データを更新。


加藤龍彦
ウェブデベロッパー

excelservices ロゴ画像

ODBC Driver

odbc ロゴ画像
Access ロゴ画像


こんにちは!ウェブ担当の加藤です。Microsoft Access はMicrosoft の提供するデータベースソフトであり、Excel ライクな操作で手軽にデータベースを扱えます。CData ODBC Drivers と組み合わせることで、Access からSharePoint Excel Services を含む270を超えるSaaS / DB と連携することができます。本記事では、CData ODBC Driver for ExcelServices を使って、Microsoft Access でSharePoint Excel Services を取得および更新する方法をご紹介します。

SharePoint Excel Services との接続を作成

まずは、本記事右側のサイドバーからExcelServices ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。ODBC ドライバーのインストール完了時にODBC DSN 設定画面が立ち上がります。または、Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN を作成および設定できます。

Authentication セクションのURL、User、およびPassword プロパティを、SharePoint Online、SharePoint 2010、SharePoint 2013 の有効なクレデンシャルに設定します。さらに、Library プロパティを有効なSharePoint Document ライブラリに設定し、File プロパティを指示されたライブラリの有効な.xlsx ファイルに設定する必要があります。

一般的な接続文字列は次のとおりです:

URL=https://myorg.sharepoint.com;User=admin@myorg.onmicrosoft.com;Password=password;File=Book1.xlsx;

ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法の詳細は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

Account データのリンクテーブルを作成

次の手順を実行することで、Access からリンクテーブルを作成してリアルタイムでSharePoint Excel Services のAccount データにアクセスできます。

  1. Access の「外部データ」タブで「新しいデータソース」->「他のソースから」->「ODBC データベース」をクリックします。
  2. ODBC データベースの接続画面を表示
  3. データの保存方法オプションで、インポートかリンクテーブルかを選択します。リンクテーブルを利用することで、Account テーブルを読み込むだけではなく、リアルタイムでの書き込みも可能になります。
  4. ODBC 接続ウィザードでリンクテーブルを選択
  5. 「コンピュータデータソース」タブで、先ほど設定した「CData SharePoint Excel Services Source」を選択します。
  6. コンピュータデータソースタブで、設定したデータソースを選択
  7. Account テーブルを選択します。このテーブルについての詳細は、ヘルプドキュメントの「データモデル」を参照してください。
  8. 利用可能なテーブル一覧。

    リンクテーブルをダブルクリックで編集

    これでSharePoint Excel Services データへのリンクテーブルが作成できたので、自由にテーブル内のデータを読み込み・書き込みできます。リンクテーブルは常に最新のデータを持ち、すべての変更は元となるテーブルに反映されます。

    リアルタイムデータのリンクテーブル。

    おわりに

    このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをAccess からコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。