製品をチェック

IBM Cloud Object Storage Data Provider の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

IBM Cloud Object Storage アイコン IBM Cloud Object Storage ADO.NET Provider 相談したい

IBM Cloud Object Storage データに連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。

生産スケジューラFLEXSCHE へIBM Cloud Object Storage からデータを取り込む

生産スケジューラFLEXSCHE へIBM Cloud Object Storage からデータを取り込む方法

浦邊信太郎
プロダクトスペシャリスト

最終更新日:2022-03-24
ibmcloudobjectstorage ロゴ

CData

ado ロゴ画像
FLEXSCHE ロゴ

こんにちは!プロダクトスペシャリストの浦邉です。

FLEXSCHE はあらゆる生産ルールに対応可能な柔軟性と拡張性を備えた生産スケジューラで、さまざまな業界・業種へ導入実績があります。

この記事では、FLEXSCHE と CData ADO.NET Provider を使って、FLEXSCHE へIBM Cloud Object Storage からデータを取り込む方法を紹介します。

CData ADO.NET Provider

まずCData ADO.NET Provider を対象の環境にセットアップします。

  1. 30日の無償評価版のページからダウンロードし、FLEXSCHE と同じマシンでセットアップします。

データソース接続の設定

それでは、ここからFLEXSCHE 上でデータを取り込むための設定を行います。

  1. 「ファイル」メニューから「外部データソース」の「EDIF構成ツールを起動」を選択し、「EDIF構成ツール」を開きます。
  2. メニューの「マッピング」から「テーブルマッピングを追加」を選択し、「テーブルのマッピング設定」ダイアログを開きます。 対象とするFLEXSCHE テーブルを選択します。
  3. ここでマッピングの外部テーブルとしてIBM Cloud Object Storage のデータを参照する設定を行います。「外部テーブル」で「<<新規>>」を選択すると「データソース設定」ダイアログが開きます。
  4. 「種類」を「.NET Frameworkデータ接続(ADO.NET)」にします。「プロバイダー」をインストールしたADO.NETドライバーにします。
  5. 続いて接続の詳細設定を行います。「接続文字列」の横にあるボタンを押下すると「接続文字列」ダイアログが開きます。 この画面で認証やプロキシ、ログ出力などの設定を行います。

    Cloud Object Storage 接続プロパティの取得・設定方法

    Cloud Object Storage に接続する前に、Cloud Object Storage インスタンスを登録してCloud Object Storage API キーとCRN を取得していきます。

    Cloud Object Storage の新規インスタンスの登録

    IBM Cloud アカウントにCloud Object Storage がまだない場合は、以下の手順に従ってアカウントにSQL Query のインスタンスをインストールできます。

    1. IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. Cloud Object Storage ページに移動して、インスタンス名を指定して「作成」をクリックします。Cloud Object Storage の新規インスタンスにリダイレクトされます。

    API キー

    API キーは以下の手順で取得できます。

    1. まずは、IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. API キーページに移動します。
    3. 中央右隅のIBM Cloud APIキーの作成 をクリックして、新しいAPI キーを作成します。
    4. ポップアップウィンドウが表示されたら、API キーの名前を指定して作成をクリックします。ダッシュボードからはアクセスできなくなるため、API Key を控えておきましょう。

    Cloud Object Storage CRN

    デフォルトでは、CData 製品はCloud Object Storage CRN を自動で取得します。ただし、複数のアカウントがある場合は、CloudObjectStorageCRN を明示的に指定する必要があります。この値は、次の2つの方法で取得できます。

    • Services ビューをクエリする。これにより、IBM Cloud Object Storage インスタンスとそれぞれのCRN がリストされます。
    • IBM Cloud で直接CRN を見つける。これを行うには、IBM Cloud のダッシュボードに移動します。リソースリストで、ストレージからCloud Object Storage リソースを選択してCRN を取得します。

    IBM Cloud Object Storage への接続

    これで準備は完了です。以下の接続プロパティを設定してください。

    • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 認証を繰り返す必要がなく、さらに自動でアクセストークンを設定できます。
    • ApiKey:セットアップ中に控えたAPI キーを指定。
    • CloudObjectStorageCRN(オプション):控えておいたCloud Object Storage のCRN に設定。Cloud Object Storage アカウントが複数ある場合のみ設定する必要があります。

    プロパティを設定したら、これで接続設定は完了です。

  6. 「接続文字列」画面でプロパティを編集したら「テスト接続」を押下して接続を確認してください。 「接続に成功しました。」というメッセージが表示されれば接続設定は完了です。

データソースの対象テーブルの選択

次に接続先のテーブルを選択します。

  1. 「データソース設定」ダイアログの「テーブル名」の右のボタンを押下し「テーブルの検索」画面を開いてください。 検索対象が「Tables」になっていることを確認し「検索」ボタンを押下します。
    IBM Cloud Object Storage のテーブル一覧が表示されるので、対象のテーブルを選択します。
  2. 「データソース設定」ダイアログの「OK」を押下すると、外部テーブルへの接続情報が「テーブルのマッピング設定」画面の「外部テーブル」に反映されます。
  3. 「OK」を押下し「テーブルのマッピング設定」画面を閉じます。

フィールドマッピングの設定

続いてフィールドマッピングを行います。

  1. マッピングするテーブル情報の設定が完了すると、「EDIF構成ツール」ダイアログにフィールドマッピングを設定するタブが表示されます。
    FLEXSCHE のテーブルとIBM Cloud Object Storage のテーブルのカラムをそれぞれ対応付けます。
  2. 設定が完了しましたらマッピングを保存し、「EDIF構成ツール」を閉じてください。

データのインポートと確認

それでは実際にFLEXSCHE にデータが取り込めるか確認してみましょう。

  1. 「ファイル」メニューの「外部データソース」にある「EDIFインポート」をクリックするとデータのインポートが実行されます。 FLEXSCHE のデータを確認し、IBM Cloud Object Storage にあるデータが表示されれば成功です。

このようにCData ODBC Driver for IBMCloudObjectStorage とFLEXSCHE を組み合わせることで、簡単にIBM Cloud Object Storage データを活用した連携を実現できます。ぜひ、30日の無償評価版をお試しください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。