今すぐお試しください!

製品の詳細CData ADO.NET Provider for IBM Cloud Object Storage を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Blazor でIBM Cloud Object Storage データにリアルタイムで連携するアプリを構築

ASP.NET Core Blazor C# でIBM Cloud Object Storage にSQL でクエリ。



Blazor は、.NET を使って対話型のクライアント側Web UI を構築するためのフレームワークです。JavaScript の代わりにC# を使って、UI を作れるところが魅力です。また、既存の.NET ライブラリや.NET エコシステムを使うことができる利点があります。

CData ADO.NET Provider for IBM Cloud Object Storage は、LINQ やEntity Framework などの標準のADO.NET インターフェースを使ってIBM Cloud Object Storage を操作可能にします。Blazor が.NET Core 対応をしているため、Blazor からADO.NET Provider を使うことができます。この記事では、Blazor からIBM Cloud Object Storage に接続して直接SQL クエリを実行する方法を説明します。

CData ADO.NET Provider for IBM Cloud Object Storage のインストール

CData ADO.NET Provider は、通常であればRDB に接続するフレームワークである ADO.NET DataAdapter やLinqToSQL(もしくはDapper などのORM を挟んでもいいです)であり、IBM Cloud Object Storage のデータへもRDB と同感覚でアクセスが可能になります。

CData のWebsite からProvider をダウンロードして、マシンにインストールします。NuGet からインストールすることも可能です。IBM Cloud Object Storage ADO.NET Data Provider で検索してください。

Blazor でIBM Cloud Object Storage にデータ連携するアプリを構築

Blazor にADO.NET Provider for IBM Cloud Object Storage を接続

  • Visual Studio を立ち上げて、Blazor アプリのプロジェクトを作成します。
  • ソリューションエクスプローラーで「依存関係」から右クリックで「プロジェクト参照の追加」をクリック。
  • 参照マネージャーが開くので、「参照」ボタンをクリックして、先ほどインストールしたADO.NET Provider の.dll を選択します。「C:\Program Files\CData\CData ADO.NET Provider for IBMCloudObjectStorage 2019J\lib etstandard2.0」内のSystem.Data.CData.IBMCloudObjectStorage.dll」を参照に選びます。

Blazor でIBM Cloud Object Storage データをSELECT

サンプルプロジェクトの「Page」→「Index.razor」を開きます。

以下のコードを書きます。使っているクエリはおなじみの標準SQL です。IBM Cloud Object Storage 固有のAPI を書かなくてもRDB と同感覚でSQL が書けるところがADO.NET Prover for IBM Cloud Object Storage の強味です。

    
      @page "/"
      @using System.Data;
      @using System.Data.CData.IBMCloudObjectStorage;
      
      

Hello, world!

Welcome to your Data app.
@using (IBMCloudObjectStorageConnection connection = new IBMCloudObjectStorageConnection( "ApiKey=myApiKey;CloudObjectStorageCRN=MyInstanceCRN;Region=myRegion;OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=myOAuthClientSecret;")) { var sql = "SELECT Key, Etag FROM Objects WHERE Bucket = 'someBucket'"; var results = new DataTable(); IBMCloudObjectStorageDataAdapter dataAdapter = new IBMCloudObjectStorageDataAdapter(sql, connection); dataAdapter.Fill(results); @foreach (DataColumn item in results.Rows[0].Table.Columns) { } @foreach (DataRow row in results.Rows) { @foreach (var column in row.ItemArray) { } }
@item.ColumnName
@column.ToString()
}

Register a New Instance of Cloud Object Storage

If you do not already have Cloud Object Storage in your IBM Cloud account, follow the procedure below to install an instance of SQL Query in your account:

  1. Log in to your IBM Cloud account.
  2. Navigate to the page, choose a name for your instance and click Create. You will be redirected to the instance of Cloud Object Storage you just created.

Connecting using OAuth Authentication

There are certain connection properties you need to set before you can connect. You can obtain these as follows:

API Key

To connect with IBM Cloud Object Storage, you need an API Key. You can obtain this as follows:

  1. Log in to your IBM Cloud account.
  2. Navigate to the Platform API Keys page.
  3. On the middle-right corner click "Create an IBM Cloud API Key" to create a new API Key.
  4. In the pop-up window, specify the API Key name and click "Create". Note the API Key as you can never access it again from the dashboard.

Cloud Object Storage CRN

If you have multiple accounts, you will need to specify the CloudObjectStorageCRN explicitly. To find the appropriate value, you can:

  • Query the Services view. This will list your IBM Cloud Object Storage instances along with the CRN for each.
  • Locate the CRN directly in IBM Cloud. To do so, navigate to your IBM Cloud Dashboard. In the Resource List, Under Storage, select your Cloud Object Storage resource to get its CRN.

Connecting to Data

You can now set the following to connect to data:

  • InitiateOAuth: Set this to GETANDREFRESH. You can use InitiateOAuth to avoid repeating the OAuth exchange and manually setting the OAuthAccessToken.
  • ApiKey: Set this to your API key which was noted during setup.
  • CloudObjectStorageCRN (Optional): Set this to the cloud object storage CRN you want to work with. While the connector attempts to retrieve this automatically, specifying this explicitly is recommended if you have more than Cloud Object Storage account.

When you connect, the connector completes the OAuth process.

  1. Extracts the access token and authenticates requests.
  2. Saves OAuth values in OAuthSettingsLocation to be persisted across connections.

プロジェクトをリビルドして実行します。このようにIBM Cloud Object Storage からデータを直接取得し、HTML テーブル形式にレンダリングしています。

もちろんSaaS データソースへの接続の場合には、RDB 向けのドライバーと違い最終的にはHTTP リクエストが行われるので、サーバーサイド Blazor としてサーバーサイドから実行されるのか、クライアントサイド Blazor として、実行中のブラウザからHTTPリクエストが行われるのかの違いはあります。そのあたりはネットワークやプロキシの設定として注意が必要でしょう。設定はコード内の接続プロパティで可能です。

まとめ

このようにBlazor アプリから簡単にADO.NET Provider を使ってIBM Cloud Object Storage にリアルタイムでデータ取得を行うアプリを作ることができました。Blazor が.NET Core、フレームワークのツール群を使えるというメリットを活かすことができます。今回はSELECT * でしたが、フィルタリングやJOIN も可能です。是非、30 日の無償トライアル でシンプルかつパワフルなADO.NET Provider でのBlazor 連携をお試しください。
 
 
ダウンロード